赤ちゃんの熱中症のサインと危険な症状、対策法は?

気温が上がる季節に注意したいのが赤ちゃんの熱中症。体温や汗の量を調節する機能が未発達の赤ちゃんは、気温に合わせて体調が変化しやすいです。加えて、大人と違い不調を訴えることができないので、熱中症初期症状のサインを見逃すと重症になってしまうことも。今回は、赤ちゃんの熱中症の症状や予防・対策法についてご紹介します。

赤ちゃんは熱中症になりやすい

赤ちゃん 夏 屋外

赤ちゃんは、気温が高い炎天下の屋外にいたり、室内や車内など蒸し暑い環境下で過ごしていると、体温調節機能がうまく働きません。その結果、身体にこもった熱が発散できなくなってしまいます。

体温が異常に上がり、身体が脱水症状を引き起こしてしまうことを「熱中症」と呼びます。

体温を調節する機能が未熟な新生児・赤ちゃんは、日中、強い日差しの中で過ごすだけでも熱中症を引き起こす恐れがあるので注意が必要です。

赤ちゃんの熱中症のサイン、初期症状は?

赤ちゃん 顔

赤ちゃんは、まだ「体調が悪い」とつらい症状を言葉で伝えることができません。熱中症のサインに気が付かずに、放置してしまうと症状が悪化する可能性があります。

次のような熱中症の初期症状が見られる場合は、水分補給といった対処が必要です。

  • いつもよりも母乳やミルクを飲む量が多い
  • または母乳やミルクを飲まない、吐く
  • 顔や身体が熱く、ぐったりしている
  • 元気がなかったり、機嫌が悪い
  • おしっこ、うんちの量が少ない

気温が高い日に外に長時間いたり、激しく身体を動かして汗をかいた後は、特に熱中症になりやすいです。

赤ちゃんの様子の変化にすぐ気付けるように、注意して観察しましょう。

赤ちゃんの熱中症の対処法は?

疑問 ?

上記でご紹介したように、赤ちゃんに熱中症の症状がどれかひとつでも出ていたら、慌てずにまずは応急処置を取りましょう。症状が悪化していなければ、熱中症は次第に治まっていきます。

涼しく風通しのよい場所に移動させる

赤ちゃんに熱中症の症状が見られたら、なるべく急いで涼しい場所に赤ちゃんを連れて行ってあげましょう。

外にいる場合は風通しのよい日陰や、クーラーの効いた室内に連れて行ってください。

衣服をゆるめて頭を低くして寝かせる

涼しい場所に連れて行ったら、ボタンなどをはずしてお洋服をゆるめてあげましょう。

特に首の回りはゆとりをもたせて、頭を低くして寝かせてあげてください。

身体を冷やす

赤ちゃんに熱中症の症状が出ているときは、赤ちゃんの体温を下げてあげることが大切です。

冷やしたタオルや、小さな保冷剤をハンカチなどで包んで、首すじ・わきの下・足のつけ根などの太い血管が通っているところを中心に冷やしてあげてください。

氷や保冷剤は、冷たすぎると赤ちゃんがビックリしてしまうので、タオルで包んで使用しましょう。

また、うちわであおいだり、扇風機で冷たい風を当ててあげることも効果的です。

水分補給をする

赤ちゃんが熱中症の場合、水分補給はとても大切です。母乳やミルク、ベビー用麦茶など、赤ちゃんが飲むことのできるものを少しずつ飲ませてあげましょう。

赤ちゃん用のイオン飲料が手に入れば、ミネラル分も補給でき、身体に素早く吸収されるので熱中症対策におすすめです。

また、家庭で手軽に作れる経口補水液も効果的です。

●経口補水液の作り方

<材料>

  • 湯冷まし:500ml
  • 砂糖:20g
  • 塩:1.5g

上記の材料を混ぜるだけで、簡単に完成します。柑橘系のフルーツの果汁などを少し加えると、飲みやすくなるのでおすすめです。

見逃さないで、赤ちゃんの熱中症の危険な症状とは?

注意 危険 ポイント

赤ちゃんに下記のような症状が現われている場合、熱中症が重症化し進行しているかもしれません。このような症状が出ているときは、すぐに病院を受診しましょう。意識すらない場合は、ただちに救急車を呼んでください。

  • 顔色が悪い
  • 発熱していて、体温が37.5度から下がらない
  • 汗をかかない
  • 手足が冷たくなっている
  • おしっこが出ない
  • 赤ちゃんに呼びかけても反応が弱い
  • 唇が乾燥している
  • けいれんを起こしている
  • 呼吸が弱い、呼吸を感じられない
  • 嘔吐の症状がある

赤ちゃんの熱中症の予防、対策法は?

赤ちゃん 飲み物

赤ちゃんは、まだ自分の力だけで熱中症を予防することができません。赤ちゃんにつらい思いをさせないためにも、ママ・パパ、周囲の人が熱中症の予防法を知って、しっかり対策してあげましょう。

こまめな水分補給をする

赤ちゃんの熱中症の対策で大切なのは、水分補給です。赤ちゃんが生後6ヶ月未満なら、いつも通りの母乳やミルクによる水分補給で十分です。

しかし気温が高くなってきたときは、普段よりもこまめに母乳やミルクをあげるように心掛けましょう。

6ヶ月以上の月齢なら、水分補給にベビー用麦茶や湯冷ましを水分として飲ませることもできます。

特に汗をかくような夏場は、赤ちゃん用のイオン飲料を常備しておくこともおすすめです。

衣服を調節する

気温が高い季節に外出するときは、風通しのいい、涼しい素材の服を着せるようにしましょう。

強い日差しを避けるために、つばのある帽子をかぶせるようにするのも効果的。熱中症対策だけではなく、紫外線対策にもなります。

ベビーカーに赤ちゃんを乗せていたとしても、日陰を歩くように心掛け、赤ちゃんの体温が上がらないようにしてあげましょう。

室内の湿度・温度を保つ

外の気温が上がってくると、室内の温度が上がり、熱中症になりやすい環境になってしまいます。

特に真夏は、夜も気温が高いまま下がらないこともあるので、部屋の気温が上がらないように気を配りましょう。

エアコンを活用して部屋の温度を25~28度、湿度を40~60%に保つと、赤ちゃんにも心地よい室内環境になります。

赤ちゃんが熱中症にならないように、快適な環境づくりを意識するようにしてください。

車にサンシェードを取り付ける

車の中でエアコンを使っていたとしても、チャイルドシートに座っている赤ちゃんは想像以上に汗をかいているかもしれません。

それは、赤ちゃんのいる場所に日差しが当たっていたり、エアコンの風が赤ちゃんの所まで届いていなかったりすることも原因のひとつです。

熱中症対策には、赤ちゃんの座るチャイルドシートに近い窓にサンシェードを取り付けておくと効果的。赤ちゃんに直射日光が当たるのを防ぐことができます。

赤ちゃんの熱中症は油断せずに対策しよう

赤ちゃん ママ 屋外

赤ちゃんの熱中症は、重症化すると命にかかわるほど危険な病気のひとつです。近年の日本の夏は猛暑続きで、成人でも熱中症による症状が大きな話題となっています。

大人にとっては我慢できるような気温の日でも、蒸し暑い室内など、赤ちゃんにとっては体温調節がしづらい環境である可能性があります。

赤ちゃんが熱中症にならないよう、油断せずにこまめな水分補給などの基本的な対策を怠らないようにしてください。もしも危険な症状が少しでも見られる場合は、迅速な対処を取るようにしましょう。

赤ちゃんが健康に成長できるように、快適な環境づくりや体温調節を心掛けてくださいね。

関連キーワード

ママ&プレママに
おすすめの特集

シェリールママをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter LINE@