離乳食後期の献立の作り方、食事量、食べられる食材は?

離乳食後期は、赤ちゃんもママも離乳食に慣れてくる頃です。赤ちゃんが自分自身で食べる練習の第一歩、カミカミ期といわれています。手づかみ食べも始めたい時期ですよね。今回は、赤ちゃんの離乳食後期の進め方のポイントや、簡単にできるおすすめの離乳食の作り方についてご紹介します。

離乳食後期とは?

赤ちゃん 離乳食 食事

離乳食後期は生後9・10・11ヶ月頃

一般的に、生後9~11ヶ月頃が赤ちゃんの離乳食後期の目安と言われています。月齢はあくまでも目安なので、赤ちゃんの食べる様子を見ながら、ステップアップしていきましょう。まず最初に、赤ちゃんの離乳食のステップをご紹介します。

1.離乳食初期:生後5~6ヶ月頃

離乳食初期は「ゴックン期」とも呼ばれ、名前のとおり赤ちゃんが食べ物をゴックンと飲み込む練習をする時期です。

まだ上手に舌を動かす事が出来ないので、ペースト状の滑らかな離乳食が基本です。徐々に慣れて上手になってきたら、ペーストの中に小さな粒も混ざるようにしてステップアップしていきましょう。

2.離乳食中期:生後7~8ヶ月頃

離乳食中期は「モグモグ期」とも呼ばれています。赤ちゃんが食べ物への興味を持つようになり、舌で食べ物をつぶす練習をする時期です。

上手に口をモグモグと動かして嫌がらずに食事が出来ていたら、ママの指でつぶせる程度の食感のあるかたさの離乳食に移行していきましょう。食事の回数も1日2回に増やしていってください。

3.離乳食後期:生後9~11ヶ月頃

離乳食後期は「カミカミ期」とも呼ばれる、離乳食の最終段階です。離乳食後期は、歯茎を使って食べ物を噛む練習をする時期となります。

赤ちゃんが食べられる食材が増えてきたら、徐々に歯ごたえのあるかたさに挑戦していくように進めていきましょう。大きさやかたさを少しずつ変えながら、食事の回数も1日に3回食のスタイルにしましょう。

また、離乳食後期の赤ちゃんは、色々な事を自分でやってみたいという気持ちが出てくる時期でもあります。赤ちゃんが自分で食べる練習として、手づかみで食べられるような離乳食を取り入れてみるのもおすすめです。

離乳食後期、献立の作り方や食事量は?

女性 料理

離乳食後期は歯茎でつぶせるかたさが目安

冒頭でも少しご紹介したように、離乳食後期の食事の作り方は、赤ちゃんが歯茎でつぶすことが出来るくらいのかたさを意識しましょう。バナナや軟らかく煮たカボチャなどをイメージするのがおすすめです。

赤ちゃんが口の中でつぶさずに飲み込んでしてしまう時や、口から出してしまう時は、かたさや食べさせ方を見直してみてください。

栄養バランスに気をつける

離乳食後期になると、赤ちゃんは栄養の多くを離乳食から摂るようになります。そのため、離乳食の栄養バランスに気をつける事が大切です。

離乳食後期は、ハイハイが上達したり、つかまり立ちをするようになったりして運動量が増える時期。特に意識して離乳食に取り入れたい栄養素は鉄分です。

赤ちゃんは離乳食期になると、ママのお腹の中で蓄えた鉄分が底をついてしまい、体も急速に大きくなるので、鉄欠乏性貧血になりやすくなると言われています。

そんな時に効果的な栄養素が、血液中の酸素を運ぶヘモグロビンとなる鉄分。離乳食後期の離乳食には、鉄分が含まれる野菜などを積極的に取り入れていきましょう。

離乳食後期の食事量の目安

離乳食後期の赤ちゃんが1回の食事で食べる量の目安をご紹介します。適切なバランスで離乳食を食べさせられるように、離乳食作りの際には注意してみましょう。

  • ごはんなどの炭水化物:80g程度
  • 野菜などのビタミン類:30g程度
  • 肉・魚などのたんぱく質:15g程度

たんぱく質は、豆腐の場合は45g程度、乳製品の場合は80g程度、卵の場合は半分を目安で作ってあげましょう。

離乳食後期のおすすめ食材とレシピ

食材 野菜

離乳食後期の炭水化物

離乳食後期の赤ちゃんのごはんは、五倍がゆです。お米から作る場合は、お米:水は1:5の割合で炊きましょう。炊いた後のお米から作る場合は、ご飯:水が1:2の割合で作ります。

五倍がゆを1日3回少しずつ作るのは大変なので、数日~1週間分をまとめて作って冷凍しておくのがおすすめです。離乳食の冷凍用の容器や、製氷機を利用すると冷凍も解凍も簡単です。

うどんやパスタ、そうめんなどの麺類はやわらかく茹でて、赤ちゃんが食べやすいように1㎝程度の長さに切ります。

パンはやわらかいものなら、そのまま小さくちぎってあげましょう。かためのパンは、ミルクやスープに浸して柔らかくしてから食べさせるのがおすすめです。

離乳食後期の野菜・果物

離乳食後期の野菜は、鉄分が多く含まれるブロッコリーやほうれん草がおすすめです。ブロッコリーやほうれん草をやわらかく茹でて、5mm程度の大きさに切って冷凍しておけば、おかゆやスープに入れて簡単に使いまわすことが出来ます。

赤ちゃんが手づかみ食べが出来るようになったら、大根やにんじんなどの野菜を細く棒状に切って、だし汁としょうゆで煮たものも簡単でおすすめです。野菜を数種類使った、おやきやお好み焼きも離乳食後期の手づかみ食べに適しています。

離乳食後期のたんぱく質

離乳食後期に使用する肉類は、ひき肉がおすすめです。できるだけ脂分が少ない赤身のひき肉を使用するようにしましょう。赤身の豚肉や牛肉は、茹でてからみじん切りにすると離乳食に混ぜやすいのでおすすめです。

魚ならタラや鮭、マグロなどがおすすめです。まず茹でてから、小さくほぐして小分けにして冷凍しておくと便利です。離乳食に使いやすいシラスも、茹でて塩抜きをしてから冷凍しておきましょう。

離乳食後期に魚の缶詰を使いたい場合は、魚の缶詰の中でも国産で添加物が少なく、ノンオイルのものを選ぶと赤ちゃんの離乳食にも安心して取り入れられます。

離乳食後期はポイントをおさえて上手に進めよう!

赤ちゃん 食事

離乳食後期は食事の回数が1日3回に増える事や、赤ちゃんの動きも活発になる時期なので、ママは子育てがより慌ただしくなるかもしれません。冷凍のストックなどを上手に活用して、離乳食後期を乗り切っていきましょう。

赤ちゃんが健やかに育つように、栄養バランスに注意しながら、離乳食後期を赤ちゃんと一緒に楽しく進めていってください。

関連キーワード

シェリールママをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter