赤ちゃんとのお出かけ・外出に持っていきたい持ち物リスト!

新生児も1ヶ月健診が終わったらお出かけや散歩が楽しくなる時期。ただし、新米ママにとって慣れない赤ちゃんとの外出は心配なこともたくさん。「アレ持ってくればよかった」と慌てずに済むように、赤ちゃんとのお出かけに「これだけは持っていきたい!」というマストな持ち物をまとめました。準備を万全にして赤ちゃんとのお出かけを楽しみましょう。

1.赤ちゃんとのお出かけに必要な持ち物リスト【基本編】

マザーズバッグ ママバッグ 持ち物 グッズ

赤ちゃんとのお出かけに持っていく持ち物は、できるだけ最小限に、だけど万全にしたいもの。そこで先輩ママたちは、ご近所への外出の場合と、遠出の場合、それぞれに応じて必要な持ち物を賢く選んでいます。

まずは、ママたちが必ず持って行く基本の持ち物をリストアップしました。お散歩やスーパーへの買い物、児童館など、近場へのお出かけであれば、これだけで十分といえます。

  • おむつ替えセット
  • ミルクセット
  • 除菌ジェル
  • タオル、ティッシュ
  • はおりもの、帽子
  • ぐずり対策用のおもちゃ

おむつ替えセット

どこに行くにも必要なおむつ替えセット。替えの紙おむつは近場であれば2~3枚でOK。

あとは、おしりふきと、使い捨ておむつ替えシート(またはペットシーツ)、使用済のおむつを入れるためのビニール袋は必須の持ち物です。

外出先で必ずしもおむつを捨てて帰れる訳ではないため、ビニール袋がないと悲惨なことに…。

おむつ替えシートは持ち歩くとかさばるので、使い捨てが便利。お店によってはおむつ交換台に紙製のシートが備え付けてあることがあるので、あることを知っている場所へ行く場合は持っていかなくても大丈夫です。

ミルクセット

完全母乳育児をおこなっているママの場合は別ですが、哺乳瓶、粉ミルク、水筒は必須の持ち物。

基本的に、近場のお出かけであれば哺乳瓶は1本で十分。ただし、赤ちゃんの月齢が浅いうちは、消毒の手間を省くために、お出かけ中の授乳回数に応じて哺乳瓶を2~3本を持っていきます。

なお、完全母乳のママの場合は、授乳ケープやおくるみを持参します。授乳室がある公共施設であれば問題ありませんが、不安な場合は持ち物に入れておいた方が安心です。

除菌ジェル

お出かけ先には菌がたくさん!赤ちゃんのママの手も、いつでもサッと除菌できるように、除菌ジェルは外出のマストアイテムです。

ベビーカーやバッグに下げて持ち運べる使用の除菌ジェルが増えています。

【おすすめアイテム】アロベビー ハンドキレイミスト

アロベビー ハンドキレイミスト

出典:www.alo-organic.com

天然由来成分100%、アルコールフリーの除菌ハンドミストで、新生児の赤ちゃんから安心して使えます。アルコール入り商品が心配なママにおすすめ。お出かけ時、手を洗えない赤ちゃんの手も清潔に。使い方は手のミストを手のひらに吹きかけて、手指全体になじませます。水分が気になる場合はタオルなどで軽く拭き取ります。

<<商品詳細>>
◇内容量:80ml
◇税抜価格:1,440円
◇主成分:セイヨウハッカ葉エキス、ヒノキチオール

販売サイトで見る

タオル、ティッシュ

赤ちゃんが飲み物をこぼしたり、ミルクを吐き戻してしまったり、鼻やよだれをきれいにしたりと、何かと拭く機会は多いので、タオルとティッシュは常に持ち歩きましょう。

はおりもの、帽子

たとえ夏であってもクーラーの効きすぎや、日焼け防止のためにはおりものはあった方が◎。

夏だと日除け用の帽子を、冬だとあったかい帽子があると便利ですね。

ぐずり対策用のおもちゃ

電車やバス、レストランやカフェなどの乗り物や公共施設で赤ちゃんがぐずったときは、お気に入りのおもちゃが必須。どこに行くにも、とにかく「おもちゃだけはマスト」というママが多いです。忘れた日には大変なことに…。

2.春~夏の赤ちゃんとのお出かけに必要な持ち物は?

赤ちゃん お出かけ 公園 ママ

上記の基本の持ち物に加えて、春から夏にかけて、暑い季節には次のものを持ち歩くようにしましょう。特に夏場は紫外線や蚊など、赤ちゃんにとって危険な外敵がたくさん!赤ちゃんの健やかな肌をしっかり守ってあげましょう。

  • 日焼け止め
  • 虫除け

日焼け止め

まだまだ皮膚が薄い赤ちゃんにとって、日焼けはやけどと同じようなもの。紫外線が強い季節、時間帯に外出するときは、赤ちゃんから使える日焼け止めを塗ってあげます。

赤ちゃんの日焼け止めはその成分のやさしさから、持続力は高くないため、こまめに塗り直せるように持ち歩くことをおすすめします。

日常のお出かけ程度であれば、SPF10~20程度、PA+~++ぐらいの強さの日焼け止めで十分です。

虫除け

赤ちゃんが虫刺されに遭うと、大人以上に赤く腫れ上がります。また、かゆみから掻き毟ってしまうことでとびひに繋がってしまうことも。

虫除けは大人と同じものではなく、赤ちゃんから使える「ディート不使用」のオーガニックのものをチョイスしてください。虫が嫌う天然のアロマ精油が含まれているものが該当します。

【おすすめアイテム】アロベビー UV&アウトドアミスト

アロベビー UV&アウトドアミスト

出典:www.alo-organic.com

新生児から使える100%天然由来成分でつくられた日焼け止め&虫除けミスト。これ1本で2役をこなすので、春~夏のお出かけのお供にぴったりです。紫外線吸収剤、ディートは共に不使用、デリケート肌へのやさしさにとことんこだわってつくられています。ミストタイプなのでふりかけるだけで、動き回る赤ちゃんにも簡単につけることができます。

<<商品詳細>>
◇内容量:80ml
◇税抜価格:2,350円
◇SPF、PA:SPF15 PA++

販売サイトで見る

3.秋~冬の赤ちゃんとのお出かけに必要な持ち物は?

赤ちゃん お出かけ 外出 ベビーカー

秋から冬のお出かけでは、赤ちゃんが風邪を引かないように防寒対策をしっかりしてあげることが大切です。服装にも気を遣いたいですね。また、外気の乾燥が激しい季節なので、肌を守ってあげる保湿ケアグッズも必携です。

  • フリース、ブランケット
  • 保湿ケアグッズ

フリース、ブランケット

寒い季節の防寒グッズは必須です。ベビーカーで移動しているときや室内にいるときも、赤ちゃんの様子を見ながら、あたたかいフリースやブランケットをかけてあげましょう。

保湿ケアグッズ

赤ちゃんは実は季節を問わず乾燥しがち。外出先では冷たい風にさらされて、ほっぺや鼻先、唇がカサカサに切れないように、さっと保湿クリームを塗ってケアしてあげてください。

もちろん、秋・冬だけでなく、保湿ケアグッズは1年中持ち歩いてもOKです。

【おすすめアイテム】アロベビー ベビーバーム

アロベビー ベビーバーム

出典:www.alo-organic.com

スティックタイプで、お出かけ先でもママの手を汚さずに保湿できるクリームです。100%天然由来成分でできているので、赤ちゃんが舐めても安心。唇や口周りの保湿にも使えます。スクワランやミツロウを配合し、ベタつかないのにしっとり保湿が長続きします。ママのリップとしてもおすすめ。

<<商品詳細>>
◇内容量:19g
◇税抜価格:1,950円
◇SPF、PA:SPF15 PA++

販売サイトで見る

4.長時間・遠出する赤ちゃんとのお出かけに必要な持ち物とは?

赤ちゃん ママ お出かけ 外出 公園 ピクニック

ちょっと遠出するショッピングモールへ行ったり、公園でピクニックしたり、ママ友とのランチや、友人・家族の家でまったりとする長時間のお出かけには、当記事冒頭でご紹介した基本の持ち物リストに加えて、次の持ち物があると安心です。

長時間・遠出のお出かけには「もしも」の備えがあるといざというときにも困りません!

  • 母子手帳、健康保険証、乳幼児医療証、おくすり手帳
  • 離乳食、離乳食用スプーン
  • お食事エプロン
  • 着替え
  • おやつ、飲み物(白湯)

母子手帳、健康保険証、乳幼児医療証、おくすり手帳

外出先で何かあったときのために、いつでも小児科に行ける準備をしておきます。母子手帳ケースに一式用意しておくと、バッグの中でバラバラになりません。おくすり手帳も念のために。

離乳食、離乳食用スプーン

離乳食が始まった赤ちゃんとのお出かけには、時間に応じて離乳食も持ち物に加わります。離乳食用のスプーンも忘れずに。

できるだけ荷物は減らしたい、というママは容器を捨てて帰れるベビーフードを賢く活用しています。

お食事エプロン

お出かけ先で離乳食を食べるときは、お食事エプロンも必要です。外食では、食べこぼしをキャッチしてくれるポケット付きのお食事エプロンがおすすめ。

さらに荷物を減らしたいというママは、100均ショップで売っている紙やビニールでできた使い捨てのスタイを持っていく人も。

着替え

お出かけ先で吐き戻ししてしまったり、暑い季節は汗びっしょりになってしまったりと、着替えがなくて困ったことがあるママは意外と多いもの。

荷物になってしまうので、ついつい持ち物から省きたくなりますが、できれば持っておくと何かと安心です。

肌着、ロンパース、スタイの着替えセットをポーチやジップロックにまとめて持ち歩きましょう。

個人差があるので、必要ないと感じたら着替えは持ち物に入れなくてもOKです。

おやつ、飲み物(白湯)

月齢に応じたウエハースやおせんべいなどのおやつと、飲み物もマスト。飲み物はジュースはあげたがらないママもいるので、白湯をマグに入れて持ち歩きます。

シェリールママをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter