赤ちゃんも花粉症の症状が出る?原因や予防法は?

大人でもつらく、憂鬱な気持ちにさせられる花粉症の存在。実は、赤ちゃんや小さな子供でも花粉症になることがあるんです!今回は、赤ちゃんが花粉症になる原因や、花粉症の予防・対策法を、いくつかのポイントに絞って紹介していきます。いまは花粉症になっていなくても、将来の花粉症の発症を予防するためにも、今から一緒に学んでいきましょう。

赤ちゃんも花粉症になる?

ティッシュ マスク

アレルギーが原因で起こる炎症の中で、季節性の症状を花粉症と呼びます。昔はあまり子供の患者は見かけませんでしたが、おおがクリニックのホームページによると、1歳以降は年齢を重ねるごとに花粉にアレルギーになる子供が出てきます。近年では花粉症になる小児が増えてきており、低年齢化しているそうです(※1)。

花粉症は、スギやヒノキの花粉などのアレルギー物質が目や鼻を通じて体内に入ることで発症。空気中を漂っている花粉を取り込むと、身体がアレルギー物質を除去しようと反応します。

このとき、リンパ球によってIgE抗体という免疫が生成されます。リンパ球が生成するIgE抗体は、花粉を体内に取り込むたびに増加し蓄積されます。花粉の量がある一定を超えた場合に、アレルギー反応を起こすようになり、花粉症となってしまうのです。

主な花粉の飛散時期

  • スギ科:1月~4月
  • ヒノキ科:2月初旬~5月初旬
  • イネ科:3月末~10月中旬

住んでいる地域によって異なりますが、花粉症を引き起こしやすい植物は1年を通して飛散しています。そのため、複数の花粉が原因となり、花粉症を引き起こしている可能性もあります。

赤ちゃんの花粉症の原因とは?

なぜ、赤ちゃんでも花粉症になってしまうのでしょうか?原因は次の4つ。

  • 体内に一定量を越える花粉が蓄積される
  • 遺伝
  • アトピー性皮膚炎の赤ちゃん
  • 気管支喘息の赤ちゃん

赤ちゃんの花粉症の原因は、いくつか考えられる要因があります。最近では花粉の飛散量が増加傾向にあるため、赤ちゃんが早い段階で花粉症を発症する場合もあると言われています。

赤ちゃんの花粉症の症状

赤ちゃん ママ

赤ちゃんの花粉症の主な症状は、大人と同様に、くしゃみ・鼻水・目のかゆみです。特に花粉症の症状の中でも、赤ちゃんは鼻詰まりが多い傾向にあります。

鼻が小さいので詰まりやすく、鼻が詰まることで花粉が入ってこないため、くしゃみの症状は比較的出にくいようです。

また、赤ちゃんや子供は目の周りがむくんだり、目が充血したり、目に症状が現れる場合も多いです。しきりに目の周りをこすったりしている時は、花粉症の可能性があります。

赤ちゃんの花粉症の予防法~お出かけ編~

赤ちゃん 花粉症 予防 お出かけ 外出

赤ちゃんを辛い花粉症の症状に悩ませないために、効果的な予防法を知っておきましょう。以下では、外出時・帰宅時・室内で過ごすとき・食事の4つのシーンに分けて、赤ちゃんの花粉症の予防法をご紹介します。

まずは、お出かけする際に気を付けたいポイントです。

外出時の服装

赤ちゃんと一緒に外出する際は、服装選びに気をつけましょう。帽子あるいはおくるみなどで、赤ちゃんの髪の毛に花粉症の原因・アレルギー物質の付着も防ぐことができます。赤ちゃんが1歳半を過ぎているのであれば、市販されている赤ちゃん用のマスクも使えます。

●花粉がつきやすく除去しづらい生地:フリース、ニット、レザーなど
●比較的花粉を落としやすい生地:デニム、ポリエステル、ナイロンなど

外出する時間帯・天候

花粉が多く飛散するシーズンは、外出するタイミングも要注意。午後になると花粉がよく飛ぶため、できる限り午前中に外出するようにしましょう。花粉の飛散量が多くなる天候をまとめたので、参考にしてみてください。

  • 晴れた日
  • 前日に雨が降った日
  • 気温が高めの日
  • 湿度が低い日
  • 強い風が吹いている日

帰宅時

帰宅時に注意すべきポイントは、室内へ花粉を持ち込まないことです。玄関前で衣類を軽くはたいて付着した花粉を落としたり、上着を着用していた場合は脱ぎましょう。

花粉を払ったら、すぐにうがいと手洗い、そして赤ちゃんの顔を洗って体の内外に付着している花粉症の原因物質を落としましょう。お風呂で洗い流すのも効果的です。

赤ちゃんの花粉症の予防法~室内 編~

赤ちゃん 花粉症 予防 室内

洗濯物は部屋干しにする

生乾きの心配もありますが、花粉症の発症リスクを下げるためには部屋干しが理想的です。どうしても洗濯物は外に干したい場合は、帰宅時の対応と同じく、花粉を落としてから取り込むようにしましょう。

花粉を除去できる空気清浄機で綺麗な空気をキープ

よどんだ空気を入れ替えるべく換気をおこなうママは多いですが、換気をしてしまうと花粉も入ってきてしまいます。花粉との接触を避けるためにも、空気清浄機を使うようにしましょう。

起床時の床磨きや掃除機がけも、就寝中に床に落ちた花粉やホコリが取れるのでおすすめです。もし換気をしなければならなくなった場合は、花粉がさほど飛び交っていない早朝に短い時間だけおこなうようにしてください。

現在は花粉ブロック機能付きのカーテンや網戸もあるので、換気する際は使ってみてはいかがでしょうか。

十分な湿度を保つ

お部屋の空気が乾燥していると、鼻や喉などの粘膜が弱まります。加えて空気中に花粉が舞いやすくなるので、赤ちゃんが花粉症になる危険性が高まってしまいます。湿度計やアプリなどを使って、湿度はなるべく60%を保つようにしましょう。

赤ちゃんの花粉症の予防法~食事 編~

赤ちゃんを花粉症から守るためには、免疫力を高める働きを持つ食品の摂取が効果的です。免疫力をアップすることで、花粉が入ってきても反応しづらい身体をつくることができます。

花粉症の予防におすすめの食品は、乳製品・発酵食品・食物繊維の3種類。ヨーグルトや納豆、バナナなどを赤ちゃんに積極的に食べさせて対策するようにしましょう。

赤ちゃんが花粉症になったときの対策法とは?

ポイント

赤ちゃんにひどい花粉症の症状が見られる時は、かかりつけの医師に診てもらってください。ただし、花粉症の検査には血液を用いるため、1歳を過ぎた頃からの検査をおすすめします。

検査をして花粉症と診断されると、アレルギーの内服薬や点眼薬・点鼻薬などの処方薬を出してもらえます。各処方薬の注意書きをよく読んで、正しく使用しましょう。

また、花粉症の対策のひとつとして、体内にアレルギー物質を少量投与し、少しずつ量を増やしながらアレルギー物質に身体を慣れさせていくという対策法もあります。ただし、注射でおこなうことになるため、赤ちゃんには避けた方が無難だそう。赤ちゃんの内は、薬で症状を和らげた方がよいでしょう。

赤ちゃんの花粉症対策をしよう!

赤ちゃん 肌 皮膚

赤ちゃんが花粉症の症状で辛そうにしている姿は見たくないですよね。赤ちゃんが鼻水や目の痒みなどに悩まされることの無いよう、花粉症予防は家族一丸となっておこないましょう。

もし赤ちゃんが花粉症になってしまったら、悪化させないように病院を受診して、症状を和らげてあげてくださいね。

※1 参考文献:おおがクリニック | 花粉症

関連記事

ママ&プレママに
おすすめの特集

シェリールママをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter Twitter