産後に激やせ!母乳育児は痩せすぎの原因に?

妊娠中に増えた体重も、産後は自然と元に戻っていくもの。中には、ダイエットに苦労する人がいる反面で、激やせに悩まされるケースも珍しくありません。産後の激やせはママ自身の体や母乳育児に悪影響を与える可能性が。激やせは断乳せざるを得なくなるかもしれません。母乳育児を諦める前に、激やせしてしまう原因、その影響などについて知っておきましょう。

産後の激やせ、多くの原因は母乳育児によるもの

母乳 育児 授乳 痩せる

産後に激やせしてしまう人の大半は、母乳育児が原因であることが考えられます。非妊娠時の女性のエネルギー所要量は1,800キロカロリーですが、授乳中は母乳のために700キロカロリー増の2,500キロカロリーが必要だといわれています。

人間の体重は摂取したエネルギーと消費するエネルギーのバランスによって左右されます。そのため、母乳の生成に対して、十分にカロリーを摂っていなければ、産後に激やせしやすい傾向があります。

激やせの背景にある原因は人それぞれ。多忙で十分に食事が摂れなかったり、もともと食が細かったり、育児ストレスによって食欲が失われたり、無理な産後ダイエットに取り組んだり・・。

産後に激やせしてしまった人は、自身の生活をいま一度見直してみてるとよいでしょう。

産後の激やせは放置すると危険?影響は?

? クエスチョン

産後の激やせは、健康を維持していれば過度に心配する必要はありません。ただし、激やせの進行によって体調不良をきたしたり、甲状腺ホルモンに関わる病気によって激やせが引き起こされている可能性が考えれます。

栄養失調

激やせしたうえ、栄養が摂れていない状況が続くと、栄養失調にまで発展する可能性があります。栄養失調は、見た目に痩せるだけでなく、精神的にも悪影響を及ぼします。

以下の項目の中で、当てはまる事項が多い場合は、十分に栄養が足りていない状態かもしれません。セルフチェックしてみましょう。

  • 体力が以前より落ちた。やる気が起こらない
  • 免疫力が下がり風邪をひきやすい
  • 肌にハリや潤いがなくなった
  • 抜け毛、髪のパサつき、白髪などが目立つ

甲状腺ホルモンに関わる病気

甲状腺ホルモンは、妊娠の維持に重要な役割を果たします。その甲状腺ホルモンのバランスが悪くなることで、橋本病が発症する場合があります。

甲状腺のホルモンが過剰に上昇すると、下痢やイライラするほか、食欲は亢進するけれども痩せるなどの症状が現われることも。

通常は、妊娠中から甲状腺ホルモン薬を服用するなどして治療をおこない、産後は正常値に戻ることがほとんどですが、定期的なフォローが必要です(※1)。

産後の激やせの対策法は?

産後 体重 激やせ ダイエット

食生活の見直し

産後の激やせの原因は、人によって様々なので、一概に対策法を明言することはできません。

一般的に、十分な栄養が足りておらず激やせしてしまった場合は、食生活の見直しやストレス改善が効果的です。

ただたくさん食べればよいのではなく、次のポイントを中心に食事内容を見直してみてください。

1.1日3食を徹底する
2.1回の食事は腹8分目までにする(ドカ食いを避ける)
3.野菜やたんぱく質をバランスよく食べる
4.油で揚げた食べ物や甘いものなど、高カロリーな食べ物は控える
5.栄養の吸収率アップと消化しやすくするために、咀嚼(そしゃく)回数を増やす

バランスのよい食生活と、精神的にも健康的な生活を送ることで、激やせは徐々に改善することができます。

ただし、重度の栄養失調が疑われる場合は、病院を受診しましょう。

無理な産後ダイエットをしない

無理な産後ダイエットも激やせの一因です。妊娠中に太った体型を戻すために、過度な食事制限などをしていませんか? 母乳育児のためにも、毎日楽しく育児をおこなうためにも、痩せすぎは禁物。

産後に「激やせ」といわれないためには、1ヶ月に1~2kg程度を目安にして体重を落としていきましょう。

妊娠前の標準体重を考慮し、出産までにどれぐら体重が増加したか、把握しておくことも大切です。

一般的に出産時には、お腹の中にいた赤ちゃんの体重(約3kg)、胎盤と羊水の重量(約1kg)が体外へ出るため、何もしなくても4kg前後の体重が減ることになります。

できるだけバランスよく食事をし、授乳をしていれば、ダイエットをしなくても自然と痩せる人も多いですよ。

※1 参考文献:病国立成育医療研究センター | 妊娠と橋本

ママ&プレママに
おすすめの特集

シェリールをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter