お宮参りの服装!ママにおすすめのファッションとは?

赤ちゃんの健やかな成長を祈るお宮参りはママにとっても晴れの場です。ですが、マナーや赤ちゃんのお世話、授乳のことを考えると、ただ好きな服装でよいという訳にもいきません。お宮参り服装に悩むママのために、おすすめのファッションや着こなしをご紹介します!

ママの服装の前に。お宮参りの知っておきたい基本について

赤ちゃん お宮参り

お宮参りとは?

お宮参りとは、その土地の守り神である産土神(うぶすながみ)に赤ちゃんが誕生したことを報告し、健やかな成長をお願いする行事のことです。昔は氏神様に参拝することで、「赤ちゃんを新しい氏子(うじこ)として祝福をうける」という行事と、「ママのお産の忌明け」の儀式の意味合いがありました。

しかし、現在のお宮参りは、赤ちゃんが無事に誕生した感謝と健やかな成長をお願いする行事という風潮になっています。最近のお宮参りでは、昔のような「氏子入りの儀式」というイメージが薄れてきているため、必ずしも出生地や住んでいる土地の神社でおこなわなくてもよいとされています。

お宮参りはいつおこなうもの?

一般的にお宮参りは、男の子で生後31~32日目、女の子で生後32~33日目におこなうのがよいといわれています。しかし、実際は地方によってバラつきがあったり、日取りにこだわる必要はなく、産後ママと赤ちゃんの体調を最優先して生後30日前後で大丈夫です。

夏や冬に無理をしておこなう必要はないので、気候のよい時期や赤ちゃん、ママ自身の体調が安定した頃におこないましょう。

お宮参りのママの服装、気を付けたいポイントは?

お宮参り 服装

派手な服装、露出の多い服装はNG

お宮参りの主役はママではなく、あくまで赤ちゃんです。また、最近ではしきたりにこだわらないケースも多いですが、「父方の祖母が赤ちゃんを抱く」というしきたりが残っている場合もあります。

そのため、お宮参りにおいてママは目立つ服装は控えるようにしましょう。お宮参りという観点からも、過度に派手な服装、露出の多い服装も避けることをおすすめします。

ダークカラーまたはパステルカラーの服装がおすすめ

お宮参りのママの服装は、着物でも洋装でも落ち着いた色を選びましょう。ダークカラーはフォーマルな印象もあり、落ち着いた雰囲気が出せます。

また、華やかさを出したい場合はパステルカラーなどの柔らかい色味がおすすめです。派手な印象を与えるような明るすぎる色は避け、やさしい雰囲気の色を服装に取り入れるようにしましょう。

靴は歩きやすく着脱が簡単なものが◎

ワンピースなどの洋装でお宮参りをするママの場合は、靴選びに気を配りましょう。神社は砂利道や石畳が多く、歩きにくい靴だと足や身体への負担が大きくなります。ママはヒールが高過ぎない靴を選ぶようにしましょう。もしも服装とのバランスが許せば、キレイめのフラットシューズでもよいですね。

また、お宮参りの際に神社で靴を脱ぐ可能性がある場合は、脱ぎ履きのしやすい靴を選ぶと楽ちんなのでおすすめです。

服装は家族に事前に相談を

お宮参りの前には、事前に家族や親族で話し合って服装を合わせるようにすると安心です。家や地域によっては服装に決まりごとがあるケースもあるので、それらを踏まえた上で、ママのお宮参りの服装を考えましょう。

ママのお宮参りの服装おすすめ3選

ここでは、ママにおすすめのお宮参りの服装について、マナーや常識もカバーしつつ、おしゃれもできるファッションとポイントをご紹介します。

1.着物

出典:www.rakuten.co.jp

出典:www.rakuten.co.jp

●付属品:着物、帯、長襦袢、バッグ、草履、扇子、帯揚げ、帯〆、肌襦袢、腰紐、前板、帯まくら、衿芯、コーリンベルト、だてじめ、足袋(プレゼント)
●レンタル価格(3泊4日):楽天/12,800円

(2018年10月19日 14:30時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見る

お宮参りは伝統行事のひとつです。お宮参りの服装には、伝統衣装である着物を着たいというママには、訪問着や色留袖がおすすめです。華やかな色を身につけると、気分も明るくなりますよね。そのほか、既婚女性の第一礼装である黒留袖、紋付の色無地でも大丈夫です。

ただし、着物を着ている間は授乳がほぼ不可能なので注意が必要です。着物を着たいママは、赤ちゃんが哺乳瓶に慣れているか、短時間でお宮参りが済むような場合にした方がよいですね。

2.授乳口付きフォーマルウェア

出典:www.rakuten.co.jp

出典:www.rakuten.co.jp

●サイズ:S、M、L
●カラー:ネイビー、ブラック
●税込価格:楽天/8,466円、Amazon/8,466円

(2018年10月19日 14:30時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

「赤ちゃんが哺乳瓶に慣れてない」「お宮参り後にお食事会など他の用事も入っていて、授乳できない服装だと困る」というママには、授乳口つきのフォーマルウェアがおすすめです。最近では、赤ちゃんだけ和装の祝い着で、両親の服装は洋装でお宮参りするという家庭も増えています。

授乳口をうまく隠したデザインの洋服が多く販売されていますので、離乳後も結婚式や入学式などの行事に着まわすこともできます。また、産後ママ向けにデザインされているので、体型のカバーも簡単に叶えてくれるママにおすすめの服装です。

3.ワンピースにスーツのジャケットスタイル

スウィートマミー セットアップスーツ

出典:www.rakuten.co.jp

●サイズ:S、M、L
●カラー:ベージュ、ネイビーストライプ
●税込価格(ワンピースとジャケットのセット価格):楽天/10,692円、Amazon/10,692円

(2018年10月19日 14:30時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

お宮参りに手持ちのお洋服で参加したいというママは、正座する場合にそなえた膝下丈のワンピースがおすすめです。上にスーツのジャケットを羽織れば、簡単にフォーマルな印象が出せます。

合わせるストッキングは、晴れの場に相応しいシンプルなものを選びましょう。もちろん寒い時期はタイツでも大丈夫です。産後の身体を冷やさないような服装にしてくださいね。

お宮参りの服装はママの負担が少ないもの選ぼう!

ママ 赤ちゃん 服装

お宮参りのママの服装選びで一番大切なことは、身体への負担と赤ちゃんのお世話への支障が少ないことです。ママにとっても家族にとっても思い出に残るお宮参り。気まずい思いをしなくて済むようにマナーを守りつつ、自分なりのおしゃれを楽しみながら、万全の服装でお宮参りを迎えましょう。

ママ&プレママに
おすすめの特集

シェリールママをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter LINE@