赤ちゃんの保湿にベビーローション・クリームおすすめ5選!

赤ちゃんの皮膚はスベスベに見えて、実は季節を問わず乾燥していています。年間通して毎日の保湿ケアは大切。国立成育医療研究センターの調べによると、新生児からの保湿剤塗布で、アトピー性皮膚炎の発症リスクを軽減できることがわかっています。そこで今回は、数ある保湿剤の中からおすすめのベビーローションやクリームをまとめました。また、「保湿はいつから始めるの?」など、ママが抱きがちなベビースキンケアのQ&Aも併せてご紹介します!

赤ちゃんに保湿は必要?

赤ちゃん 保湿 乾燥

きめ細かくて柔らかい、つるつる、すべすべなイメージが強い赤ちゃんの肌。しかし、実際には皮膚はとても薄くて、角質層は何と大人の半分ほどしかありません。

生後間もなくの新生児は、ママから譲り受けたホルモンによって皮脂分泌が活発ですが、生後2~3ヶ月を過ぎると、水分を皮膚に閉じ込めておくことができず、カサカサと乾燥しがちに。

肌が乾燥していると、外気の乾燥、ほこり、衣類との摩擦、食べこぼし、よだれ、汗といった外的刺激から皮膚を守るバリア機能が働かず、ブツブツの湿疹が現れます。これが乳児期特有の乳児湿疹です。

乳児湿疹を対策するためには、保湿剤で丁寧にケアをしてあげることが大切。保湿で皮膚の潤いを保つことで、乾燥や外的刺激に負けない健康な肌をつくることが可能です。

新生児からの保湿はアトピー予防にも効果的

国立成育医療研究センターが2014年に発表した研究によると、「新生児期からの保湿剤塗布によりアトピー性皮膚炎の発症リスクが3割以上低下(※1)」することが明らかになっています。

もし見た目にそこまで乾燥が気にならないとしても、新生児から保湿剤でケアしてあげることは、その子の将来の健康な美肌づくりのためにも必要といえます。

赤ちゃんの保湿剤の種類と選び方

保湿剤 クリーム ローション

保湿剤の種類

赤ちゃんの保湿剤には、次のような種類があります。

  • ベビーローション
  • ベビークリーム
  • ワセリン
  • ベビーオイル
  • 馬油
  • ベビーバーム
  • ベビーリップ

顔や全身など、広範囲の保湿にはベビーローションがおすすめ。何を買えばわからない場合、とりあえずベビーローションを持っておくとよいですね。

ベビーローションは大人の女性の化粧品で例えると、乳液のようなテクスチャーです。水分と油分がバランスよく配合されているので、塗りやすく保湿も長続きします。

ベビーローションだけでは保湿力がもの足りない部分にはベビークリームやワセリンを、ベビーマッサージにはベビーオイルがおすすめです。

ベビーバームやリップは唇や口周りなど、局所的に乾燥している部分に使います。持ち運びしやすいのも特徴です。

保湿剤 特徴と使い方
ベビーローション 水分と油分がバランスよく配合されており伸びがよい。顔や全身の保湿におすすめ。
ベビークリーム ベビーローションよりもこっくりとした使用感で保湿力が高い。乾燥が激しいほっぺ、肌荒れしやすいおむつまわりなどに効果的。
ワセリン 赤ちゃんには純度の高い白色ワセリンがおすすめ。浸透力はなく、肌表面に留まるので、肌荒れ予防のための保護膜をつくるのに最適。
ベビーオイル 重めのテクスチャーで主にベビーマッサージで使用。乳児脂漏性湿疹のケアやおむつまわりのケアにもおすすめ。
馬油 人間の皮脂に近い馬の脂肪を使った保湿剤。抗菌、抗炎症作用に優れており、肌荒れケアにもおすすめ。
ベビーバーム 手で付けるタイプやスティック状になっているものがある。唇やほっぺ、口周りなど乾燥している部分を保湿する。
ベビーリップ 唇の保湿に使う。赤ちゃんが舐めても安全なように、ベビー専用のリップがおすすめ。

保湿剤の成分

デリケートな赤ちゃんの肌に塗る保湿剤は、成分に着目して選びましょう。価格やコスパも家計のためには重要ですが、使用前にはパッチテストをして、安全性を確認してから使うことをおすすめします。

赤ちゃんの肌には刺激となる、添加物や石油由来成分は無添加であることを確認しましょう。オーガニック認証を取得している保湿剤だとなおよいですね。

赤ちゃんの保湿剤おすすめ5選

No.1 アロベビー ミルクローション

アロベビー ミルクローション

出典:www.alo-organic.com

●150ml/2,384円(税抜)
●380ml/4,600円(税抜)
※どちらもお得な定期便があります

Amazonや楽天のランキングで1位を獲得している、定番ベビーローション。おすすめの理由は、99%以上天然成分、世界的オーガニック認証のECOCERT(エコサート)基準、国産、という肌への安全性。新生児から安心して使えます。もちろん、成分のやさしさだけでなく保湿力の高さも人気。もちもちが長続きするのに、ベタつかないという口コミが多数です。

販売サイトで見る

No.2 アロベビー ベビークリーム

アロベビー ベビークリーム

出典:www.alo-organic.com

●内容量:75g
●税抜価格:2,100円 ※どちらもお得な定期便があります

こちらは同じくアロベビーのミルクローションよりも、テクスチャーがこっくり重め。その分、ローションタイプよりも保湿が長続きします。さらに、天然のハマナエキスやセイヨウニワトコエキスなどの抗炎症成分配合で、おむつかぶれなどの乳児湿疹を鎮めてくれます。ママのハンドクリームとしてもおすすめ。

販売サイトで見る

No.3 ヴェレダ カレンドラベビーミルクローション

ヴェレダ カレンドラベビーミルクローション

出典:www.amazon.co.jp

●内容量:200ml
●税込価格:1,880円~

ヨーロッパ発の人気オーガニックブランドとして有名なヴェレダ。乳液タイプのベビー用保湿剤です。容量が多いので使いやすく、新生児から始める保湿ケアしてにぴったりの保湿剤。赤ちゃんのおむつケアから全身の保湿まで使えます。成分の中に、肌荒れに効果的といわれるキク科の植物・カレンドラが使われています。

楽天市場で見るAmazonで見る

No.4 和光堂 ミルふわベビーミルキーローション

和光堂 ミルふわベビーミルキーローション

出典:www.amazon.co.jp

●内容量:150ml
●税込価格:533円

コスパ派におすすめの保湿剤。価格が比較的安めなので、毎日惜しみなく使えると口コミで人気です。母乳にも含まれるとされるオリゴ糖、リン脂質、イノシトールなどの保湿成分が使われています。無香料なので香りのある保湿剤が苦手な人にもおすすめです。

楽天市場で見るAmazonで見る

No.5 パックスベビー ボディクリーム

パックスベビー ボディクリーム

出典:www.amazon.co.jp

●内容量:50g
●税込価格:455円~

赤ちゃんの皮脂にも含まれるパルミトオレイン酸を含むマカダミアナッツ油を配合した保湿剤。石鹸で乳化しているので、ベタベタしにくく、伸びのよさも口コミで人気です。合成界面活性剤、合成防腐剤、着色料、香料は含んでいません。

楽天市場で見るAmazonで見る

赤ちゃんの上手な保湿のやり方Q&A!

赤ちゃん スキンケア 保湿

Q.赤ちゃんの保湿はいつからいつまでやる?

新生児から保湿ケアが必要です。新生児期は特に皮脂分泌が過剰で、新生児ニキビや乳児脂漏性湿疹ができやすいので、お風呂で清潔にしてあげることも大切。お風呂上がりは5分以内を目安に保湿を忘れずにおこないましょう。

いつまで、という明確な決まりはありませんが、乳児湿疹が治まるまでは保湿ケアを習慣づけることをおすすめします。その後は、赤ちゃんの肌質や成長に合わせてケアしてあげてください。

Q.赤ちゃんの保湿は夏も必要?

赤ちゃんの肌は季節を問わず乾燥しています。外気が乾燥する冬だけでなく、夏も保湿してください。

また、夏はあせもや虫刺され、日焼けなどといったスキンケアにも気を付けてあげましょう。

Q.赤ちゃんの保湿は1日何回おこなう?

1日何回まで、という決まりはありません。お風呂上がりは特に乾燥しやすいので保湿が必要です。

そのほか、お出かけ前や、外出から帰宅したとき、冷暖房でカサカサが気になるときなど、こまめに保湿してあげましょう。

ただし、汗や皮脂で汚れた皮膚に保湿剤を塗っても効果はありません。肌を清潔にしてから保湿してあげるのがポイントです。

Q.赤ちゃんの顔の保湿をうまくやるには?

赤ちゃんのほっぺや口周りは特に湿疹ができやすいところ。特に入念にケアしてあげたいですが、あまり時間をかけると嫌がってしまいます。できるだけさっと素早く、やさしく塗ってあげてください。

おでこや、首周り、耳のうらなども忘れずに保湿しましょう。

※1 参考文献:国立成育医療研究センター 世界初・アレルギー疾患の発症予防法を発見(アトピー性皮膚炎発症が卵アレルギーの発症と関連)

シェリールママをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter