赤ちゃんに枕は必要?いつから?新生児にも使う?

赤ちゃんにを使用させると、頭の形をよくしたり、吐き戻しを防止する効果があるといわれています。一方で、使用中の事故を避けるためにも、いつから使い始めるべきか、また枕の材質しも注意が必要です。今回は、赤ちゃんに枕を使用して得られる効果や、注意点についてご紹介します。

赤ちゃん・新生児に枕は必要?

赤ちゃん 枕

出産を間もなく控えた妊婦さんや産後のママにとって、赤ちゃんのお世話グッズを揃えることも楽しい時間ですよね。

ただ、結論からいうと、赤ちゃんの枕は必ず必要というわけではありません。

赤ちゃんの体は、大人のように枕がないと首が痛かったり、寝づらい、というものではありません。

新生児の背骨は、ママのお腹にいたときの名残で「C」字状にまるまっており、枕を使って姿勢を保つ必要はないのです。

※赤ちゃんに枕を使う目的、期待できる効果については、下部で詳しくご紹介します。

赤ちゃんの枕はいつから使う?新生児には?

赤ちゃん ママ

市販のベビー用枕には新生児期から使用できる商品もありますが、基本的に、小児科などで赤ちゃんの枕の使用は積極的に勧められていません。

新生児期に柔らかい枕を使用すると、目を離した隙に顔をうずめるなどして、窒息事故を引き起こす危険性があります。新生児期の枕の使用は、乳幼児突然死症候群(SIDS)のリスクを高まるともいわれています。

また、生後6ヶ月前後になると今度は寝返りが始まるため、うつぶせになった時に顔が枕に埋まらないよう注意が必要です。

消費者庁によると「乳幼児の使用する枕は硬めのタイプを使用しましょう」と注意喚起を発表しています(※1)。

赤ちゃんに使用する寝具は、枕はもちろん、布団なども柔らかく巻き付きやすい物は避けてください。

まとめると、いつから枕が必要ということはなく、また必ずしも新生児に枕を使ってはいけないということでもありません。適切な枕を選び、適切に使用することで、いつからでも枕の使用は可能です。

一般的に、睡眠時の窒息やSIDSなどの危険が高いとされるのは生後1歳頃までといわれているため、新生児~生後1歳未満の間は、ママとパパの目が届く範囲で枕を使用するようにするとよいですね。

新生児の枕はタオルで代用可

生まれたばかりの新生児の赤ちゃんには、枕はタオルで十分。枕の代わりに頭の下にタオルを敷いてあげましょう。

タオルであれば、皮脂やよだれで汚れてもすぐに取り替えられて、洗えるので衛生的に保つにも便利。

白いタオルであれば、赤ちゃんが吐き戻しをしていないかチェックできるので、よりよいですね。

赤ちゃんに枕を使うとどんな効果がある?

枕 寝室 ベッド

上記で記したとおり、赤ちゃんの枕は首や頭を支えるためのものではありません。主に、次のような効果が期待できます。

効果その1.頭の形を整える

「ドーナツ枕」という言葉を耳にした経験はありますか?

ドーナツ枕は中央の部分がへこんでいるのが特徴で、このくぼみに頭がフィットすることで、頭にかかる圧力を分散するといわれている枕です。

後頭部の絶壁や頭の形が左右で違うなど、赤ちゃんの頭の形が気になったことのあるママもいるでしょう。これらの頭の変形のほとんどの原因は、胎内もしくは出生後の赤ちゃんの向き癖によるものです。

丸い形のドーナツ枕を使用することで、頭の絶壁が改善するケースがあるといわれています。ドーナツ枕を使用してから赤ちゃんの頭の形がよくなったという声もあり、頭のゆがみ改善に効果が期待ができます。

効果その2.吐き戻し予防

生後間もない新生児は消化器官が未熟で、母乳やミルクをすぐに吐き戻してしまいます。

赤ちゃんの吐き戻し防止には、授乳後にきちんとゲップを出してあげることがポイントですが、しばらく縦抱きをしてもゲップが出ないこともあります。

そんな時は吐き戻し防止用の枕などを使用して、赤ちゃんの上半身を少し高くした状態で寝かせてあげるとよいでしょう。

ただし、赤ちゃんの頭の形が悪かったり、何度も吐き戻してしまうのは、実は新生児期~低月齢の赤ちゃんに多く見られる症状。そのほかに異変がなければ、過度に心配する必要はありません。

効果その3.安定して眠ることができる

赤ちゃんは寝返りができるようになると、想像以上に寝ている間よく動くようになります。

「朝起きたら、大移動していてビックリした」「あやうくベッドから落ちそうになっていた」というママの声がよく聞かれます。

枕を使用すると、赤ちゃんの頭が固定され、寝返りによる危険な状態を避けることが可能です。

赤ちゃんの枕は正しく安全に使おう!

赤ちゃん ママ

赤ちゃん用の枕は嬉しい効果がある半面、使用には注意が必要です。赤ちゃんの健康のためにと思って選んだ枕が、かえって赤ちゃんの健康を損なわないように、使用に際しては十分に注意してください。

今回ご紹介したポイントを頭に入れながら、赤ちゃんの枕を適切に使いましょう。

※1 参考文献:消費者庁 「0歳児の就寝時の窒息死に御注意ください!」

シェリールママをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter