赤ちゃんの口内炎の原因は?治療は病院へ行く?食事は?

赤ちゃんが食べたり飲むのを嫌がっていたら、口内炎のサインかもしれません。大人でも口内炎ができると、痛みや違和感があるので気持ちはわかりますよね。赤ちゃんの口内炎にはいくつか種類があり、それぞれ原因や症状は異なりますが、治療のために病院へ行くべきなのでしょうか?今回は、赤ちゃんの口内炎の原因や治療法、食事などのケア方法をまとめました。

赤ちゃんの口内炎の原因と症状

赤ちゃん 口内炎

赤ちゃん・乳幼児が食事を食べなかったり、飲まなかったり、よだれが多くなっていたら、口内炎が起きているかもしれません。口の中を確認してみてください。

口内炎とは、ウイルスや細菌に感染するなどして、口内に炎症が起こり腫瘍ができる病気です。赤ちゃんの口内炎は種類が様々で、症状によって原因や治療の方法が変わります。

代表的な赤ちゃんの口内炎を以下でご紹介します。

ヘルペス性口内炎

単純ヘルペスウイルス1型の感染が原因で口内炎を起こす病気です。生後6ヶ月~3歳に発症しやすいです(※1)。

症状としては、38~40度の発熱があり、歯肉が腫れて炎症を起こし痛みを感じます。発熱時に病院を受診しても、のどが赤いだけで医師からは風邪と間違われてしまうことも。

高熱は5日ほどで下がり、それから痛みがとれてきて、粘膜のただれも1~2週間で治ります(※2)。

ヘルパンギーナ

6月~8月の夏に流行するコクサッキーウイルスA群の感染が原因で、突然38~39度の高熱が出たり、口やのどの奥に口内炎ができる病気です。

夏風邪と混同されがちですが、のどにできる口内炎や水疱が特徴。水疱がつぶれると激しい痛みがあり、食事を食べたり飲んだりするのを嫌がります。

熱は2~3日程度で下がりますが、口内炎は回復に1週間ほどかかるため、赤ちゃんが脱水症状にならないよう刺激の少ない食事や飲み物を心掛ける必要があります。

アフタ性口内炎

アフタ性口内炎は免疫力が弱まっていることが原因で起こります。赤ちゃん・乳幼児だけでなく、大人の場合も精神的なストレスやビタミンなどの栄養不足が原因で起こる口内炎です。

長時間の外出が続き赤ちゃんの疲労が溜まっていたり、他の病気にかかって体力が落ちていることなどが原因として考えられます。

免疫が落ちていると、口内の粘膜を噛んだり、歯磨きなど少しの傷でも口内炎が起きてしまいます。1週間程度で自然に治るケースがほとんどです。

手足口病

生後6ヶ月以降の赤ちゃん・乳幼児にかかりやすい口内炎が伴う感染病。感染力の強いコクサッキーA16ウイルス、エンテロウイルス71型などが原因です。

口内炎だけでなく、手のひら、足の裏や甲に赤色の水疱ができます。まれに高熱が出ることも。

口内炎の痛みは3~4日ほど続き、その間、赤ちゃんは母乳やミルクを飲みたがらないので、脱水症状にならないよう気をつけましょう。

抗生物質が効かないため、病院を受診しても対処療法のみとなり、自然に治るのを待つしか治療の方法はありません。

外傷性口内炎

いわゆる傷による口内炎です。赤ちゃんはよく転んだりぶつけたりするために、その傷口からウイルスが侵入して口内炎ができるものです。

熱い食べ物や飲み物で口内がやけどすることでも口内炎ができます。これといった治療の方法はなく、1週間程度で自然に治ります。

赤ちゃんは傷をつくりやすいうえに、何でも口に入れてしまうために、細菌が体内に侵入しやすいです。おもちゃや哺乳瓶、ベビー食器など、赤ちゃんが口に入れる可能性が高いものは清潔に消毒しましょう。

赤ちゃんの口内炎の治療法は?病院は受診すべき?

治療 病院 受診 医師

一般的に、ウイルス性口内炎やアフタ性口内炎は1週間程度で治ります。病院を受診したとしても、基本的には自然に治るのを待つしかありません。

ただし、生まれて間もない新生児~生後6ヶ月までの赤ちゃんは、ママから免疫力を譲り受けているにもかかわらず、口内炎や高熱が出る場合は、何か重症な病気を起こしている可能性があります。病院を受診するようにしてください(※1)。

また、まれに口内炎が細菌感染して化膿することがあるため、その場合も病院を訪れましょう。口の中に塗れる軟膏薬などを処方してもらえます。

なお、赤ちゃんの口内炎は症状や原因が多岐にわたるため、治療のために安易に市販薬を使用しないようにしてください。病院を受診し、医師から処方された薬を用法・用量を守って使うようにしましょう。

赤ちゃんの口内炎が痛いときの食事は?

離乳食 赤ちゃん 食事

口内炎が痛いうちは、赤ちゃんが食事を食べたり飲んだりするのを嫌がるので、脱水症状を起こさないよう注意が必要です。

スープやうどん、そうめんなどのみ込みやすい食事メニューに気を遣いましょう。水分補給はしっかりまめにおこなってください。

口内炎は栄養不足や栄養の偏りによる免疫力低下も原因です。ビタミンB群、特にビタミンB2やミネラルが摂れるスープやドリンク、ヨーグルトがおすすめです。離乳食のときは、すりおろしたり蒸してやわらかくしたり、赤ちゃんでも食べられるよう調理方法を工夫してみてください。

口内炎が起きているときは、せんべいやクッキーといったかたいものは刺激が強いので避けてください。かんきつ類や酢などのすっぱい食事も口内炎がしみてしまいます。

赤ちゃんの口内炎に気付けるように日頃から観察しよう

赤ちゃん ケア ママ 育児 お世話

赤ちゃんは口内炎がつらくても、自分の症状をうまく伝える方法がありません。そのため、ママが普段から赤ちゃんをよく観察し、異変に気付けるようにしておくことが大切です。定期的に口の中をチェックするとよいですね。

特に免疫低下によるアフタ性口内炎は一度治っても、再発を繰り返すことも珍しくありません。できるだけ栄養を摂り水分補給をしっかりして、ウイルスに負けないからだをつくってあげたいですね。

※1 参考文献:社会福祉法人 恩賜財団 済生会 | 子供も大人も要注意 いろいろな口内炎
※2 参考文献:ふじわら小児科 | こどものよくある病気の説明1

関連キーワード

ママ&プレママに
おすすめの特集

シェリールママをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter LINE@