授乳中に風邪を引いたら薬は飲める?母乳に影響はあるの?

授乳中風邪を引いてしまったママの心配といえば、風邪薬が母乳に与える影響。風邪の症状はつらいけれど、母乳を飲んでいる赤ちゃんに影響があるかもしれない…と思うと薬の服用は慎重になりますよね。今回は、授乳中に風邪を引いたときの対処法ついてご紹介します。

授乳中の風邪薬は母乳に影響する?

風邪 薬

授乳中に風邪を引いてしまったとき、または花粉症による鼻水やくしゃみが止まらないとき、薬が母乳に影響を与えないか心配ですよね。

一般的な風邪薬において、赤ちゃんに有害だとされるデータは現時点(2017年2月)ではありません。

しかし、授乳中にママが服用した風邪薬の成分は、多かれ少なかれ母乳に移行することは事実です。赤ちゃんにまったく影響を与えないと約束されているわけでもありません。

とはいっても、授乳中に風邪を引いたら、まずは治すことが大切です。医師の指示に従い適切な薬を服用するようにしてください。

授乳中に風邪を引いたら母乳育児を中断すべき?

注意点

授乳中に風邪薬を数日のんだとしても、前述のとおり赤ちゃんへの直接的な影響は明らかになっていないこともあり、母乳を中断する必要はありません。

しかし、赤ちゃんへの影響が心配な場合、母乳育児を一時的にやめて、粉ミルクにする方法もあります。その間、赤ちゃんへの影響を気にせずに風邪薬を服用することが可能です。

しかし、母乳による授乳を中断すると、乳腺炎のリスクが高まったり、母乳の量が不安定になってしまう可能性もあります。母乳での授乳を中断する場合は、こまめに搾乳するなどして乳腺炎などのトラブルにならないように意識しましょう。

授乳中のママ自身の体調と、母乳を中断する場合のデメリットをよく考えて判断する必要があります。

授乳中に安心して風邪薬を服用するために

風邪 女性

ここでは、授乳中の風邪薬の選び方についてご紹介していきます。母乳や赤ちゃんに影響を与えずに安心して服用するためにも、ポイントをしっかり押さえていきましょう。

授乳中の風邪薬は病院で処方してもらう

風邪薬の母乳への影響が心配な時は、病院で診察を受けて薬を処方してもらうと安心です。授乳中の赤ちゃんを育てる中で病院に行くのは大変かもしれませんが、ママの体調が悪化してしまうと、赤ちゃんにも悪い影響を与えかねません。

病院で風邪の診察を受ける時には、必ず医師に授乳中の旨を伝えたうえで診察してもらい、安心して服用出来る薬を処方してもらうようにしましょう。

市販の風邪薬は薬剤師やメーカーに確認する

市販の総合風邪薬には多くの成分が含まれているため、注意が必要です。病院に行くのが大変で市販薬を服用したい、という授乳中のママの場合は、自分で判断せずに薬局の薬剤師や、薬のメーカーの問い合わせ窓口などで、授乳中に服用しても大丈夫か確認すると安心です。

また、風邪薬の注意書きに授乳中の使用を控えるように注意喚起が促されているものもあります。妊娠前に飲んでいた常備薬などは、授乳中に害が無いか見直しましょう。

漢方薬は独断で選ばない

風邪をひいた時は、風邪薬よりも葛根湯などの漢方薬を選ぶ習慣がついているという人も多いでしょう。しかし、授乳中のママは避けた方がよい漢方薬もあります。授乳中に漢方薬をのむときは、独断で選ばずに、事前に専門家に相談したりメーカーに確認してください。

授乳中に風邪を引いてしまったとき、薬以外にできることは?

風邪 薬

一般的に、風邪薬の多くは症状をやわらげるもので、風邪の根源を根治するというものではありません。授乳中で赤ちゃんへの影響が心配な場合は、風邪の症状が悪化しないように薬を飲まなくても出来る対策をしましょう。

ここでは、風邪予防にも繋がる、効果的な風邪の対策方法についてご紹介します!

加湿

鼻やのどの粘膜が乾燥すると、ウイルスや菌が体内に侵入しやすくなります。赤ちゃんの風邪を予防するためにも、加湿して乾燥を防ぐ事はとても大切です。加湿器や濡れタオルなどを活用して、室内が乾燥しないようにしましょう。

また、マスクを使用すると保湿効果が高まります。授乳中の赤ちゃんへの感染を防ぐためにも、お家の中でマスクをする事も効果的です。

ゆっくり休む

授乳中のママは、赤ちゃんのお世話や家事などで慌ただしく、ゆっくり休む時間も限られてしまいます。風邪をひいた時は最低限の赤ちゃんのお世話は行って、しっかり身体を休める時間を取りましょう。

身体を温める

身体が冷えると免疫力が下がり、風邪が悪化しやすくなります。また、冷えて血行が悪くなると母乳の出に繋がる可能性も。授乳中に風邪を引いた時は、暖かい服装を心掛けたり、温かい飲み物を飲んだりして、身体の冷えを改善するようにしましょう。

また、生姜などの身体を温める効果のある食材を摂る事も効果的です。ぜひ、積極的に食事に取り入れてみてください。

消化の良い食事を心掛ける

風邪を引いて身体がウイルスや菌と戦っている時は、身体に余分な負担をかけないためにも消化の良い物を食べるようにしましょう。

おかゆやスープなどの水分が多くて温かい食べ物は母乳にも良い影響を与えるので、授乳中に風邪を引いてしまったママにおすすめです。

授乳中の風邪薬は慎重に選ぼう

女性 風邪

授乳中のママが風邪を引いてしまった時には、無理せずゆっくり休む事がとても大切です。症状がつらくて薬を服用したいという時には、病院などで授乳中である旨を伝えて、安心して服用出来る風邪薬を処方してもらうようにしましょう。

ママが風邪をひいてしまうと、飛沫感染などで赤ちゃんに風邪がうつりかねません。母子ともに健康な毎日を過ごせるよう、日頃から風邪予防を意識しながら過ごしてくださいね。

関連キーワード

ママ&プレママに
おすすめの特集

シェリールをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter Twitter