赤ちゃんのプールデビュー!いつから?水遊び用おむつを履けば大丈夫?

暑い日本の夏。赤ちゃんもおすわりができるようになったらプール遊びをさせてあげたくなりますよね。特に上の子がいる家庭では、自宅でも公共施設でもプールで遊ぶ機会が増えるでしょう。しかし赤ちゃんのプールデビューには不安な点もたくさん!そもそも赤ちゃんはいつからプールに入れるのでしょうか?安全面や衛生面、おむつはどうすればよいのかも心配ですよね。今回は、赤ちゃんの初めてのプールに備えて、気になるアレコレをまとめました。

赤ちゃんはいつからプールに入って大丈夫?

赤ちゃん プール

暑い季節になると、赤ちゃんも上のお兄ちゃん・お姉ちゃんと一緒にプールに入れてあげたいですよね。赤ちゃんはいつからプールに入れるのでしょうか?

一口にプールといっても、自宅で使用するビニールプールと公共のプールではまったく話が違います。2つに分けて説明していきます。

ビニールプールの場合

自宅でビニールプールを使用するときは、赤ちゃんの心配だけ済むのでまだ気もラクですね。

ビニールプールのデビュー時期は、目安として、首がすわり自分でお座りができるようになる生後7~9ヶ月頃。

小さな赤ちゃんの場合、水深10cmもあるビニールプールであれば、溺れてしまう危険性もあります。お座りができるようになる頃までは待った方が安心でしょう。

成長には個人差があるので、早い赤ちゃんだと生後5ヶ月くらいで座れるようになりますが、体力が徐々についてくる生後7ヶ月くらいまで待ちましょう。プール遊びは、大人が思っている以上に体力的に負担がかかるものです。

また、長時間のプールの利用は控えるようにしてください。赤ちゃんが自分でお座りができるからといって、プールで遊んでいるときは、目を離さずしっかり大人がついているようにしてくださいね。

公共プール施設の場合

公共プール施設の場合は自宅でのビニールプールと異なり、赤ちゃんの体力面、健康面、衛生面のほかにも、プールに遊びに来ている他のお客さんにも気を遣わなければいけません。

そもそも、プール施設によって「3歳未満は入場できない」「おむつの取れていない幼児は利用不可」といった入場制限を設けている場合があるため、事前にホームページや電話で確認してください。

0歳から入れるプールの場合、水遊び用おむつを着用したうえで、脚だけプールに入れて遊んだりと短時間であれば月齢の小さな赤ちゃんでも構いません。ただ、しっかりプールに入って遊ぶ場合は、おむつが外れて子供の意志でトイレができるようになってからにしましょう。

また、公共のプール施設は不特定多数の人が利用しており、細菌が多いので、赤ちゃんに体力がつくまでは控えた方が安心です。病み上がりなど体調が万全でない日の利用は避けてください。

赤ちゃんのプール遊びは感染症にも注意しよう

プール 浮き輪

「プール熱」と呼ばれる感染症を聞いたことがある人もいるかもしれません。咽頭結膜熱(いんとうけつまくねつ)といい、アデノウイルスという菌が原因の5歳以下の乳幼児がかかりやすい病気です。

実際には、せきやくしゃみ、タオル、うんちのついたおむつを処理した大人の手指などが感染経路として多いですが、以前はプールで感染するといわれていました。

アデノウイルスは人の体液や便を通して感染します。プール施設でも、衛生面には気を遣っていますが、赤ちゃんは大人に比べて免疫力が低いため感染しやすいので注意が必要です。

赤ちゃんをプールで遊ばせるときの注意点

赤ちゃん プール

感染症以外にも赤ちゃんをプールに入れるときの注意点があります。赤ちゃんの安全を確保するためにも、次に挙げるような点に注意しましょう。

1.水深

前述したとおり、赤ちゃんは10cmもの水深があれば溺れる危険があります。子供や大人のように胸まで浸かるような水深では危険です。

目安として、赤ちゃんの腰よりも下、太ももぐらいの深さまでにしておいた方が安心でしょう。

2.水温

水温は冷たすぎると赤ちゃんの体力を奪ってしまうため注意してください。25度ぐらいのぬるめのプールで遊ばせてあげましょう。

3.ミルクや食後1時間は置く

赤ちゃんの胃は大人に比べて筋肉が発達しておらず、食後に強い刺激がかかるとすぐに戻してしまいます。プールで吐いてしまった場合、赤ちゃんに負担がかかることはもちろん、公共プール施設であれば大きな迷惑がかかることに。

自宅でのビニールプール、公共プール施設を問わず、1時間前にはミルクや食事を済ませておきましょう。

4.水遊び用おむつ、パンツを履かせる

おむつはずれが済んでいない赤ちゃんのプールには、水遊び用おむつ、または水遊び用パンツが必須です(水遊び用おむつを着用しても入場不可な公共プール施設があります)。

水遊び用おむつは、プールの中でも膨らまずにうんちやおしっこを吸収してくれます。普通の紙おむつと同様に使い捨て。長時間プールで遊ぶときに向いています。ただし、うんちやおしっこの漏れを完全に防いでくれるわけではありません。

また、水遊び用パンツは、水着と同じような素材でできており何度も洗って使えます。ただし、プールの中でおしっこやゆるいうんちは流れてしまうため、短時間の使用や自宅でのビニールプールに向いています。

5.日焼け対策

屋外のプールに入る場合、夏の有害な紫外線も赤ちゃんにとって脅威となることを知っておきましょう。

大人よりも皮膚が薄い赤ちゃんにとって日焼けはやけどと同じようなもの。小さな頃から紫外線をたくさん浴び続けると、将来の皮膚がんに繋がる可能性も示唆されています。

赤ちゃん用の日焼け止めを塗ったり、ラッシュガードを着せてあげたり、自宅では直射日光を避けてプールを楽しむようにしましょう。

赤ちゃんのプールは注意しながら積極的に楽しもう

赤ちゃん プール

赤ちゃんのプール遊びは、確かに気を付けなければいけないことが多いですが、決して避ける必要ありません。赤ちゃんの興味・関心を育て、五感を養うためにも、プールでたくさん遊ぶことも必要です。

プールにいる間は、赤ちゃんから常に目が離さず注意を払ったうえで、親子共に楽しい夏の思い出をつくりましょう。

ママ&プレママに
おすすめの特集

シェリールをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter