おむつかぶれにワセリンは効く?悪化しない正しい塗り方!

おむつかぶれは乳児湿疹の中でも頻回に起こす肌トラブルです。赤ちゃんにとってもおしりがヒリヒリと痛むため、早く治してあげたいけれど、できるだけステロイドなどの強い薬は使いたくないですよね。そこで今回は、ワセリンを使ったおむつかぶれ対策の方法をまとめました。ワセリンは誤った塗り方をするとおむつかぶれが悪化してしまうので、注意が必要ですよ。

赤ちゃんのおむつかぶれとは?

おむつかぶれ おしり 赤ちゃん

おむつかぶれは別名「おむつ皮膚炎」といわれており、おむつが当たっている箇所の皮膚が炎症を起こす症状です。おしり全体、太もも、股の付け根など、おむつやギャザーに触れる部分が赤くなり、小さいブツブツの湿疹ができ、皮膚がただれていたら、おむつかぶれになっている可能性があります。

アトピー性皮膚炎や皮膚カンジダ症とは違い、おむつが当たる部分だけに症状が出るのが特徴です。

おむつかぶれは痛みやかゆみを伴うので、おしりふきで拭いたとき、お風呂でお湯をかけたときなど、赤ちゃんが泣き出してしまうことがあります。

おむつかぶれの原因

おむつかぶれになる原因はひとつではありません。いろいろな要素が重なって起こりますが、主な原因として、次のような事項が考えられます。

赤ちゃんの肌質、体調、おむつの種類、気候などによっても異なります。

1.おしっこ

おしっこをしたまま長時間おむつ替えをしないと、おしっこの刺激でおむつかぶれになってしまいます。

2 .うんち

うんちは大腸菌などの細菌がいるため、肌に与えるダメージが大きくなります。赤ちゃんのうんちは水っぽく回数が多いので、おむつの中の環境が悪化してしまいがちです。

3.汗、蒸れ

赤ちゃんは新陳代謝がよくてとても汗っかき。特に夏場はおむつの中がすぐに蒸れがちに。蒸れてふやけた皮膚は刺激に弱く、おしっこやうんちの刺激をより受けてしまいます。

4.摩擦、擦れ

おむつ替えの際、おしりふきでゴシゴシ拭いていませんか?薄くてデリケートな肌を強くこすると、ダメージを受けて炎症を起こします。

おむつかぶれにワセリンは効果的?

ワセリン

おむつかぶれのケアにワセリンを使っている人が多いです。そもそもワセリンとは、石油を精製したミネラルオイル(鉱物油)を指します。

石油が原料と聞くと、ワセリンの安全性が心配になる人が多いかもしれません。確かにワセリンの中でも、精度が低いものだと不純物が含まれていたり、酸化防腐剤が入っている商品は赤ちゃんの肌に合わないことも。炎症を起こす可能性があります。

白色ワセリンは、純度が高く不純物を取り除いているため、おむつかぶれにも安心して使えます。また、赤ちゃん用のワセリンもおすすめです。

ワセリンの特徴は、ローションやクリーム等の保湿剤と異なり、内部に浸透せずに皮膚表面に留まってくれる点。皮膚表面に皮脂膜をつくり覆うことで、水分の蒸発を防ぎ、おむつかぶれの外的刺激から肌を保護してくれます。

こうしたワセリンの働きがおむつかぶれの予防や改善に効果があるといわれています。

おむつかぶれのワセリンの正しい塗り方は?

赤ちゃん おしり ケア 塗り方

ワセリンを塗るときは、まずはおしりを清潔に洗うことが必須です。うんちやおしっこで汚れた肌にワセリンを塗ると、かえって症状が悪化。肌荒れを引き起こしてしまいます。

おむつかぶれが起こっているときは、できるだけ市販のおしりふきは使わずに、おむつ替えの都度、沐浴やシャワーのぬるま湯で洗い流してください。おしりふきの刺激で悪化することがあります。

おしりをきれいにしたら、やさしく水分を拭き取ります。気温が暖かく時間に余裕がある日は、おしりをしばらく外気にさらし、乾燥させると治りが早いです。

ワセリンを患部に薄く塗ります。すりこむように塗るのではなくペタペタと乗せるイメージで。塗り方が厚いと、ワセリンの熱がこもって逆効果になります。ワセリンを塗りすぎたときは、軽くティッシュオフします。

おむつかぶれになっている箇所だけでなく、擦れそうな部分にも塗っておくと予防に効果的です。

気温の低いときはワセリンが固くなっていることがあるので、まずはママ・パパの手で温めてから使うと塗りやすいですよ。

ワセリンはおむつかぶれの薬ではない

医師 NO NG 病院

ワセリンはあくまでも保湿剤です。抗炎症作用もなく、薬としての効能はありません。軽度のおむつかぶれであれば、ワセリンは効果がありますが、重症なおむつかぶれを治すことはできません。

悪化しているおむつかぶれに対しては、ワセリンを塗り続けるよりも、病院で適切な薬を処方してもらう方が早期治療が見込めます。

また、おむつかぶれによく似た症状に、菌の感染が原因の皮膚カンジダ症があります。治療には病院で抗真菌剤を処方してもらう必要があります。ワセリンでは治療できないため、皮膚カンジダ症が疑われる場合は、早めに病院を受診しましょう。

おむつかぶれのケアにおすすめのワセリンは?

おむつかぶれのケアに使うワセリンは、精製度が高い白色ワセリンを選びましょう。病院でも処方されることの多い、医薬品扱いの「日本薬局方」の基準を満たすワセリンがおすすめ。

赤ちゃん用に作られているベビーワセリンも安心です。黄色ワセリンは比較的価格が安いものの、赤ちゃんには適していません。

1.第3類医薬品 日本薬局方 白色ワセリン

日本薬局方 白色ワセリン

出典:www.amazon.co.jp

●内容量:500g
●税込価格:670円~

日本薬局方の基準を満たした不純物の含有量が少ない白色ワセリン。赤ちゃんへの使用に適しています。もともと傷ついた皮膚への塗布を想定して作られているため、酸化防止剤や香料など、おむつかぶれへの刺激となる成分は含まれていません。

楽天市場で見るAmazonで見る

2.サンホワイトP1

サンホワイトP1

出典:www.amazon.co.jp

●内容量:50g
●税込価格:1,080円~

乾燥を防ぎ外的刺激から皮膚を保護してくれる、高品質な100%白色ワセリン。赤ちゃんから使えます。太陽光による紫外線吸収の影響をほぼ受けることなく(酸化しにくく)、肌に低刺激な処方になっています。

楽天市場で見るAmazonで見る

3.ベビーワセリン

ベビーワセリン

出典:www.amazon.co.jp

赤ちゃんのおむつかぶれケア、よだれかぶれケア、乾燥予防にぴったりの純度の高い白色ワセリン。やわらかく伸びがよいので、赤ちゃんの肌に負担をかけずに濡れます。舐めても大丈夫なので、唇のリップクリームとしても。チューブタイプのワセリンなので使いやすく衛生的です。

●内容量:60g
●税込価格:358円~

楽天市場で見るAmazonで見る

ワセリンで保護しておむつかぶれを防ごう

こちらを見る横になった赤ちゃん

ワセリンは、浸透力がないため肌質を変えることはできませんが、人が本来持つ自然の治癒力を助けてくれます。おむつ替えの際にはワセリンを活用しておむつかぶれを対策しましょう。

また、こまめにおむつを取り替えるだけでも、おむつかぶれは随分と防ぐことができるので、毎日の赤ちゃんのお世話の中で意識してみてくださいね。

関連キーワード

シェリールママをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter