赤ちゃんのインフルエンザの症状と対処法、予防接種は受けるべき?

冬場は学校や大人の中でも猛威をふるうインフルエンザ。小さな赤ちゃんもインフルエンザにかかるの?という不安な声が多いです。風邪との違いは?赤ちゃんは大人と違って症状を伝えることができないので、悪化すると大変危険です。今回は、赤ちゃんのインフルエンザの症状と対処法、予防接種についてご紹介します。

新生児・赤ちゃんでもインフルエンザにかかる?

赤ちゃん

インフルエンザとは、感染力の強いインフルエンザウイルスが原因で起こる病気です。

12月~3月頃に流行しやすく、感染した人からの咳やくしゃみなどで飛び散ったウイルスが、鼻やのど、気管支に入って炎症を起こし、短期間に多くの人に感染が広まります。

一般的に新生児の場合は、母乳育児によってママから免疫が与えられているので、病気にかかりにくいといわれています。しかし、新生児の赤ちゃんがインフルエンザにかかる可能性はゼロではありません。

また、もしもインフルエンザにかかってしまうと、大人に比べて免疫力が備わっていないため重症化しやすく、注意が必要です。

赤ちゃんのインフルエンザの症状

赤ちゃん ママ

赤ちゃんは、まだ自分の言葉で身体の違和感を伝えられないので、いつもと違う様子が見られる場合は注意しましょう。

赤ちゃんがインフルエンザにかかったときに現われやすい症状は、以下のとおりです。

  • 38度~40度の高熱が数日~1週間ほど続く
  • たん
  • 鼻水
  • のどの痛み
  • 悪寒
  • 関節痛
  • 頭痛
  • ぐったりしている
  • おっぱいやミルクの飲みが悪い
  • 機嫌が悪い
  • 吐き気や腹痛、下痢などの症状を併発する

他にも、月齢の低い赤ちゃんほど急性気管支炎を起こしやすく、肺炎や中耳炎などの合併症や、まれにインフルエンザ脳症を起こすこともあります。

咳やたんの症状が悪化したり、けいれんを起こしたり、意識がぼんやりしているようなときは、これらの合併症を起こしている可能性があるので、早めに小児科や救急診療を受診しましょう。

合併症を起こさなければ、一般的に4日~1週間くらいで平熱に戻り、体力が回復するまでは2週間程度かかります。

普通の風邪との違い

普通の風邪との違いは、インフルエンザの方が高熱が発生し、全身に強く症状が出る傾向がありますが、その違いを見分けのは素人には難しいかもしれません。

通常の風邪とは違う症状があったり、高熱がある場合は、早めに小児科を受診しましょう。

赤ちゃんのインフルエンザで病院を受診するタイミングは?

医師 病院

赤ちゃんの機嫌がよかったり食欲があれば、症状に気付いた翌日の受診でも問題ないといわれています。

しかし、38~40度以上の高熱や、せきなどの呼吸器症状が出ていたり、嘔吐や下痢などの消化器症状が1日以上続く場合は、直ちに受診しましょう。

けいれんを起こしたり、ぐったりして反応が鈍い、意識障害などの様子がおかしいときは、インフルエンザ脳症の可能性があるので迅速に病院を受診するか、救急車を呼びましょう。

赤ちゃんのインフルエンザの薬は?

病院から処方される薬は、抗ウイルス薬(タミフルなど)、解熱鎮痛薬(アセトアミノフェン系)、咳止め、気管支拡張薬、抗生物質などがあります。

平成28年11月24日から、生後2週間以降の赤ちゃんにもタミフルが健康保険適用で処方されるようになりました(※1)。

インフルエンザの発症後48時間以内に内服することで、重症化を防ぐことができますが、インフルエンザ脳症の予防はできません。

また、解熱鎮痛薬では、インフルエンザの時にアスピリン系(ボルタレンやポンタールなど)の薬は使えません。自分の判断で市販薬を飲ませることは危険なので止めましょう。解熱しても、平均2日間はウイルスの排出が続くので、安静が必要です。

赤ちゃんがインフルエンザにかかったときのホームケア

赤ちゃん ホームケア お世話

こまめに水分を与える

インフルエンザは、高熱がでたり、下痢や嘔吐があるので脱水症状になりやすくなります。そのため、こまめに水分補給を行う必要があります。こまめに母乳やミルクを飲ませるようにしましょう。

離乳食を無理に与えない

離乳食を食べている赤ちゃんは、食欲がなければ無理に食べさせる必要はありません。嘔吐の原因になりかねないので、様子を見て食事を与えてください。

こまめに汗を拭く

高熱が出ると汗をかくので、身体をタオルで拭いたり、肌着を変えてあげてください。衣類を多く着させる必要はありません。

また、適度に換気を行ったり、加湿器で湿度を50~60%に保って過ごしやすい環境を整えてあげましょう。

赤ちゃんにインフルエンザの予防接種は必要?

注射

インフルエンザの予防接種は、生後6ヶ月以降であれば、赤ちゃんでも受けることができます。

予防接種を受けることで、インフルエンザを完全に予防できるわけではありませんが、ウイルスにかかりにくくしたり、重症化しにくくする効果があります。

インフルエンザの予防接種は任意ではありますが、13歳未満の子供は毎シーズン2度、予防接種を受けることをおすすめします。

以下では、さらに細かくインフルエンザの予防接種についてご紹介します。赤ちゃんにインフルエンザの予防接種を受けさせようか悩んでいるママは、ぜひご参照ください。

予防接種は2回受ける

1歳未満の赤ちゃんでインフルエンザにかかったことがないと、抗体がついていません。

1回でも効果がないわけではないですが、より感染を防ぐためには、2回接種してしっかり抗体をつけることをおすすめします。

予防接種の副作用

接種した箇所が赤くはれたり、発熱することもありますが、一般的に2~3日程度でそれらの症状はおさまります。

しかし、まれにアレルギー反応を起こして、呼吸困難などを引き起こす場合もあるので要注意。接種後は30分程度、病院で様子をみることをおすすめします。

予防接種は毎年受ける

インフルエンザは、毎年流行する型が異なります。そのため、予防接種のワクチンの効果は、ワンシーズンしか続きません。

赤ちゃんがインフルエンザにかからないようするためには、毎年予防接種を受けるようにしましょう。

赤ちゃんのインフルエンザの予防法とは?

疑問 ?

ここでは、赤ちゃんがインフルエンザでつらい思いをしなくて済むように、自宅でできる予防法についてご紹介します。

外からの病原体を防ぐ

インフルエンザ予防のためには、家の中にウイルスを持ち込まないことが大切です。外から帰ったら、手洗いとうがいを徹底しましょう。

病原体が活動できない環境づくり

インフルエンザのウイルスは、気温と湿度が低い環境を好みます。さらに、乾燥した空気の部屋では、粘膜や気道のはたらきが低下しやすいので、インフルエンザに感染しやすくなります。

加湿器などを使って、ウイルスが活動しにくい適切な湿度(50~60%)を保つようにしましょう。

規則正しい生活を送る

体調をくずすと、免疫力が落ちるのでウイルスに感染しやすくなります。

こまめに水分補給を行ったり、食事や睡眠など健康的な生活を普段から行い、感染のリスクを避けることが効果的です。

家族がインフルエンザにかかった場合は、赤ちゃんと接触しない

インフルエンザは感染力が強いので、家族間でもうつりやすい病気のひとつです。

インフルエンザの潜伏期間は、一般的に1~3日間です。体の小さな赤ちゃんの場合は、感染して当日中に症状が現われることもあります。

家族内でインフルエンザに感染した人がいる場合は、赤ちゃんと部屋を別にしたりして、完全にウイルスがなくなるまで赤ちゃんとの接触を控えるようにしてください。

また、母乳をあげているママがかかった場合は、搾乳で母乳を与えるようにして、できる限り赤ちゃんとの接触は短時間で済むようにしましょう。

赤ちゃんをインフルエンザから守ろう

赤ちゃん ママ

大人でもかかるとつらいインフルエンザ。赤ちゃんが苦しまなくていいように、まずは毎年の予防接種や日々の風邪予防を徹底することが大切です。

また、赤ちゃんがインフルエンザを防ぐためには、周りの大人たちの感染を予防することも大切です。もしも赤ちゃんがインフルエンザに感染してしまったときは、落ち着いて適切な処置をしてあげてください。

赤ちゃんと一緒に家族皆でインフルエンザを予防をして健康な生活を送りましょう。

※1 参考文献:厚生労働省 | 公知申請に係る事前評価が終了した適応外薬の保険適用について

シェリールママをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter