妊婦のマタニティ整体の効果は?いつからいつまで行ける?

妊娠するとお腹が大きくなるにつれて、腰痛、背中や肩のこりに悩まされる妊婦さんが多いものです。そんな妊婦のマイナートラブルには、マタニティ整体が効果的。プロの手を借りることで、効果的に体の悩みを解消できます。今回は、マタニティ整体について、効果やいつからいつまで行けるのか、受ける際の注意点などをまとめました。

そもそも妊婦は整体に通えるの?

妊婦 マタニティ 整体

妊娠するとつきものなのが、妊婦さんを悩ますマイナートラブル。お腹の赤ちゃんが大きくなると共に、体内ではホルモンバランスが変化しており、背中のこりや肩こり、腰痛、足の付け根の痛み、手足のむくみなどが起こります。妊婦さんは、自由に薬を飲んだり湿布を貼ることもできなくなります。

そんな妊婦さんの体の不調に効果的なのがマタニティ整体。整体では、妊婦さんの全身の血行をよくしたり、歪んでしまった骨盤を矯正するよい作用があります。

マタニティ整体をしている整体院では、マタニティ用の特別な講習を受けているので安心です。妊娠の経過が良好で、妊婦さん自身の体調がよければ整体を受けても問題はありません。

整体を施術してもらうときの姿勢は、仰向け、横向き、座ったままなど、妊婦さんに無理のない姿勢でおこないます。

一般的な整体は、ボキボキと体を正すために、少し痛いイメージがありますが、マタニティ整体の施術はソフトでやさしく、妊婦さんにとって心地よいものとなっています。

マタニティ整体の主な効果は?

整体院

下半身周りの痛みに

妊婦さんの多くが経験する下半身周りの痛み。腰痛や恥骨痛、尾骨痛など、症状は様々ですが、そのほとんどの原因がホルモンや体重の増加による骨盤の歪み、関節の緩みによるものです。整体で骨盤の歪みや関節の緩みを矯正すれば、これらの症状の改善が期待できます。

妊婦特有の精神的なケア

妊婦さんの中には、出産への不安やプレッシャーなどにより、マタニティブルーに陥っている人もいます。精神的なストレスの症状は、ガチガチに凝り固まった筋肉が原因で、交感神経が興奮状態にあることが考えられます。整体で硬くなった筋肉をほぐせば、副交感神経が優位になり、精神的な不安感も和らぐ効果が期待できます。

逆子や早産の防止

赤ちゃんを包む胎嚢の周りは、肋骨や背骨、骨盤などに囲まれています。これらの骨が歪むと、胎嚢の形も歪み、赤ちゃんの居心地が悪くなり、逆子のリスクが高まります。骨盤矯正で骨が正常な位置に戻り、胎嚢がきれいな丸になれば逆子防止にも繋がります。

また、骨盤が開いていると赤ちゃんが下がってきてしまい、早産のリスクが高まります。同じく骨盤矯正で骨盤を締めてあげれば、早産予防にも役立ちます。

妊婦の整体はいつからいつまで行ける?

いつから いつまで

マタニティ整体へは、安定期(妊娠4ヶ月~)以降に行くようにしましょう。ただし、念の為に健診のときに、かかりつけの産科医に許可を取ってから通う方が安心です。

また、安定期以降であれば必ず安全ということはありませんので、母体とお腹の赤ちゃんを優先にして、体調と相談しながらにしましょう。

マタニティ整体には、いつまでといった明確な決まりはありませんが、妊娠9ヶ月位までとしている整体院やサロンが多いようです。中には、臨月まで施術の受け入れをしている整体院もあるので確認してみてください。

整体へ通う頻度は、妊婦さんの症状によって様々。週に1回の人もいれば、隔週で通う妊婦さんもいます。相談しながら自分に合うコースを選ぶようにしましょう。

マタニティ整体で妊婦生活を快適に過ごそう

妊婦

体のあちこちが痛い、辛いことを「妊婦だから仕方がない」と諦めていませんか?せっかくのマタニティライフを憂鬱な気分で過ごすのはもったいないこと。

妊婦さんも整体に通って、体も心もリフレッシュすれば、きっと出産前の貴重な時間を楽しんで過ごせますよ。お気に入りの整体サロンが見つかるとよいですね。

また、多くの整体院やサロンでは、産後の整体メニューも取り扱っています。妊娠と出産によって大きく歪んだ骨盤は、産後のケアが必須です。産後は半年位までが体型を戻しやすい時期なので、時間の合間を縫って整体に通うのもおすすめです。

ママ&プレママに
おすすめの特集

シェリールママをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter Twitter