赤ちゃんの顔にできる湿疹やブツブツの症状、原因、対策法は?

赤ちゃんのにいきなり湿疹やぶつぶつを見つけて、ビックリした経験はありませんか?何が原因?対策ケアはどうしたらいいの?と悩むママは多いものです。敏感な赤ちゃんの肌荒れ症状は早く治してあげたいですよね。今回は、赤ちゃんの顔にできる湿疹の症状や原因、対策法について詳しくご紹介します。

赤ちゃんの顔にできる湿疹の症状は?

赤ちゃん 新生児 顔 湿疹

赤ちゃんの顔に見られる湿疹やブツブツの症状はまとめて「乳児湿疹」と呼ばれ、生後1~2歳頃までは顔を中心に湿疹が出やすいです。この頃に顔にできる湿疹は、時間が経つにつれて自然と治まる事が多いので、過度な心配は必要ないと言われています。

赤ちゃんの顔に湿疹の症状が現れるような乳児湿疹は、主に「脂漏性湿疹」「乾燥性湿疹」「新生児ニキビ」の3種類があります。ここでは、それぞれの乳児湿疹の症状や原因についてご紹介していきます。

脂漏性湿疹

脂漏性湿疹 赤ちゃん

生後間もない赤ちゃんは、ママのお腹にいいる時にもらい受けるホルモンの影響で皮脂の分泌が盛んです。過剰に分泌された皮脂が肌の表面や毛穴に溜まり、これが原因で顔に湿疹が現れます。

主に顔や頭に黄色っぽいフケやかさぶたのような湿疹症状が出てきます。かゆみはほとんど無いものの、時にはジュクジュクとしてしまったり、炎症を起こして赤く腫れあがる事もあります。

乾燥性湿疹

赤ちゃん ほっぺ 乾燥性湿疹

赤ちゃんの皮膚はバリア機能が弱く、乾燥にとても弱いです。特に生後3ヶ月頃を過ぎると、お腹の中にいた時にママからもらったホルモンの分泌が落ち着いてくるので、肌が乾燥しやすくなります。

顔がカサカサしていたり、部分的に赤い湿疹があるという症状の場合は、乾燥性湿疹の可能性が高いでしょう。

新生児ニキビ

赤ちゃん ニキビ

脂漏性湿疹と同様に、過剰な皮脂が肌や毛穴に溜まる事が原因で顔に現れる新生児ニキビ。大人の顔にできるニキビと同じく、赤い湿疹が頬やおでこを中心に現れます。

新生児ニキビは外部から刺激を受けたり、肌が汚れる事で炎症を引き起こす場合もあります。さらに、赤ちゃんがニキビを引っ搔いたり、顔の患部を触る事でも症状が悪化してしまう恐れがあるので注意が必要です。

赤ちゃんの顔に湿疹ができてしまったときの対策法は?

赤ちゃん 顔

赤ちゃんの顔に湿疹やブツブツができてしまう主な原因は、赤ちゃんの皮膚がまだ弱く、敏感であるためです。できてしまった顔の湿疹は治療してあげなくてはいけません。ここでは、顔にできやすい主な湿疹の種類別に対策方法をご紹介していきます。

脂漏性湿疹、新生児ニキビの対策ケア

脂漏性湿疹や新生児ニキビができてしまったとき、皮脂が毛穴に詰まらないように清潔に保つように努めましょう。お風呂に入れた時に石鹸をよく泡立てて、顔も指の腹で優しく撫でるように洗ってあげます。

脂漏性湿疹がかさぶたのようになっている場合は、無理に剥がすと症状が悪化してしまう恐れがあるので注意してください。お風呂の前にかさぶたにベビーオイルを塗って時間を置いてふやかし、柔らかくすると自然に取れやすくなるのでおすすめです。

乾燥性湿疹の対策ケア

乾燥性湿疹は、症状の名前のとおり赤ちゃんの顔の皮膚が乾燥に耐えられず現れる症状です。そこで、対策方法として顔の保湿を強化する事がとても大切になってきます。

洗浄力の強い石鹸や熱いお湯で顔を洗ってしまうと、必要な皮脂が落ちてしまい、乾燥状態や湿疹を悪化させてしまいます。入浴後の顔の保湿ケアはもちろん、日常的にこまめな保湿ケアを心掛けてください。

赤ちゃんの顔の湿疹の予防法は?

ママ 赤ちゃん

赤ちゃんの顔の湿疹は、しっかりケアしてあげる事でできにくくなります。ここでは、赤ちゃんの顔に湿疹ができないようにするための予防法についてご紹介していきます。

清潔にする

お風呂に入った時、デリケートな赤ちゃんを傷付けないか必要以上に怖がって、お湯や石鹸で顔を洗わないというママがいます。しかし、新陳代謝の活発な赤ちゃんは想像以上に汗をかいているので、顔や身体が汚れた状態です。

汗をかいたままだったり、汚れが溜まって不衛生な状態だと肌トラブルを引き起こしやすくなります。お風呂に入れた時は、低刺激な赤ちゃん用の石鹸などで顔や頭もしっかり洗ってあげましょう。

保湿する

肌のバリア機能が弱い赤ちゃんにとって、保湿ケアは肌のバリア機能を高める絶対的な条件です。

国立成育医療研究センターの調査によって、「新生児から保湿剤を塗布することで、アトピーの発症リスクを3割も減らす事ができた(※1)」という研究結果が発表されています。保湿は、乳児湿疹だけでなく、将来の健康な肌づくりにも大きく影響します。

なお、赤ちゃんの保湿剤は、大人用でなく低刺激なベビーローションを使いましょう。

爪を短くする

まだまだ小さな赤ちゃんでも、爪は驚くほど早く伸びます。自分で自分の顔を引っ掻いてしまう赤ちゃんも多いでしょう。爪が伸びていると、顔にもダメージを与えてしまいます。また、湿疹ができている場所を引っ掻くと症状を悪化させてしまう恐れがあるので危険です。赤ちゃんの爪は短く切りそろえて、肌を傷つけないように注意してあげてください。

赤ちゃんの顔に湿疹は毎日のケアで予防しよう

家族

成長過程の赤ちゃんの肌、特に皮脂分泌量が大きく変化する顔は、少しの刺激でも湿疹やブツブツが出てしまいます。一度治っても、顔の乳児湿疹は繰り返し起こりやすく、症状が長期化することもめずらしくありません。

しかし、清潔と保湿といった日々のケアを習慣づければ、顔の湿疹は予防することは可能です。将来の健やかな肌づくりをサポートするためにも根気強く対策を続けましょう。

また、顔の湿疹がなかなか治らなかったり、また症状が悪化するような場合は、小児科や皮膚科を受診し専門家に相談することをおすすめします。

※1 参考文献:国立成育医療研究センター 世界初・アレルギー疾患の発症予防法を発見(アトピー性皮膚炎発症が卵アレルギーの発症と関連)

関連キーワード

シェリールママをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter