赤ちゃんの日焼け止めはいつから必要?新生児の紫外線対策法は?

1ヶ月検診が終わったら、そろそろ赤ちゃんと一緒にお出かけしたいですよね。そこで気になるのが紫外線対策。赤ちゃんに日焼け止めいつから必要で、またいつから使ってよいのでしょうか?デリケートな新生児の肌に使っても大丈夫なのでしょうか?そこで今回は、赤ちゃんの日焼け止めの使用時期を中心に、肌に負担のかからない使い方や、日焼け止め以外にできる紫外線対策法についてもまとめました!

赤ちゃんの日焼け止めはいつから使う?

眠っている新生児の赤ちゃん

新生児から日焼け止めは必要

大人以上に紫外線に敏感な赤ちゃんの肌。生まれたばかりの新生児の肌であればなおさらです。

生まれて間もない新生児の赤ちゃんであっても、紫外線が強い春~秋にかけて、特に10~15時の時間帯に10分以上外出するのであれば、日焼け止めを使って肌をガードしてあげる必要があります。

「いつから」という明確な決まりはありませんが、月齢が低ければ低いほど、皮膚はデリケートでバリア機能は不充分なので、早いうちから日焼けをしないよう注意してあげなければいけません。

日焼け止めは新生児から使えるものがおすすめ

ただ、ベビー用の日焼け止めであっても、「生後6ヶ月以降対象」といったように、対象月齢に制限を設けている商品があります。これは、日焼け止め自体の成分が敏感な肌に合わず、肌荒れを引き起こしてしまう可能性があるからです。

肌荒れを予防する意味でも、可能であれば生後2ヶ月ぐらいまでは長時間の外出は控えるのが理想的といえますが、「新生児から使用可能」としている日焼け止めを使いましょう。

また、月齢を問わず赤ちゃんに日焼け止めを使用する前に、あらかじめパッチテストをおこなってから使うと安心ですよ。

そもそも赤ちゃんに日焼け止めが必要な理由とは?

紫外線 日焼け 太陽

「そもそも赤ちゃんにも日焼け止めは必要なのか?」

結論からいうと、赤ちゃんにも日焼け止めは必要です。

大人にとってはただの日焼けでも、赤ちゃんにとってはやけどの一種。長時間日光を浴びていると、赤く炎症が起きたり、水膨れになってしまう可能性もあります。また、赤ちゃんへの紫外線の影響は即時に出る症状ばかりではありません。

日本小児皮膚科学会のホームページによると、赤ちゃんのうちから紫外線をたくさん浴びすぎると、「しわやしみなどの皮膚老化を早める」「将来、皮膚ガンを起こしやすくなる」「目の病気(白内障、翼状片、網膜のメラノーマというガンなど)を起こしやすくなる」ことがわかっています(※1)。

赤ちゃんに負担をかけない日焼け止めの選び方

プールサイドに置かれた日焼け止め

1.新生児から使用可能

赤ちゃんの日焼け止めは、「ベビー専用」の商品を選びましょう。各メーカーのホームページやパッケージで対象月齢を確認し、できるだけ新生児から使用可能な日焼け止めを選ぶと安心です。

2.紫外線吸収剤不使用

具体的な日焼け止めの成分としては、「紫外線吸収剤」が含まれていない商品を選ぶようにしてください。「ノンケミカル処方」などと表現されている場合もあります。

紫外線吸収剤は紫外線を一度吸収して化学反応でエネルギーに変換する仕組み。赤ちゃんの皮膚に負担がかかりやすく、アレルギー反応を起こす人もいます。

赤ちゃんの日焼け止めは紫外線散乱剤を配合した商品を選びましょう。微粒子の「酸化チタン」や「酸化亜鉛」が紫外線を跳ね返してくれます。

3.SPF、PAは弱めで大丈夫

日焼け止めのパッケージに「SPF」や「PA」と書かれているのを見ることも多いでしょう。これらは、それぞれ日焼け止めの効果の時間と度合いを示すもの。

赤ちゃんとの日常的なお出かけやお散歩であれば、SPFは15~20、PAは+~++を目安にして選びましょう。海や夏のレジャーへ行く場合は、SPF20~40、PA++~+++ぐらいの効果があってもよいかもしれません。

また、次の関連記事では、赤ちゃんの日焼け止めの選び方を詳しくご紹介しています。ぜひご参考ください。

赤ちゃんの肌に負担をかけない日焼け止めの使い方

顔に日焼け止めを塗られた赤ちゃん

1.事前にパッチテストをする

赤ちゃんに日焼け止めを使う前に、腕の裏側など、皮膚のやわらかい部分でパッチテストをおこないましょう。問題ないようであれば、顔や全身に塗ります。

また、ゴシゴシ摩擦しないように、やさしくクルクルとお肌の上で日焼け止めを馴染ませてください。

2.2~3時間おきにこまめに塗る

赤ちゃんの日焼け止めは大人用と比べてSPFやPAが高くない分、より効果的に使うためにはこまめな塗り直しが必要です。

特に赤ちゃんは汗っかきなので、自然に日焼け止めは落ちてきてしまいます。外出が長引く際は、一度に大量の日焼け止めを塗るのではなく、2~3時間に一度は汗を拭き取って日焼け止めを塗り直してあげましょう。

3.帰宅後はできるだけ早めに洗い流す

日焼け止めを塗った日は、できるだけ早く、必ずその日のうちに洗い流してください。専用クレンジングは不要の日焼け止めの方が肌に負担はかかりませんが、商品によって落とし方が異なるため確認してください。

また、すすぎ残しは肌荒れのもとなので、しっかりとおこないます。日焼け後の肌は乾燥しやすいので、お風呂上がりの保湿ケアも入念におこないましょう。

日焼け止め以外にできる赤ちゃんの紫外線対策法

砂浜で遊ぶ帽子をかぶった赤ちゃん

日焼け止めを直接塗る以外にも、新生児のうちからできる紫外線対策法があります。月齢が浅いうちはできるだけ肌に負担をかけたくない、というママも、工夫をしてしっかり紫外線をカットしてあげましょう。

まずは、赤ちゃんとの外出は10~15時の日差しの強い時間帯をできるだけ避けるようにすると有効です。また、ベビーカーにはサンシェードやUVカット用の日よけを設置します。

抱っこ紐で外出する場合は、日傘を差すなどの工夫をしてください。

日よけの色は黒と白であれば、黒の方が紫外線ガード力は高いです。白は紫外線を乱反射させるために、赤ちゃんまで紫外線が届いてしまうかもしれません。

新生児から日焼け止めを活用して赤ちゃんの肌を守ろう!

赤ちゃんとスキンシップを楽しむママ

赤ちゃんの肌は大人が思っているよりも、ずっとデリケートです。「まだ日焼け止めは塗らなくてよいだろう」「少しぐらいの外出なら…」と油断していると、ヤケドしたように真っ赤に日焼けしてしまう可能性があります。

新生児のうちから、ベビー用の日焼け止めや日よけを活用して紫外線対策をしてあげることは、子供の将来の健康を守るためにも大切だといえますよ。

※1 参考文献:日本小児皮膚科学会 お役立ちQ&A こどもの紫外線対策について

関連キーワード

ママ&プレママに
おすすめの特集

シェリールママをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter LINE@