妊娠検査薬はいつから反応する?フライング検査の時期は?

妊活中のカップルにとって妊娠検査薬の陽性反応がいつから出るのかはとても気になる問題です。一般的には生理予定日から約1週間後という目安がありますが、フライング検査が可能な時期はいつからでしょうか。

そもそも妊娠検査薬が反応する仕組みは?

妊娠検査薬 いつから 早期 フライング検査

特に妊活中のカップルにとって「妊娠しているかどうか」は大変気になること。産婦人科での検査の前に、妊娠検査薬を使って自分で調べる人も多いでしょう。

妊娠検査薬はHCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)の値によって、陽性反応の有無を示します。

HCGは着床、つまり妊娠すると発生するホルモンなので、このホルモンが体内で作られていることがわかれば、妊娠していると判断することができるのです。

妊娠検査薬の種類は?

種類 選択 選び方

妊娠検査薬には実は2種類あります。一般的にドラッグストアで購入できる普通の「妊娠検査薬」と「早期妊娠検査薬」です。

この2種類の妊娠検査薬の違いは、いつから反応を示すのかという点。また入手方法も異なります。

通常の妊娠検査薬

普通の妊娠検査薬の場合は、HCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)の値が50mlU/mlとなれば陽性反応を示します。第二種医薬品に指定されており、近隣のドラッグストア等で購入が可能です。

早期妊娠検査薬

対して、早期妊娠検査薬の場合はHCGの値が25mlU/mlで陽性反応が出る仕組みになっています。つまり、より早期に妊娠しているかどうかの検査をすることが可能です。

有名な「ワンステップ(ドクターズチョイス)」などの早期妊娠検査薬の多くが海外からの輸入品。通販サイトからの購入が主となります。

国産製品である「チェックワンファスト(アクラス)」は、医療用体外診断用医薬品にあたるため、薬剤師がいる薬局でのみ購入可能です。薬事法により通販での購入も不可能となっています。

これら2種類の妊娠検査薬の特性を踏まえたうえで、具体的にスケジュールをご紹介します。

妊娠検査薬はいつから反応する?

いつから 予定日 カレンダー

まず、妊娠までの流れをご説明します。生理から約14日前後に排卵し、無事受精すると受精卵はおよそ7~10日ほどかけて卵管を移動。子宮に到着し2~3日後に着床します(※排卵周期には個人差があります)。

通常の妊娠検査薬は生理予定日から1週間後から使用するよう明記されているケースが多いですが、それよりも早い段階で妊娠しているかどうかを知る「フライング検査」があります。

具体的に順を追って、妊娠検査薬の反応についてみてみましょう。

1.生理開始から19~25日目頃

排卵後は女性ホルモンのプロゲステロンの体温上昇作用により、体温が高くなる高温期に入ります。生理開始から数えるとおおよそ19日以降。

高温期に入ってすぐから1週間程度の時期はまだHCGの数値が小さく、早期妊娠検査薬を使用した場合でも、陽性反応を示すことはありません。

この時期に妊娠検査薬を使用するのは早いといえます。

2.生理開始から26~32目頃

HCGの値はもちろん個人差はあるものの、高温期の9日目以降から急激に高くなるといわれています。早期妊娠検査薬で陽性反応を示す目安値である25mlU/ml程度には到達する可能性が高いです。

早い人では、早期妊娠検査薬を使えば月経予定日よりも前に陽性反応を示します。

ただし、一般的には9日目で陽性反応を示すことは稀なので、個人差を考慮しても生理開始から30日、つまり月経予定日以降に検査するのが望ましいでしょう。

3.生理予定日前後

生理予定日前後であれば、早期妊娠検査薬で陽性反応を示す可能性が高いです。

しかし、通常の妊娠検査薬の場合は、個人差が大きいのが現実。陽性反応を示したとしても、色が薄く出てしまったり、蒸発線と間違えてしまうこともあります。

ここまでの時期が、早期妊娠検査薬を使っておこなう「フライング検査」となります。

4.生理予定日7日目以降~

生理予定日から7日を過ぎると、通常の妊娠検査薬でも、妊娠していればで陽性反応が出る可能性が高いです。つまり、この時期の陽性反応は確実な結果により近くなるといえます。

このタイミングより以前に、早期妊娠検査薬を使って陽性反応が出ていたとしても、改めて同時期に再検査することをおすすめします。

早期妊娠検査薬で陽性反応が出ても、その後、化学流産(着床はしたけれど妊娠を維持できず流産してしまうこと)などで、陰性に変わってしまう可能性が高いためです。

フライング検査の注意点は?

早期 妊娠検査薬 フライング 検査 エコー写真

フライング検査で妊娠が発覚する場合があるものの、HCGの値がまだ少なく、正確な検査結果が出ない可能性があることを認識しておきましょう。

フランイング検査では、大変早期に妊娠がわかってしまうために、本来であれば気が付かなかった化学流産を知ってしまうことも。知らなくてもよかった事実にショックを受ける女性もいます。

フライング検査で反応が出たとしても、その後、産婦人科できちんと検査を受けましょう。

結局、妊娠検査薬はいつから使えばよいの?

妊娠 検査 妊婦 受精

それまで不妊治療や妊活を頑張ってきたカップルにとって、待望の妊娠は少しでも早く知りたいもの。妊娠検査薬はいつから使うのが適切なのか、気になるところですよね。

正しい検査結果となる可能性が高いのは、やはり生理予定日から1週間以降。どうしても早期で知りたい人は、生理予定日前後に早期妊娠検査薬を使ってみましょう。

いずれにせよ、妊娠検査薬で陽性反応が出たとしても、子宮外妊娠など異常妊娠の判断はできないため、産婦人科を受診しましょう。

関連キーワード

シェリールママをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter