妊婦は歯医者で治療できる?妊娠中の歯科はいつまで通える?

妊婦さんは虫歯や歯周病になりやすいと耳にした事はありませんか?お腹が大きくなると、歯医者に通うのも大変。また、お腹の赤ちゃんへの影響は無いのか心配になりますよね。そこで今回は、妊婦さんが歯医者に行ける時期や歯医者での注意点についてご紹介します。

妊婦が虫歯、歯肉炎、歯周病になりやすい原因は?

歯医者 歯科

妊婦さんは虫歯や歯周病などの歯のトラブルが起きやすく、歯医者に通う機会が多いと言われています。妊婦さんはなぜ虫歯や歯周病になりやすいのでしょうか?ここでは、妊婦さんに多く起こる歯のトラブルの原因についてご紹介します。

妊娠中のホルモンバランスの変化

妊娠中、女性ホルモンのバランスの乱れによっても歯のトラブルが引き起こされます。ホルモンバランスの乱れによって唾液の性質も変化し、妊娠前に比べて粘液度が増したドロドロした唾液になり、分泌量も減少します。

唾液の分泌が減少すると、妊婦さんのお口の中の抗菌作用は低下しやすくなり、虫歯や歯肉炎などの歯茎の腫れが起きやすくなるのです。

つわり

妊婦さんは、つわりが原因でお口のケアが疎かになり、虫歯や歯周病になりやすいと言われています。気持ちが悪くて歯が磨けなかったり、歯ブラシを口の中に入れるだけでも気持ち悪くなってしまったりする事が多いのです。また、うがいや洗口液ですら、気持ち悪さで思うように進まない経験のある妊婦さんも多いでしょう。

妊婦さんはつわりによる体調の変化が原因でお口の中が常に汚れた状態となり、虫歯や歯周病に繋がってしまう可能性が高いのです。

口内環境の変化

妊婦さんはホルモンバランスの変化や、酸っぱい物を食べたくなるなど、嗜好が変化することでお口の中が酸性に傾きやすい環境です。また、つわりの影響で胃酸が逆流することでも、口内環境は酸性に傾いてしまいます。

このように口内環境が酸性に傾くことで、歯の表面からミネラルが溶け出して妊婦さんは虫歯になりやすくなると言われています。

妊婦が歯医者に通えるのはいつまで?

女性 歯医者

妊娠初期の歯医者は危険性が高い

妊娠初期の妊婦さんは、歯医者への通院に関わらず、デリケートな時期です。歯医者での治療などで身体に負担をかけるのは、妊婦さんにとってよいことではありません。

歯医者の治療で緊張したり、長時間同じ姿勢でいると流産の危険性もあると言われ、理想的ではないとされています。また、妊婦さんはつわりで歯医者の治療が難しいというケースも多いです。

妊娠初期の妊婦さんは、どうしても必要な応急処置のみを行い、妊娠5~7ヶ月頃になってから本格的な歯科治療を行うことをおすすめします。

妊娠中期は安定期。治療するならこの時期に

妊娠5~7ヶ月頃の妊娠中期は、妊婦さんも赤ちゃんも安定している時期です。虫歯や歯科検診で妊婦さんに見つかった異常は、この時期に歯医者で治療しておくのが理想的です。

妊娠初期には飲めない歯科の薬も、中期の妊婦さんなら服用できることもあります。出産してしまうと赤ちゃんに時間をとられ、歯医者に通えずに虫歯を放置してしまうケースもあるので、妊娠中期の妊婦さんは口の中をキレイにするチャンス捉えてましょう。

継続的な治療が必要な歯周病に関しては、かかりつけの歯科医とよく相談して受診を進めるようにしましょう。

妊娠後期の歯医者通いは負担が大きい

妊娠後期になると、妊婦さんのお腹が大きくなってしまうので、歯医者で長時間同じ姿勢で上向きに寝転がるのが辛いという妊婦さんも多いでしょう。妊娠後期の妊婦さんの身体への負担を考えると、歯医者での治療は望ましくありません。

妊娠8ヶ月頃以降の妊婦さんは、どうしても必要な応急処置の治療のみ歯医者を訪れるようにして、産後1ヶ月以降に本格的に治療を行うようにしましょう。

妊婦が歯医者に行くときの注意点

注意

安全に歯医者に通える時期を把握した次は、妊婦さんが歯医者に行くときの注意点についてご紹介します。妊娠中も安心して治療をお願いできるように、しっかりポイントを把握しましょう。

歯科医に妊婦であることを必ず伝える

まずは妊婦さんが歯医者に行く注意点の基本中の基本。自分が妊婦であること、現在妊娠何ヶ月であるかを、歯科医に必ず伝えるようにしましょう。受診する歯医者に問診票があれば必ず妊娠中の旨を記載し、無ければ口頭で伝えるようにしてください。

また、問診票がある歯医者の場合には、かかっている産院の名前や主治医の名前、電話番号も記載するとことをおすすめします。

母子手帳を歯医者に持参する

歯科医に妊娠中の状態をわかってもらうために、役立つ情報のひとつが母子手帳です。母子手帳には産科医が妊婦さんの状態について書き込んでくれているので、歯医者に行くときに持参すると役に立つことがあります。

不明点は歯科医にしっかり質問する

歯医者の治療で特に気になるのは、レントゲン撮影や、麻酔が心配という妊婦さんの声は多いです。レントゲンは防護エプロンで保護されていたり、麻酔も局部麻酔で赤ちゃんに影響は無いと言われていますが、不安なときは必ず歯科医に相談して詳しい説明を受けましょう。

トイレに行きたくなったら遠慮無く申告する

妊婦さんはトイレが近いもの。歯医者での診療前にお手洗いを済ませても、治療中にトイレに行きたくなることがあるかもしれません。そんな時は我慢をしないで、歯科医に申告しましょう。

我慢をしてしまうと、身体に負担がかかり危険を招く可能性があります。トイレだけではなく、体勢が苦しくなったり気分が優れない時も我慢せずに歯科医に伝えるようにしてください。

歯医者の治療スケジュールをよく相談しよう

妊婦ではない時も当然のことですが、妊婦さんであればなおさら、歯科医と治療の方針やスケジュールについて、よく相談をしましょう。しっかり相談にのってくれる、安心して通える歯医者を探すのも大切なポイントです。

何かと身体への負担やストレスの多い妊婦さんも、できるだけスムーズに乗り切ることができるように、歯医者で治療スケジュール相談しましょう。

妊婦も歯医者で適切な診察を受けよう!

女性 歯

妊娠中は身体への負担も考えて、適切な期間に歯医者に通うようにしましょう。また、日々の歯磨きを徹底したり、口内ケアに気を遣いましょう。気になるところがなかったとしても、妊婦の期間中に歯科検診に行っておくことも必要です。

産後はどうしても赤ちゃんに手がかかり、きちんと歯医者に通うことが難しくなってしまいます。そこで、出産前に口の中を一度キレイにして、治療を済ませておくと理想的です。

自分の体調と相談しながら、適切な時期に歯医者を受診して、快適な妊婦生活を送りましょう。

ママ&プレママに
おすすめの特集

シェリールをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter