赤ちゃんにステロイド薬は危険?副作用、正しい使い方は?

赤ちゃんの乳児湿疹やアトピーの治療に、病院からステロイドが処方されることがあります。ステロイドと聞くと副作用について心配になるママも多いでしょう。ただし、ステロイドは正しく使えば、こわい薬でありません。ステロイドの効果や副作用、赤ちゃんへの使用方法についてまとめました。

ステロイドとは?赤ちゃんには危険な薬?

ステロイド 処方薬

赤ちゃんは皮膚のバリア機能が未熟で、少しの刺激にも敏感です。乳児湿疹や皮膚炎などの肌トラブルが絶えません。おむつかぶれ、よだれかぶれ、あせもといった乳児期特有の肌荒れは、基本的にホームケアで自然治癒することができます。しかし、症状が悪化したときやアトピー性皮膚炎に対して、病院から処方されるのがステロイド外用薬です。

さて皆さんは、ステロイドに対してどのようなイメージを持っていますか?「ステロイド=副作用が心配」という声をよく耳にします。まずは、ステロイドの効果と副作用について知っておきましょう。

ステロイドの効果

ステロイドは、乳児湿疹やアトピーによる皮膚の炎症を鎮静化したり、かゆみを抑えるのに有効な外用薬です。保湿剤よりも、短期間で炎症をしっかり抑えることができるのが、ステロイドの最大のメリットでしょう。

また、ステロイドとひと口にいっても、その効果の強さによって、Ⅰ群~Ⅴ群まで分類されます。顔面や陰部など皮膚への吸収率が高い部位には、弱いⅠ~Ⅲ群のステロイドが処方されます。同じく、赤ちゃんの肌に使う際も、皮膚が薄くて弱いので、ランクの低いステロイドが処方されます。

ステロイドの副作用

ステロイドの使用が不安視される理由に、副作用の心配があります。確かにステロイドは効果が強い分、副作用の心配もありますが、誤った知識を持っている人も少なくありません。

よく聞かれるのが、ステロイドを継続して使っていると「皮膚が薄くなる」というもの。これは、副作用の皮膚萎縮によるものです。そのほか、日本皮膚科学会によると(※1)、ステロイド使用について次のような副作用が考えられます。

ステロイド外用薬の局所副作用

  • ステロイドざ瘡(ニキビ)
  • ステロイド潮紅
  • 皮膚萎縮
  • 多毛
  • 細菌・真菌・ウィルスによる皮膚感染症
  • アレルギー性接触皮膚炎

また、一般的に、ステロイドの効果の高さと副作用の起こりやすさは比例します。そのため、副作用を避けるためには、必要以上に強いステロイドを使わずに、皮膚炎の重症度に見合ったランクを選ぶことが必要です。素人では判断が難しいため、医師の指示に従うようにしましょう。

ステロイドは正しく使えば赤ちゃんにとても効果的!

赤ちゃん 肌

ステロイドと聞いただけで、赤ちゃんへの使用を不安視する必要はありません。一般的に、皮膚の薄い赤ちゃんに処方されるのは、5段階の中でも弱いランクのステロイドです。ケースによっては、月齢の低い赤ちゃんの場合、ワセリンやプロペトといった保湿剤で薄めて処方されることもあります。医師の指示に従い使用することで、皮膚炎に対し効果的に治療することができます。

反対に、自己判断によってステロイドを使わなかったり、また使用する量や使用期間を守らなかったりすると、乳児湿疹やアトピーが治らずかえって悪化してしまう可能性も。重症な皮膚炎には、ステロイドを使って短期で治療してあげることも必要です。

赤ちゃんへステロイドの使い方、注意点は?

ステロイド 薬 副作用

1.医師の指示どおりに使う

大前提として、ステロイドを自分の判断で赤ちゃんに使うのは止めましょう。用法・容量、使用期間をきちんと守ってください。

2.短期集中で使う

赤ちゃんのステロイドは、皮膚炎を短期間で治療する目的で使われます。治癒後に使い続ける必要はありません。処方されたステロイドがなくなっても症状が改善されない場合、再度医師に相談しましょう。

3.患部のみに使う

ステロイドは保湿剤ではありません。広げずに患部のみに集中的に使うようにしてください。

4.古いステロイドは使わない

「前回分が残っているから」といった理由で、古いステロイドを使わないようにしてください。症状の度合いごとに適切なステロイドのランクが異なるため、都度医師に相談しましょう。

5.保湿剤はステロイドの後に塗る

赤ちゃんに保湿剤は、ステロイドの後に塗るようにしましょう。保湿剤の上から塗ると、ステロイドの薬の効果が正しく働きません。

6.カンジダ症や感染症には逆効果

乳児湿疹などの皮膚炎には効果的なステロイドですが、おむつかぶれに間違われやすいカンジダ症などの感染症には効果はなく、かえって逆効果になります。症状の違いは素人では判断がつかないため、病院を受診しましょう。

ステロイドを正しく使って赤ちゃんを肌荒れから守ろう

ステロイドは副作用がこわいだけの薬ではありません。きちんと使用方法を守ることで、ステロイドは赤ちゃんの肌を守ってくれるとても力強い見方です。乳児期は何かと皮膚トラブルに悩まされることが多いですが、気になる点は医師に質問し、ステロイドを正しく守ってかわいい赤ちゃんの肌を健康に保ってあげましょう。

※1 参考文献:公益社団法人日本皮膚科学会 皮膚科Q&A アトピー性皮膚炎Q8
※ 参考文献:大木皮膚科 ステロイド外用剤の作用と副作用

関連キーワード

ママ&プレママに
おすすめの特集

シェリールをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter