妊婦の体重管理の方法!妊娠中の体重増加はいつから?理想のペースは?

妊婦さんは赤ちゃんを育てるために、脂肪が付きやすく太ってしまうことは仕方のないことですが、過度な体重増加は、母体にも胎児にも悪影響。また最近では、痩せすぎな妊婦さんが増えていることも問題になっています。妊娠中の体重管理はとても大切ですが、まずは自分がどれだけ体重増加をしてもよいのか、把握しておくことが必要です。無理なく体重管理をおこなうコツについてもご紹介します。

妊婦の体重増加の理想値は?まずはBMIをチェック!

体重 管理 増加

妊娠中に増える体重の内訳は、赤ちゃんの体重が約3~4kg、胎盤が約500g、羊水の重さが約500g。加えて、母体の子宮、乳房、血液、水分、脂肪の増加で約3~8kg、合計で妊娠中に体重が約7~12kgが増加します。

この数字はあくまで平均値なので、妊婦さんのもともとの体型によって体重増加は異なります。

まずは、自分のBMI(ボディ・マス・インデックス:肥満指数の判定式)を調べ、妊娠中の増加体重の目安を確認してみましょう。

BMIの調べ方

妊娠前の体重(kg)÷[身長(m)×身長(m)]
(例:身長160cm、体重48kgの場合⇒48÷(1.6×1.6)=18.75)

  • 低体重(やせ):BMI18.5未満
  • 普通:BMI18.5~25.0未満
  • 肥満:BMI25.0以上

妊娠中の推奨体重増加量

厚生労働省による「妊娠期の至適体重増加チャートについて」では、妊娠中の推奨体重増加量を下図のようにしています。

BMI推奨体重増加量
低体重(やせ)9~12kg
普通7~12kg
肥満医師に要個別相談

妊婦の体重増加はいつから?

胎児のエコー写真を見る妊婦さん

実際に赤ちゃんの体重は、下図のようなペースで増えていきます。

妊娠月数赤ちゃんの体重
2ヶ月約2グラム
3ヶ月約20グラム
4ヶ月約100グラム
5ヶ月約200グラム
6ヶ月約350グラム
7ヶ月 約1000グラム
8ヶ月約1800グラム
9ヶ月約2300グラム
10ヶ月約3000グラム

体重増加として現れてくるのは、個人差があるものの、妊娠16週(5ヶ月目)以降。この頃から、脂肪がついてきて体つきがふっくらとしてきます。

妊娠初期の15週(4ヶ月)までは体重が増加する必要はありませんので、体重管理をおこない、太り過ぎないよう注意してください。

一般的に、体重が増えやすいといわれているのが、つわりが治まり食欲が高まるとき、産休に入った後、また臨月は急激に太りやすいといわれています。

1週間の体重増加ペースは200~300グラムまでを目安に考えましょう(BMI値が肥満の人は別途医師に相談してください)。週に500グラム以上増えると、妊娠高血圧症候群などのリスクが高まります。

妊婦に体重管理が必要な理由とは?

妊婦 お腹 妊娠 体重 増加

妊娠中は赤ちゃんに栄養を与えるため、分娩に必要なエネルギーを蓄えるため、そして授乳の準備のために、脂肪が蓄積しやすい体質になります。

さらに、つわりが落ち着くと食欲が旺盛になり、丸みを帯びた体型になっていくのは自然なこと。

しかし、何も考えずに食べ続けたり、偏食をしていると、体重が右肩上がりに…。最終的に、上記でご紹介した推奨増加体重を超えてしまう可能性もあります。

一方で、最近では、BMI値が低体重(やせ)や普通の妊婦さんでも妊娠中の体重増加が7kg未満、過度なダイエットなどから、痩せ過ぎなママが増えていることも問題になっています。

妊娠中は、体重が増えすぎても、痩せ過ぎても、双方にリスクが高まります。お腹の赤ちゃんの健康と安全な出産のためにも、きちんと体重管理をおこなうことが大切です。

1.妊娠中に体重が増えすぎると起こり得るリスク

1-1 妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)

妊娠高血圧症候群は、高血圧や蛋白尿、むくみなどの症状がでる疾患です。悪化すると赤ちゃんの健康にも影響を与えます。

また、重症化すると胎児発育遅延や常位胎盤早期剥離、子癇などの合併症を併発する可能性があります。

1-2 妊娠糖尿病

妊娠中の血糖値が上がってしまう病気。4000グラム以上の巨大児になってしまう可能性や、早産、上記の妊娠高血圧症候群が起こりやすくなります。

1-3 難産

産道に脂肪がついてしまい、赤ちゃんが通りづらく難産になるリスクが高まります。帝王切開になる可能性も。

1-4 腰痛

体重が増えすぎるに伴いお腹も大きくなるので、足腰に負担がかかるので、腰痛や膝痛を抱えがちに。

1-5 妊娠線ができやすい

お腹が大きくなるほか、おしり、太もも、二の腕なども大きく太ることで、妊娠線ができやすくなります。

1-6 産後ダイエットが成功しにくい

妊娠中に太ることは仕方のないことですが、必要以上に体重や脂肪が増えると、産後に体型を戻すのが大変に。ダイエットに時間がかかったり、そのまま元の体型には戻れない可能性も。

2.妊娠中に体重が痩せ過ぎていることで起こり得るリスク

2-1 低体重児

妊娠中に痩せすぎていると、お腹の赤ちゃんに十分な栄養が届かず、2500グラム未満の低体重児になる可能性が高まります。

2-2 流産、早産

十分な栄養が足りないと、流産や早産のリスクが高まります。

2-3 赤ちゃんが生活習慣病になるリスク

妊娠中に十分な栄養が送られないと、赤ちゃんが成人した後、糖尿病や高血圧などの生活習慣病にかかる確率が高くなります。

2-4 産後に体力が戻りづらい

妊娠中に痩せすぎていると、お産を乗り切る十分な体力が足りないほか、産後も体力が戻りづらく、赤ちゃんのお世話や母乳に影響が出る可能性があります。

妊婦の体重管理の方法は?

栄養バランスの整った食事を料理する妊婦さん

毎日決まった時間に体重を計る

体重は1日の中でも変動するので、毎日決まった時間、決まった条件で計測するようにしましょう。

朝起きてトイレに行った後など、朝食前に体重計に乗るとよいかもしれません。朝いちばんに体重を把握することで、その日から食事や活動内容を調整しやすくなります。

毎日体重を測っているだけでも、自然と体重管理の意識を持てるようになりますよ。

朝・昼・晩バランスのよい食事を摂る

昔は「妊娠中は赤ちゃんの分も2人分の食事を食べる」といわれていましたが、現代の食事の栄養を考慮すれば、無理に食事量を増やす必要はありません。

妊婦さんにとって大切なのは量よりも栄養バランスです。朝、昼、晩、バランスのよい食事を摂るように気を付けましょう。

一品で完結するような食事内容よりも、いろいろな食材を少しずつ食べるとよいですね。妊娠中はむくみやすいので、塩分は控えめの食事を心掛けてください。

また、妊娠中は便秘になりやすいので、食物繊維の豊富な食事を意識しましょう。便秘がつらいときは、産婦人科で薬を処方してもらえますので、かかりつけの医師に相談してみてください。

適度な運動

妊娠中の適度な運動は、体重の太り過ぎを防ぐだけでなく、ストレス解消や腰痛予防など様々なメリットがあります。

医師から安静にするよう指示がなければ、軽いウォーキング、マタニティヨガ、マタニティスイミングなど無理のない範囲で体を動かしましょう。

掃除や洗濯など、できるだけ家事をおこなうだけでも効果的ですよ。

体重管理アプリを使う

妊娠中は何をするにも面倒になってしまうことが。そんなときに便利なのが妊婦さん向けの体重管理アプリ。無料のアプリほとんどなので、気軽にインストールできます。

体重管理だけでなく、出産までのカウントダウン、妊娠・出産に関するお役立ちコンテンツなど情報が得られます。

妊婦の体重管理における注意点

妊婦健診で医師から体重指導を受けている妊婦さん

いくら体重が増えすぎているからといって、過度な食事制限をしたり、激しい運動をしたり、無理なダイエットをしたりすることはやめましょう。また、いくら体重が痩せすぎているからといって、いきなり食べる量を増やしたり、脂っこい食べ物を食べることも体によくありません。

体重の増減は、妊婦健診で医師や助産師から定期的に指導を受けるため、それをもとにコントロールをしていきましょう。

体重管理をうまくおこなうコツは、神経質になり過ぎないこと。妊婦さんの体は、妊娠前と同じようにはいきません。

食べ過ぎた日があっても、2・3日で調整するくらいのおおらかな気持ちを持つことが大切です。心配なときは、医師に相談してみてくださいね。

※1 参考文献:「妊娠期の至適体重増加チャート」について

関連キーワード

ママ&プレママに
おすすめの特集

シェリールをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter