妊婦におすすめの虫除けスプレー!蚊を媒介する病気から胎児を守る!

妊婦さんは服用する薬だけでなく、虫除けなどの肌に塗るものにも気を遣います。反面、妊娠中は体温が高くなるため、いつも以上に虫刺されに遭う可能性があります。体調や皮膚が敏感になっている妊婦さんでも安心して使える虫除けスプレーや虫除け対策をまとめました。

昨今、妊婦の虫除け対策が叫ばれている!

散歩をする妊婦のお腹

妊婦さんにとって虫刺されは、「たかが虫刺され」とはいいきれません。かゆみや腫れだけでなく、2016年リオオリンピック開催地のブラジルで猛威をふるったジカ熱や、東京・代々木公園で感染者が出たデング熱など、蚊を媒介して感染する感染症のリスクもあります。

特にジカ熱は、ジカ熱そのものによって死に至るような病気ではないものの、NIID国立感染症研究所によると「妊婦がジカウイルスに感染することで胎児が感染し、小頭症児が多発している。胎児が小頭症と確認された妊婦の羊水からジカウイルスRNAが検出され、小頭症で死亡した新生児の脳の病理組織からもウイルスが検出(※1)」されており、虫除け対策については「妊婦あるいは妊娠の可能性のある女性はジカ熱流行地への渡航を避けることが望ましい」と警鐘をならしています。

妊婦さんは、妊娠前よりも体温が高く免疫が落ちる傾向があるため、虫刺されに遭いやすく、また患部が炎症しがちです。妊婦さんこそ、いつも以上に虫除け対策を万全にする必要があるのです。

妊婦の虫除け対策はどうする?

蚊取り線香 ピレスロイド

1.ディート成分が含まれない虫除けを使う

スーパーやコンビニ、薬局で販売されている虫除けスプレーの大半には、「ディート(DEET)」という有効成分が配合されています。ディートとは、第2次大戦中にアメリカ陸軍によって開発された昆虫忌避剤です。

以来、虫除け剤として、日本を含む世界中で広く使われてきましたが、小児や妊婦への安全性については疑問が残ったまま。

日本においては、厚生労働省において、12歳未満の小児において、「6か月未満の乳児には使用しないこと」など、ディートを含有する医薬品及び医薬部外品に制限を設けています(※2)。

海外では、ディートを毎日使用していた妊婦から、精神遅滞、感覚運動強調障害、図顔面奇形の子供が生まれた例が報告されました。そのため、カナダでは「妊産婦、授乳期の女性がDEETを使用した場合の胎児等への影響については不明である(※3)」という発表もあります。

妊婦さんが使う虫除けスプレーは、ディート成分が入っていないものを選ぶ方が好ましいといえます。また、同様に出産後は赤ちゃんに使う虫除けもディートフリーを選びましょう。

2.肌の露出を控える

夏場の外出時は、衣類を調節してできるだけ肌の露出を控えるよう心掛けましょう。脱いだり着たりできるよう、通気性のよい長袖の羽織りを持ち歩くとよいですね。妊婦さんはシミができやすいので、日焼け対策にも効果的です。

3.自宅ではアロマやハーブを活用する

自宅での虫除けといえば蚊取り線香を使っている人が多いでしょう。蚊取り線香に含まれる「ピレスロイド」という蚊の忌避成分は、人体には無害といわれています。規定の使い方を守れば妊婦さんでも使えます。

ただし、化学成分を使わず、より安全に虫除けできる方法がアロマやハーブです。殺虫剤やディート入りの虫除けと比較すると効果は劣りますが、ハーブの中には、ゼラニウムやレモングラスなど、蚊が嫌がる成分を持つ植物があります。

インテリアとして置いたり、アロマを焚いたり、乾燥ハーブを置いておくと、虫除けしつつリフレッシュできるのでおすすめです。ただし、妊婦さんには禁忌とされているアロマもあるので、注意してください。

一般的に虫除けに効果があるとされるユーカリやシトロネラは、頻繁に使うと妊婦さんには注意が必要なアロマです。

妊婦におすすめの虫除けスプレー

1.アロベビー UV&アウトドアミスト

アロベビー UV&アウトドアミスト

出典:www.alo-organic.com

新生児の赤ちゃんから使えるほど安心の100%天然由来成分で処方されている虫除けミスト。日焼け止め効果も含まれるため、夏のアウトドア対策はこれ1本でOK。出産後は赤ちゃんとの兼用もおすすめ。ディートフリー、紫外線吸収剤フリー、添加物フリーで肌にやさしく使えます。

●内容量:80ml
●税抜価格:2,350円

(2018年8月21日 16:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

販売サイトで見る

2.パーフェクトポーション アウトドアボディスプレー エクストラ

パーフェクトポーション アウトドアボディスプレー エクストラ

出典:www.amazon.co.jp

ディートフリーのアロマな虫除けといえばこちらの商品。従来商品からリニューアルし、以前より120%香りの持続時間が長持ちするようになりました。上記画像の125ml容量のほか、持ち運びに便利な50ml容量のボトルもあります。虫除けなのに爽やかな香りが人気です。

●内容量:125ml
●税込価格:楽天/1,512円、Amazon/1,339円

(2018年8月21日 16:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

3.オーガニックマドンナ アロマガードミスト

オーガニックマドンナ アロマガードミスト

出典:www.rakuten.co.jp

天然由来成分100%、うちオーガニック原料を98%配合しているアロマ虫除けミストです。ディート、アルコール、防腐剤は含まれていません。虫除けなのに、オーガニックの香りに癒やされます。

●内容量:80ml
●税込価格:楽天/1,620円、Amazon/1,620円

(2018年8月21日 16:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

4.ママバター アウトドアミストアロマイン

ママバター アウトドアミストアロマイン

出典:www.amazon.co.jp

ナチュラル派の妊婦さん・ママを中心に人気のママバター。アルコール、シリコン、合成香料、合成着色料、鉱物油、パラベンは不使用で敏感な妊婦さんや小さな子供も安心して使える虫除けミストです。

●内容量:100ml
●税込価格:楽天/1,296円、Amazon/1,296円

(2018年8月21日 16:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

※1 参考文献:NIID国立感染症研究所 ジカウイルス感染症とは
※2 参考文献:厚生労働省 ディートを含有する医薬品及び医薬部外品に関する安全対策について
※3 参考文献:厚生労働省 各国の規制状況

ママ&プレママに
おすすめの特集

シェリールママをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter Twitter