産後にアトピーが悪化!反対にアトピーが改善する原因は?

産後は身体が妊娠前の状態に順調に回復していくかと思いきや…、実はアトピーに悩まされるママが多いのです。これから育児を頑張ろうと思った矢先、湿疹やかゆみ、乾燥などの症状が。出産前との明らかな体質の変化を感じる人がいるようです。そこで今回は、産後にアトピーが発症・悪化する原因、反対にアトピーが改善するケースについてまとめました。

産後にアトピーが発症・悪化する原因は?

女性 体 肌

産後に、皮膚の湿疹、かゆみ、乾燥に悩まされるケースがあります。その症状、もしかするとアトピー性皮膚炎になっているかもしれません。

出産前まではアトピーではなかった女性も、産後にいきなり体質が変わったと感じる人が少なくありません。

これは、産後にアトピーがいきなり発症したというよりは、もともと特定のアレルギー反応を持っていながらも、それまでは無症状だった潜在性アレルギー疾患が、妊娠・出産を機に何かしらの原因で症状がはっきりと現われるようになったと考えるのが自然です。

具体的には、産後の次のような原因がきっかけとなっているケースが多いです。また、原因はひとつとは限りません。いくつかの原因が重なっていることがほとんどでしょう。

思い当たることがあれば、生活環境の改善のためにもひとつずつ見直してみてください。

ホルモンバランスの変化

妊娠と出産は、女性の体内のホルモンバランスに大きな変化を与えます。妊娠中は、妊娠を維持させ、出産を準備するために「エストロゲン」と「プロゲステロン」という女性ホルモンの分泌量が増えます。

しかし、出産するとこれらの女性ホルモンが激減。さらに授乳中は乳汁分泌ホルモンである「プロラクチン」が分泌され、ホルモンバランスが崩れます。

このように、産後の激しいホルモンバランスの乱れは、抜け毛や生理不順など、ママの身体に様々な変化を起こしますが、アトピーや肌荒れ症状もそのひとつです。

乾燥肌

産後にアトピーの症状に悩まされるママは、妊娠前から乾燥肌であった人が多いです。産後のホルモンバランスの乱れによって、乾燥肌が悪化し、アトピーに繋がってしまうことも。

肌が乾燥していると、バリア機能が低下し、肌荒れやアトピーを誘発しやすくなります。産後はスキンケアにかけられる時間が減ってしまいますが、時短コスメなども活用してしっかり保湿することが大切です。

授乳による栄養不足

授乳中は母乳を作るために、ママの身体は優先的に栄養を母乳に回すようにできています。ママ自身への栄養が後回しになってしまうため、産後に十分な栄養が取れていないとアトピーにも影響が。

産後は、赤ちゃんのためにも、またママ自身の健康のためにも、バランスのよい食事をしっかり摂ることが必要です。

ストレス

赤ちゃんが生まれたことはとても喜ばしいことではありますが、それまでとの生活が一変し、ストレスを感じてしまうママがいます。慢性的な寝不足もストレスや免疫力低下の原因に。

精神的なストレスが溜まると、「抗ストレスホルモン」と呼ばれる「コルチゾール」が増加し、アトピーや肌荒れなどストレス性の症状が発症する可能性が高まります。

家族や周囲に協力してもらいながら、できるだけ子育ての負担を減らせるよう生活を改善しましょう。

産後にアトピーが改善する場合も?

!?

産後のアトピーに苦しむママがいる一方で、妊娠前まではアトピーに悩まされていた女性が、出産を機に症状が改善したというケースがあります。

これもやはり、ホルモンバランスの変化による影響が考えられます。ホルモンバランスによる影響は個人差があるため、一概にはいえませんが、必ずしも悪い影響だけとは限りません。

産後のアトピーを改善する方法、治療法は?

治療 医師 薬

当記事の最初で触れたように、アトピーはもともと潜在的に持っていたアレルゲンが原因となっている可能性が高く、産後しばらく経過したからといって、アトピーが完治するとは限りません。

症状がひどくつらい場合は、皮膚科を受診しましょう。病院では、症状に応じて、ステロイド薬や抗アレルギー薬を使用することがありますが、医師の指示に従い、適切な薬を使う必要があります。

また、日頃の食生活にも気を遣いましょう。妊娠前は添加物中心の食事が当たり前でも、妊娠中や産後はできるだけ塩分は控えめにし、和食中心のバランスが取れた食生活を送ってください。母乳育児中であれば、赤ちゃんのためにも栄養には気を遣いたいですね。

アトピー肌の乾燥には、毎日の保湿スキンケアはもちろんのこと、内側の水分補給もこまめにおこなってください。体内が乾燥していると、乾燥肌にも繋がってしまいます。

産後はアトピー、アレルギーに悩まされがち

赤ちゃん ママ 産後

産前・産後はホルモンバランスの乱れにより、アトピーだけでなく、食物アレルギーや花粉症など、それまでは無縁だったトラブルにも悩まされがちです。

しかし、これは仕方のないことであり、症状の度合いも人それぞれです。自分を責める必要はありません。また、産後のアトピーで悩んでいるのは決してあなただけではありませんよ。

まずは、保湿スキンケアを入念におこなったり、日常の食生活を整えたりと、基本的な生活スタイルを見直すことから始めましょう。

また、あまり我慢せずに、アトピーであれば皮膚科を、そのほかのアレルギー症状であればアレルギー専門の内科や耳鼻科に相談するようにしてくださいね。

シェリールママをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter