離乳食中期(生後7~8ヶ月)の進め方、献立の作り方とレシピ!

ドロドロのペースト状ばかりだった離乳食初期の献立と異なり、離乳食中期には食べられる食品バリエーションが増えます。離乳食中期は、初期に続いて2回食に慣れていく大切な時期。離乳食中期の進め方、献立の作り方、おすすめレシピについてまとめました。

離乳食中期はいつから?

いつ カレンダー 時期

離乳食中期は、月齢でいうとおよそ生後7~8ヶ月頃にあたります。ただし、離乳食の進み方は、赤ちゃんによって個人差が出ます。

生後7~8ヶ月頃には、必ずしも今回ご紹介する献立にしなくてはいけない訳ではありません。

離乳食初期が問題なく進み、赤ちゃんが舌を上手に動かしてペースト状の離乳食を飲み込めるようになってきたら、生後7~8ヶ月のタイミングを目安に、離乳食中期への進級を進めていきましょう。

離乳食中期の進め方、食材の量、硬さは?

離乳食 中期 献立 レシピ 食材

離乳食中期の回数

離乳食中期は、一般的に1日に2回。朝の10時頃と夕方の18時頃、できるだけ毎日同じ時間にして、リズムをつくっていくようにしましょう。

食べたことのない新しい食品にチャレンジする場合は、朝の離乳食タイムにして、夕方は食べなれたものをあげるようにしてください。

夕方の離乳食は、半分~3分の1ほどの量から始めて、徐々に増やしていくとスムーズに進められます。

離乳食中期の食材の量

離乳食中期の1回あたりの量の目安は以下のとおりです。

  • 穀類(7倍がゆ)50~80g
  • 野菜、果物 20~30g
  • 豆腐 30~40g
  • 肉、白身魚 10~15g
  • 乳製品 50~70g
  • 卵 卵黄1個分~全卵3分の1個分

離乳食中期の硬さ

離乳食中期の硬さの目安は、赤ちゃんの舌でつぶすことができるほどにしてください。絹ごし豆腐ほどの硬さが目安です。

柔らかい固形の離乳食をモグモグして食べることから、離乳食中期を「モグモグ期」とも呼ばれています。

ここで注意したいのが、ペースト状の離乳食初期から、急に硬さや形のある献立に変えないようにしましょう。離乳食初期の食品が問題なく食べられるようになったら、徐々に硬さをつけて、舌でつぶせるくらいの硬さにするのがポイントです。

離乳食中期の献立の作り方は?

赤ちゃん 離乳食 中期

離乳食中期の献立は、「穀類」「野菜・果物」「タンパク質」の3品で構成するのが理想的です。納豆や鶏のささ身など、タンパク質のバリエーションも増やしていきましょう。

それぞれについて以下で解説します。

離乳食中期の穀類について

穀類(炭水化物)は、米なら7倍がゆ、麺類はうどんをやわらかく茹でたあとに米粒大に刻みます。

また、いも類はじゃがいもを茹でた後に、粗くつぶしてスープで柔らかくしてあげます。

離乳食中期の野菜・果物について

野菜はどの食材も「柔らかく煮てから刻む」のが基本的な作り方です。スープなどで薄味の味付けをしましょう。

果物は、おろしたり、つぶしたり、小さく刻んでからあげてください。

離乳食中期のタンパク質について

タンパク質は、魚、肉、乳製品、納豆、豆腐、または卵の中から選びましょう。魚や肉は脂身の少ない、白身魚や鶏のささみから始めます。

白身魚に慣れたら赤身魚に挑戦してもよいですね。いずれの食材も、細かくほぐして刻んであげます。

赤身肉などは離乳食中期にまだ適していません。乳製品はヨーグルト、無糖のものを使いましょう。

納豆や豆腐については加熱してから刻みます。卵は、最初は完全に火を通した卵黄から。慣れたら全卵を刻んだものに進めましょう。

離乳食中期のおすすめレシピ!

レシピ 卵

離乳食中期におすすめのレシピ例をご紹介します。参考にしてみてください。

茶碗蒸し

離乳食中期に、茶碗蒸しはアレンジのきくスタンダードなメニューです。作りやすい量は2食分。

だし汁100ccに全卵1個を溶かし、おかゆ(あるいは柔らかくゆでたそうめん)大さじ3、柔らかくした野菜(ニンジンやほうれん草など)大さじ3を加えて、2つの器に分け入れて15分ほど蒸します。

火が完全に通ったことを必ず確認しましょう。

豆腐ハンバーグ

タンパク質が含まれるメニューなら、豆腐ハンバーグを作ってみましょう。玉ねぎ半分、にんじん1/4本を刻み、柔らかく加熱します。電子レンジなどを使うと早いですね。

小さな豆腐1丁、鶏ひき肉150g、片栗粉大さじ2、味噌小さじ1弱、パン粉大さじ3、卵1個をすべてボウルに入れて混ぜます。

野菜も加えて小さくまとめ、フライパンなどで焼きます。

離乳食中期は食材のバリエーションが広がる楽しい時期

離乳食中期は、ペースト状のいかにも「離乳食」だった初期に比べて、より料理らしくなってくる時期。ママも赤ちゃんも楽しめる時期かもしれませんね。

しかし、中期はまだまだ食べムラが多く、食べてくれる日とそうでない日があるのも事実。気負い過ぎず、毎日頑張り過ぎないほうが、心が折れずに済みますよ。

赤ちゃんがなかなか食べてくれなかったら、食材をフォークでつぶして大きさや形を変えたり、おかゆと混ぜたり、単品であげてみたりと、楽しみながら工夫をして離乳食中期を進めましょう。

関連キーワード

ママ&プレママに
おすすめの特集

シェリールをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter Twitter