エストロゲンの妊娠や生理への作用、副作用は?増やす方法は?

女性ホルモンのひとつであるエストロゲン。特に妊娠や出産を経験した女性であれば、一度は耳にしたことがあるでしょう。エストロゲンは女性にうれしい作用をもたらすと共に、産後の抜け毛や肌荒れと関係が深いです。今回は、エストロゲン増やす方法についてまとめました。

エストロゲンの作用で女性にもたらす効果とは?

女性 ホルモン バランス 作用

エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)は、それぞれ分泌するタイミングは異なるものの、どちらも女性にとって重要な役割を果たすホルモンです。

エストロゲンは、まさに「女性らしさ」を出してくれるホルモンともいえます。エストロゲンが作用する女性への効果は次のとおりです。

  • 丸みを帯びた女性らしい体型を保つ
  • 髪や肌に潤いを与え美しくする
  • 精神を安定させる
  • 基礎代謝をあげ、痩せやすくする
  • コミュニケーション能力を高める
  • 妊娠のための環境を整える
  • 骨や血管を健康に保つ
  • 自律神経、感情の動きを整える

エストロゲンは生理前後、妊娠中、産後にどうなる?

妊婦 お腹

エストロゲンは、生理、妊娠、出産と密接に関係しています。

生理とホルモンバランスの変化

例えば、一般的な生理の周期では生理が終わった後、排卵日にかけてエストロゲン、プロゲステロンの2種類のホルモンが分泌されます。

これらホルモンがバランスよく分泌されることで、子宮内膜を厚くし、受精卵が着床を助ける作用があり、妊娠しやすい環境を整えています。

その後、妊娠せずに排卵が終わると、エストロゲンは急激に分泌量が減少。しばらく一定の分泌量を保ちます。

生理前にエストロゲンの分泌が抑えられて、排卵日にまた分泌量が増えるのが、月経周期とホルモンの変化です。

生理前にイライラしたり、ニキビができたり、抜け毛が増えるなどの症状は、エストロゲンの分泌が一時的に減ることが原因にあります。

妊娠中から産後のホルモンバランスの変化

排卵を経て妊娠すると、エストロゲンは出産まで分泌量が増え、妊婦さんに適した身体をつくってくれます。

お腹の胎児の成長を維持するために子宮を大きくしたり、産後のために乳腺を発達させて母乳をつくる準備をしてくれるのです。

出産まで多量に分泌されるエストロゲンによって、髪の毛は抜けずに保たれるだけでなく、体毛が濃くなるケースもあります。

一方で、出産が終わるとエストロゲンとプロゲステロンの分泌量が一気に低下し、妊娠前の状態に戻ろうとします。これらホルモン分泌量の急激な変化によって、産後2~3ヶ月目から目立つほどの抜け毛や白髪が現われます。

抜け毛のほか、肌荒れ、イライラ、うつなどの産後の症状も、エストロゲンとプロゲステロンのホルモンバランスが原因です。

エストロゲン(エストラジオール)の正常値は?

数値 表 グラフ 正常値 基準値

エストロゲンの主要成分である「エストラジオール」の正常値は次のとおりです(※1)。エストラジオールの数値は婦人科で測ることが可能です。

  • 卵胞期(生理0~14日目)25~195(pg/ml)
  • 排卵期(生理14日目)66~411(pg/ml)
  • 黄体期(生理14~28日目)40~261(pg/ml)
  • 閉経期(生理なし)10~40(pg/ml)

エストロゲンの低下によっておこる症状は?

女性 不調 体調不良 副作用 ストレス

エストロゲンの分泌が低下する原因は、出産・分娩だけではありません。人によって様々ですが、栄養不足、水分不足、睡眠不足、身体の冷え、喫煙といった生活習慣の乱れなどから、エストロゲンが低下する可能性があります。

エストロゲンが低下すると、次のような症状に繋がりかねません。

  • 抜け毛や白髪が増え、髪にツヤがなくなる
  • イライラや不安に襲われる
  • 生理がこない、不妊症
  • 心臓や血管の疾患のリスク
  • 骨粗鬆症のリスク

エストロゲンは、心身共に健康を保ち、髪やボディラインを美しくし、妊娠を助けるなど、女性にとって大きな作用があります。

反面で、エストロゲンが低下すると、抜け毛など目に見える変化のほか、イライラやうつなど精神上にも影響を与えます。

乱れた生活習慣や過剰なストレスといった、日常の些細なことでエストロゲンが低下してしまうことも。体の不調を感じたら、エストロゲンを増やして恩恵を授かれるようにしましょう。

エストロゲンを増やす方法は?

エストロゲン サプリ

生活習慣を整える

エストロゲンの分泌を増やす方法は、まずは日々の生活を見直すことから始めましょう。

外食、ファストフード、コンビニの弁当、インスタント食品は避けて、栄養バランスの取れた食事を心掛けてください。

また、できるだけ規則正しい生活リズムを保てるように、毎日同じ時間に起きるようにし、夜更かしは避けて十分に睡眠を取りましょう。

負担のない範囲で軽い運動を取り入れるとよいですね。喫煙者はできるだけ禁煙にチャレンジしましょう。

ストレスを軽減する

精神的なストレスはエストロゲンを低下させる要因になります。人はストレスを感じると、「コルチゾール」というホルモンを分泌します。コルチゾールはエストロゲンと同じく、肝臓で「コレストレール」を原材料につくられます。

そのため、ですのでコルチゾールが多くつくられると、その分エストロゲンが低下してしまう仕組みです。

現代社会において、ストレスは切っても切り離せないもの。ただし、良質な睡眠や適度な運動をすることで、うまく発散してストレスを溜めないように心掛けましょう。

特に、睡眠不足が続くと人は思考ができなくなり、余計に物事をネガティブ捉えてしまいがちに。十分な睡眠を取ることで、ストレスを感じにくくなりますよ。

エストロゲンを増やす食事・食品を摂る

エストロゲンを増やすために、効果的な食事や食品を積極的に摂る方法があります。具体的には、コレステロールとイソフラボンが含まれる食品を取りいれるとよいです。

コレステロールと聞くと、太る原因になるからと嫌がる女性もいますが、脂肪は実は女性にとって大切な栄養。チーズや牛乳、卵は、脂質だけでなく女性に必要な栄養がバランスよく含まれているため、おすすめです。

イソフラボンは女性の体内で、エストロゲンと似た働きをしてくれる食品です。

イソフラボンは豆乳や納豆、豆腐などの大豆食品から取りいれることができます。大豆食品は低カロリーでダイエットにも役立ち、腸内環境を整え、便秘にも効果的です。

エストロゲンを増やすサプリ

日々の生活や食事だけではエストロゲンを増やすことができない人、分泌低下による影響がつらい場合は、エストロゲンを増やすサプリで効果的に栄養素を摂取する方法がおすすめです。

エストロゲンを増やすサプリには、エストロンサプリ、大豆イソフラボンサプリ、マカサプリ、プラセンタサプリなどが挙げられます。

ただし、エストロゲンの過剰分泌が続くと、以下でご紹介するような副作用の可能性があります。各メーカーのエストロゲンを増やすサプリの用量・用法をきちんと確認して、適切な摂取量を守りましょう。

エストロゲンの過剰分泌で危険視される副作用は?

医師 注意 副作用

上記で、エストロゲンが低下すると精神バランスが崩れる、生理不順になることをご紹介しました。しかし、これは過剰なエストロゲンの副作用でも同様のことがいえます。不妊症にも影響しかねません

あくまでも、エストロゲンとプロゲステロンがバランスよく分泌されていることが大切です。

さらに、エストロゲンの過剰分泌は乳がんリスクの可能性を高める可能性が示唆されています。

全国健康保険協会のホームページによると、「エストロゲンの分泌量が多い時期が長く続くほど、その影響を受けてがん発生のリスクが高まる(※2)」とされています。

※1 参考文献:ASKAレディースクリニック | 妊症検査(血液の検査)
※2 参考文献:協会けんぽ 健康サポート | 女性ホルモンと乳がんのリスク

シェリールママをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter