赤ちゃんの耳掃除はやり過ぎ注意!いつから必要?やり方は?

赤ちゃんのパーツ別お手入れの中でも気になるのが耳掃除です。赤ちゃんは新陳代謝が活発だから、耳の中も汚れやすいように感じますよね。だけど小さくて繊細な赤ちゃんの耳、少しでも力加減を誤ったりしたら傷つけてしまわないか心配です。赤ちゃんの耳掃除のやり方や、いつから始めるか、頻度についてもご紹介します。

赤ちゃんの耳掃除はいつから必要?

赤ちゃん 耳 掃除

赤ちゃんの耳掃除はいつから必要だという定義はありません。生まれたばかりの新生児期は特別気にならなければ耳掃除は必要ないでしょう。

沐浴の際に耳についた水を拭き取ってあげる感覚で、耳をやさしく拭き取るレベルで構いません。

赤ちゃんの耳垢が気になってきたら、そのときから耳掃除を開始してあげましょう。沐浴やお風呂のあとは、耳垢がふやけて取り除きやすいので、耳掃除をするのにちょうどよいタイミングです。

赤ちゃんの耳掃除、耳垢を取る頻度はどのくらい?

女性 疑問

基本的には、赤ちゃんの耳垢を取るのは1ヶ月に一度くらいの耳掃除で十分です。少ないように感じる人もいるかもしれませんが、健康な赤ちゃんであれば、そこまで頻繁に耳掃除をする必要はありません。

そもそも、ごはんを食べたり、おしゃべりをしてあごを動かすと、耳垢は外耳道を通って自然に外に排出される仕組みになっています。また、耳垢は外のほこりや汚れから鼓膜を守る役割を持つとも考えられています。

耳垢を気にしすぎて、耳掃除を頻繁にし過ぎていると、知らず知らずのうちに外耳を傷つけている可能性も。思わぬ耳の病気の原因になりかねません。

大人も耳かきが気持ちよくて、頻繁に耳掃除をする人がいますが、耳垢は自然に出てくるものなので、実際には頻繁な耳掃除は必要ないのです。

赤ちゃんの耳掃除のやり方は?

耳掃除 綿棒 コットン ガーゼ

赤ちゃんの耳掃除は、繰り返しになりますが、基本的には耳の入り口付近の汚れを拭き取るぐらいで構いません。耳垢は1ヶ月に一度、または気になったときにお手入れしてあげます。綿棒でそっとやさしく取り除いてあげましょう。

赤ちゃんの耳掃除の詳しい手順を以下でご紹介します。

1.赤ちゃんを横向きにして耳の裏を拭く

耳掃除はお風呂上がりにおこなうのがベスト。赤ちゃんを横向きにして、ガーゼややわらかいタオルで耳の裏を押さえて拭きます。耳切れなどができていないかチェックしてあげるとよいですね。

2.耳の穴周りの水滴を拭く

耳の穴の周辺についている水滴を同じくガーゼやタオルでやさしく押さえながら拭きます。

3.耳のくぼみの水分を綿棒で拭く

次に綿棒を用意します。耳のくぼみに残った水分を綿棒をくるくると動かしながら拭き取ります。綿棒は短く持つと安全です。

4.耳垢を綿棒で取る

耳垢を取りたいときは、さらに綿棒を使って、穴に沿ってくるくると回します。このときも、綿棒は短く持つようにしてください。

あくまでも見える部分の耳垢だけとかき取るぐらいでOK。無理に耳垢を取ろうとして耳の奥まで綿棒を入れると、かえって押し込んで耳垢を詰まらせる原因になったり、繊細な耳の内部や鼓膜を傷つける可能性があります。

赤ちゃんの外耳道は大人よりも短くて、耳の入口から鼓膜までの距離が少ないため、大人の感覚で耳掃除をしていると、鼓膜を傷つけてしまいます。

赤ちゃんの耳掃除は耳鼻科でやってもらうのもおすすめ

病院 耳鼻科 医師

赤ちゃんの耳掃除、耳垢は耳鼻科で取ってもらうのもおすすめです。病気にかかったわけでもないのに、耳掃除くらいで耳鼻科に行くのは気が引けると思うかもしれまんが、耳掃除も医療行為のひとつ。

実は保険も適用されるので、負担も少なく済みますよ。これといった症状が気にならなくても、2~3ヶ月に1回くらいの頻度で耳鼻科で耳掃除してもらうとよいですね。

耳鼻科では、自宅でのお手入れではできない、専用のスコープを使って、耳の中を傷つけずに効果的に耳垢を取ってくれます。

さらに、赤ちゃんや小さな子供は中耳炎や外耳炎になりやすいので、定期的に医師にチェックしてもらえます。

赤ちゃんの耳が臭う、耳だれがが気になるときは?

注意点

赤ちゃんの耳垢の溜まり方には個人差があります。体質的にベタベタとした湿った耳垢の場合、耳奥に溜まってしまうことがあります。

また、慢性中耳炎による耳だれが奥にたまることも。耳垢が外耳道をふさぐまで溜まってしまう状態を、耳垢栓塞(じこうせんそく)といいいます。耳の聞こえが悪くなる可能性があります。

黄色い耳だれが見られたり、赤ちゃんが耳をよく触ったりする場合、外耳道炎(がいじどうえん)にかかっている可能性もあります。

いずれの場合も、赤ちゃんの耳が湿った耳垢が溜まったり、臭ったり、耳だれがあるときは、耳鼻科を受診するようにしましょう。

赤ちゃんの耳掃除はやりすぎないで

大人の感覚で耳掃除を進めていると、頻度を増やしたり、ついつい奥まで耳垢を取りたくなってしまいます。しかし、赤ちゃんの耳掃除はやり過ぎは禁物です。本来、耳垢は自然に出るものと頭に入れておき、適度な耳掃除を心掛けましょう。

関連記事

シェリールママをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter