【助産師監修】産後の肥立ちが悪いとどうなる?よくするためには?

産後肥立ちが悪いと困る」ということで、出産して1ヶ月ほどは家事をしないのが通説になっています。妊娠・出産という大仕事を終えた女性の体は大きくダメージを受けているため、産褥期は無理せず体調の回復を優先させなければいけません。「床上げはいつ?」「産後肥立ちをよくするには?」など、産後の過ごし方についてまとめました。

産後の肥立ちとは?

生まれたての新生児の足

産後の肥立ち(ひだち)は、現代では「産褥期(さんじょくき)の身体の回復」と表現されることが多いです。

出産を経験したママの体は、6~8週ほどかけて、妊娠前の状態に戻ろうとします。これが産後の肥立ちです。

男性に出産を説明する際、イメージしやすいように、「出産は交通事故に遭ったほどのダメージを受ける」と例えられることがあります。それほどに、産後の肥立ちの期間は、母体を回復させるために重要な期間といえるのです。

産後に起こりやすい症状は?

不調を感じて横になる女性

後陣痛(こうじんつう)

妊娠中から出産にかけて、子宮は約10倍の大きさに変化しています。後陣痛は、大きくなった子宮を元に戻そうとする過程で生じる痛みです。

陣痛に似たような痛みを感じますが、これは子宮が回復している証でもあるため、心配ありません。授乳をすると痛みが増すこともあります。

悪露(おろ)

悪露は、子宮がもとの状態に回復する過程で、子宮内から排出される分泌物のことをいいます。主に、胎盤が剥がれた子宮壁からの血液や分泌物です。経血と同じような形状です。

個人差がありますが、赤~褐色の悪露は1週間から10日程続きます。その後、おりもののようになり、出産を終えて1ヶ月ほど続くとされています。

悪露が続いているうちは、子宮が回復途中で感染のリスクもあるため、医師の許可があるまでは湯船には入らない方がよいとされています。

会陰切開の傷の痛み

会陰切開の傷は出産して1週間ほど痛みが続きます。産後5~6日も経つと、ひきつれた感じになりますが、治ってきている証拠です。1ヶ月も経てば違和感もなくなるでしょう。細菌感染を防ぐために、患部を清潔に保つよう心掛けましょう。

恥骨痛

恥骨痛(ちこつつう)は、出産に向けて分泌されるリラキシンホルモンによって、ゆるんだ骨盤が広がることによって起こることがあります。痛みが長引く場合は、ベルトやコルセットなどで固定すると楽になります。

恥骨結合離開と言われる病状は、歩けないほどの痛みを伴いますので、受診が必要です。

尿漏れ

一時的な産後の尿漏れは、妊娠中に子宮を支えるために、骨盤底筋付近の靭帯や筋肉が傷ついたり切れたりすることが原因です。骨盤底筋運動による、膣を引き締めるエクササイズなどが効果的です。

産後抜け毛

妊娠中に増えた女性ホルモンが出産によって一気に減少するのが原因。抜け毛のほか、白髪や髪のパサつきも気になるようになります。一時的な症状で、産後半年ほどで治まっていきます。

産後の肥立ちはいつまで?

期間 時期 いつから いつまで

出産を終えたら、主に元に戻ろうとする部分が子宮です。子宮が回復するまでが産後の肥立ちの期間と考えられています。

産後の肥立ちの期間には個人差があり、初産婦か経産婦かによっても異なりますが、一般的には6~8週間程度といわれています。

ひと昔前では、産後21日目を「床上げ(とこあげ)」といい、「床上げの日から布団を片付けて日常生活を送る」目安と表現されていました。

現代では、1ヶ月健診で問題がなければ産後の肥立ちはよいとされ、健診は完了します。その後は、子宮の収縮と回復を促すためにも、無理のない範囲で家事をしたり、動いたりするようにすすめられています。

産後の肥立ちが悪いとどうなるの?

? クエスチョン

産後の肥立ちが悪いと、思いがけない体と心の不調に見舞われてしまうことも。慣れない育児や無理をすることで悪化してしまいます。

産後の肥立ちが悪いときは、無理をせずに、家族や周囲に協力してもらいながら、まずは体の回復に努めましょう。

以下では、産後のママに起こりやすいトラブルについてご紹介します。

産褥熱

産褥熱(さんじょくねつ)は、産後の10日前後までに、38度以上の高熱が2日以上続く症状です。産後は免疫力が低下しているため、出産で傷ついた子宮や膣に細菌が感染しやすくなります。

産褥熱が出たら、病院を受診すると共に、無理をせず養生することが大切です。

子宮復古不全

子宮復古不全(しきゅうふっこふぜん)は、子宮がいつまで経っても元の大きさに戻らず、悪露が続く症状です。

原因は様々ですが、子宮の回復が悪いと子宮内に悪露が溜まり、だらだらと出血が続いてしまう場合もあります。

授乳で子宮の収縮を促進したり、産褥体操をするのもよいでしょう。赤色や褐色の悪露が長く続いたり、血の塊がたくさん出たりする場合は、子宮収縮剤を投与することがあるため、医師に相談してください。

腰痛

出産直後は、開いた骨盤が元の状態に戻っていないうえ、赤ちゃんのお世話によってかがんだ姿勢が多くなったり、腰への負担が大きくなったりするため、腰痛が発症することも。

産後1ヶ月ほどは肥立ちを優先させつつ、徐々に骨盤矯正をおこなうとよいかもしれません。骨盤ベルトなどのグッズや整体でプロに任せるのも効果的です。

乳腺炎

乳腺炎は母乳が乳腺に溜まり、細菌感染して炎症を起こしてしまう症状です。胸に痛みを感じ、高熱が出ることも。

産後の肥立ちが悪いこと自体が、乳腺炎を引き起こす要因でありませんが、疲れが溜まり母乳を飲ませられないなど、特に初めての子育てではおっぱいトラブルが起きやすくなります。

乳腺炎の治療は病院を受診しましょう。ホームケアでは、胸が熱を持っていたら患部を冷やしたり、授乳後も胸が張っていたら搾乳したり、おっぱいマッサージなどが効果的です。

産後うつ

産後はホルモンバランスの崩れや睡眠不足によって、情緒不安定な状態が続くことがあります。まずは産後の心と体の回復を優先させてください。

産後3~10日頃に起こる軽いうつ状態が数週間で自然と消失するものは、マタニティブルーズといって生理的な範囲のものです。

抑うつ状態が1ヶ月以上続く、食欲がない、疲れているのに眠れない、赤ちゃんのお世話ができないなど、重症化する場合は受診が必要なレベルです。医療機関に相談してみましょう。

産後の肥立ちは更年期障害に影響する?

女性 悩み 病気

昔から、「産後の肥立ちが悪いと更年期障害の重症化に繋がる」といわれており、そのためにも、産後は無理せず養生が必要だといわれてきました。

実際のところ、現代の医学では、産後の肥立ちと更年期障害の直接的に結び付ける根拠はないとされています。

産後の肥立ちが悪いと、ホルモンバランスが崩れたり、骨盤底のゆるみによって、後々の体の不調をきたしやすいことから、関係があるとされてきたようです。

更年期障害との直接的な関係はないとしても、健康的な日々を送るためにも、産後の肥立ちをよくすることは必要といえます。

産後の肥立ちをよくするためには?

赤ちゃんと添い寝するママ

産後の肥立ちをよくするために、出産してから1ヶ月の過ごし方についてご紹介します。

産後1週目

この時期は、まだまだ出産の疲れが溜まっています。悪露や会陰切開の傷の痛みで、歩くのもつらい時期かもしれません。つらいときには横になって安静にしましょう。

産後2週目

慣れない育児の疲れが出てくる頃。できるだけ栄養を取ると共に、赤ちゃんのお世話の合間に意識的に休むようにしましょう。本格的な運動はまだ控えた方がよいでしょう。

産後3週目

この頃になれば、少しずつ家事や買い物をスタートしてもよい時期です。ただし無理は禁物。きちんと休息も取ってください。

また、重い物は持たないように注意してください。負担の少ない産褥体操などのエクササイズを始めましょう。

産後4週目

1ヶ月健診で医師に問題ないことを確認してもらったら、徐々に日常のペースで家事などをおこなっても大丈夫です。夫婦生活や湯船にも浸かることができます。

赤ちゃんとのお散歩や骨盤矯正、運動も無理のない範囲でスタートしても大丈夫です。

産後の肥立ちは無理せず回復に努めよう

授乳する赤ちゃんとママ

産後の肥立ちをよくするためには、体の回復を優先にして無理をしないことが大切です。出産は女性にとって大仕事。「病気でもないのに、休むのは抵抗がある」と周囲に気を遣う必要はありません。

妊娠や出産は病気ではありませんが、「限りなく病気に近い状態」だといえます。大切な赤ちゃんのためにも、産後の肥立ちをよくして、早く日常生活を送れるようになることが大切ですよ。

ママ&プレママに
おすすめの特集

シェリールをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter Twitter