赤ちゃんのでべその原因と治し方!臍ヘルニアは自然に治る?

赤ちゃんのでべそが気になるママの声は多いです。赤ちゃんのおへそが出っぱる症状は「臍ヘルニア」と呼ばれていますが、特別な病気なのか心配になりますよね。今回は、そんな赤ちゃんのでべその症状や原因、治し方、手術などは必要なのか詳しくご紹介します。

赤ちゃんのでべそとは?

赤ちゃん でべそ

赤ちゃんのおへその仕組み

妊娠中、お腹の中にいる赤ちゃんはへその緒を通じてママから栄養を受け取って成長しています。へその緒は出産後に切断され、その後は2~3週間程度で自然と赤ちゃんのお腹から抜け落ちます。

通常はへその緒が取れると、臍輪(さいりん)と呼ばれる赤ちゃんの腹筋と腹筋の間に空いた穴が自然とふさがることで、おへその穴が閉じます。

赤ちゃんのでべその症状

赤ちゃんの「でべそ」は、通常へこんでいるはずのおへそが、ぽこんと出っぱっている状態を指します。

でべその症状には、大きく分けて2つの種類があります。

  • 臍ヘルニア(さいヘルニア):へその緒が取れた後の穴が塞がれていない状態
  • 臍突出症:へその緒の取れた後の穴がへこんでいない状態

臍突出症とは、へその緒の取れた後の穴をふさぐ組織が膨らんでいたり、おへその周りの皮膚が余ってたるんでいるなどの理由により、でべその状態となることをいいます。

一般的に、赤ちゃんのでべその症状については、臍ヘルニアのことを指すことが多いです。

臍ヘルニアの症状

臍ヘルニアは、お腹に力を入れた時に腸が外に出てきてしまうため、赤ちゃんが泣いたり、排泄時にいきむことでおへその出っぱりが大きくなります。

おへその出っぱりは個人差がありますが、ウズラの卵くらい~ピンポン玉程度の大きさまで出っぱる赤ちゃんもいます。

出っぱり始める時期にも個人差があり、へその緒が取れた直後から始まることもあれば、赤ちゃんが自分で座れるようになる頃に発症することもあります。

でべそが気になって心配になるかもしれませんが、成長と共に腹筋が発達して穴が塞がれ、自然と治ることがほとんどです。

赤ちゃんのでべそ(臍ヘルニア)の原因は?

疑問 ?

赤ちゃんに何らかの原因が起きて、臍輪がふさがらないことがあります。

臍輪の中心部は、赤ちゃんの腹壁(腹筋を主体にする前壁のこと)の中でも、最も薄くて弱いデリケートな部分です。

きちんとおへそが閉じていない状態で腹圧がかかると、皮膚のすぐ下にある腸が外に飛び出してしまうのです。これが臍ヘルニアで、日本人のおよそ4%に見られるといわれています。

特に、身体の機能が未熟なまま生まれた未熟児の場合、一般の新生児に比べて臍ヘルニアになりやすいとされています。

現時点では、へその緒の切り方や、おへそのケア方法は赤ちゃんのでべそと直接の関係はないとの見方が優勢です。しかし、なぜうまく塞がらないことがあるのかは、医学的にまだ解明されていません。

赤ちゃんのでべその治し方は?

治し方 病院 医師

でべそは自然と治ることが多い

赤ちゃんのでべその大半は自然と治るいわれています。1歳頃までにはほとんど目立たなくなり、2歳頃までにでべその約9割が自然に治るといわれています。

赤ちゃんが泣いたときなど、お腹に力がかかった時にでべそが大きくなりますが、健康上は問題ないので気にしなくても大丈夫です。

赤ちゃんを泣かせないように、と頑張る必要もありません。でべそのことは気にせず、ゆったりとした気持ちで育児をしましょう。

おへそを圧迫する

基本的に、赤ちゃんのでべそは自然経過を見ることがほとんどですが、最近では、清潔な綿球などでおへそを圧迫する方法が取られることもあります。

自己流で試すのは危険ですが、医師の指導のもとでおこなうと、出っぱっていたおへそが早くきれいになることが多いそうです。

形成手術をすることも

赤ちゃんが1歳半を過ぎてもでべそが気になる場合や、おへその部分の皮膚がたるんでへこまない場合は、おへそがくぼむように形成手術が必要になる場合もあります。

でべその症状が長く続く、他にも気になる症状がみられる場合は、医師に相談するようにしましょう。

でべそ以外の症状が併発したら要注意

赤ちゃんのでべそは、健康上の問題はないことがほとんどですが、まれに飛び出した腸が戻らなくなり、腸の働きが悪くなってしまうことがあります。

赤ちゃんのでべその様子がいつもと異なる場合や、機嫌が悪い、嘔吐しているなどの症状が見られたら、医師に相談するようにしましょう。

赤ちゃんのでべそは経過を見ながらケアしよう

赤ちゃん ママ

赤ちゃんのでべそは、今回ご紹介したように、自然と治るケースがほとんどだといわれています。様子を見ながら、おへそを清潔に保って経過をチェックしてあげましょう。

どうしても気になる場合は、生後1ヶ月検診などで医師に相談してみてください。

赤ちゃんが快適に過ごせるように心掛けながら、成長を見守ってあげましょう。

ママ&プレママに
おすすめの特集

シェリールママをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter LINE@