接触性皮膚炎の症状とは?アレルギーが原因?治療法は?

赤ちゃんに起こりやすい肌荒れ症状のひとつに接触性皮膚炎があります。いわゆる「かぶれ」ですが、実は外的刺激やアレルギーなどの様々な原因が考えられます。接触性皮膚炎は、赤くなったり水疱が出たり、見た目にもかわいそうなので早く治してあげたいですよね。症状や原因、治療法などをまとめました。

接触性皮膚炎とは?どんな症状?

赤ちゃん 肌 皮膚

接触性皮膚炎とは、いわゆる皮膚に起こるかぶれの症状です。外的刺激が皮膚に接触することで、湿疹を発生させてしまいます。

接触性皮膚炎になると、その「刺激」に触れた該当部分だけが赤くなったり水疱ができます。痛々しい見た目だけでなく、また、患部にはかゆみが伴うので、赤ちゃんにとってもつらい症状です。

赤ちゃんに多い接触性皮膚炎の原因は?

おむつ おしり 赤ちゃん

接触性皮膚炎の原因は、赤ちゃんの肌質によって様々です。接触性皮膚炎の原因は主に、以下の2つに分類されます。

  • 刺激性皮膚炎
  • アレルギー性皮膚炎

1.刺激性皮膚炎

接触性皮膚炎の中でも、外的刺激に触れることでかぶれてしまうのが刺激性皮膚炎。誰でも起こり得る湿疹です。

赤ちゃんに頻繁に起こるよだれかぶれやおむつかぶれもそのひとつ。毛虫に触れてしまって起こることもあります。皮膚が薄くて刺激に敏感な赤ちゃんは、少しの刺激物にも反応してしまいがちです。

大人が使う化粧品やシャンプー、市販の塗り薬、いつもは使わないタオルの化学繊維などでも、刺激性皮膚炎の症状が起こってしまうことがあります。

2.アレルギー性皮膚炎

また、アレルギーが原因で接触性皮膚炎が起こることも多いです。これは、もともと赤ちゃんがアレルギー体質であるかどうかで変わります。

アレルギー性皮膚炎の原因には、例えば金属、卵や牛乳などの食べ物、薬物などがアレルゲンとして挙げられます。

これは、赤ちゃんが成長すれば治まるケースもあれば、逆にいきなりアレルギー体質になってしまうことも。アレルギー性皮膚炎は、少しの気温や湿度の変化によって発症してしまうケースだってあるのです。

接触性皮膚炎の原因を探す方法は?

赤ちゃん 玩具 刺激

日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会の接触皮膚炎診療ガイドラインにおいて、「接触皮膚炎は皮膚科医が診療する頻度の高い疾患であり、原因を確定し、その原因との接触を断つことができれば根治できる疾患である(※1)」と記載があるように、接触性皮膚炎の根本の治療には、原因を突き止めることが必要です。

いいかえると、原因がわかれば、意図的に触れさせないようにすることで接触性皮膚炎を予防することが可能です。

赤ちゃんの場合は、大人よりも生活の範囲が狭いために、接触性皮膚炎の原因を探すことは容易だといわれています。

湿疹ができた数時間前までさかのぼり、「新しく触れたものはないか」思い出してみましょう。例えば、赤ちゃんの口の周りに湿疹が出ている時は、よだれや食べ物、調味料などがが原因である可能性が高いのでしょう。

原因がはっきりしなくても、手や顔をこまめに清潔するなどの心掛けで、接触性皮膚炎を防ぐことは可能です。

接触性皮膚炎になったら?治療法は?

薬 治療 ステロイド

接触性皮膚炎になってしまったら、まずは患部を清潔にします。薬は抗炎症薬を塗ることになりますが、赤ちゃんには自己判断で市販薬を使うよりも、医療機関で処方してもらう方が安心です。

湿疹の症状がひどかったり、強いかゆみを伴うようであれば、病院でステロイド薬が処方されることがあります。ステロイド薬を使うことに抵抗があるママもいますが、医師の指示に従い、用量・用法を守って、早期治療を心掛けましょう。

赤ちゃんがひどくかゆがっているようであれば、患部の熱を冷やしてあげると炎症が和らぎます。赤ちゃんは大人のように、「かゆみを我慢する」ことができないので、湿疹を掻きむしってしまうと、接触性皮膚炎を悪化させてしまいます。

そのほかにも、気を付けたい接触性皮膚炎の予防法

赤ちゃん 肌 ケア 保湿

上記でご紹介したとおり、接触性皮膚炎の予防・改善・治療には、原因を見つけて、その原因を遠ざけることが大切です。また、そのほかにも、以下の事項に気を付けると接触性皮膚炎の予防に効果的です。

保湿ケアを習慣づける

接触性皮膚炎、乳児湿疹、アトピー性皮膚炎の予防には、保湿ケアが効果的です。お風呂上がりなど、新生児期からの保湿を習慣にしましょう。

「赤ちゃんに保湿?」と不思議に感じるかもしれませんが、保湿することで、外的刺激から守るためのバリア機能を高めてくれる効果があります。

また、うれしいことに、赤ちゃんの全身の保湿ケアは、親子のスキンシップをも兼ね備えています。赤ちゃんとスキンシップするつもりで、毎日の保湿を心掛けるとよいですね。

赤ちゃんの身の回り品を清潔にする

接触性皮膚炎の予防、また衛生的にも赤ちゃんの身の回りにあるものをできるだけ清潔に保つようにしましょう。免疫力が低い赤ちゃんは、些細な雑菌でも刺激になってしまいます。

おもちゃや家具など、何でも口に入れてしまうため、できるだけこまめに除菌してください。放置してしまうと知らず知らず最近が繁殖し、接触性皮膚炎の原因物質と化してしまいます。

接触性皮膚炎は防ぐことができる

接触性皮膚炎はかゆみを伴うので、とてもストレスになります。できるものなら未然に予防してあげたいですよね。

接触性皮膚炎は、毎日の赤ちゃんの行動や身の回りの環境をよく観察することで対処できます。日頃からよくみておけば原因を特定しやすく、対処も可能です。

原因がわからなければ、治療してよくなったとしても、また接触性皮膚炎を繰り返してしまいます。接触性皮膚炎による辛い思いを何度もさせないためにも、毎日の子育てを通してしっかり見守ってあげましょう。

※1 参考文献:日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会 接触皮膚炎診療ガイドライン

関連キーワード

ママ&プレママに
おすすめの特集

シェリールママをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter Twitter