赤ちゃんの頭皮のうろこ・かさぶたの原因とケア、臭い対策!

赤ちゃんの頭皮には、突然うろこのような塊やかさぶたができてしまうことがあります。乳児湿疹の症状のひとつですが、その原因、正しいケア方法はどうしたらよいのでしょうか。また、赤ちゃんに多い頭皮の臭い対策についても併せてチェックしていきましょう。

赤ちゃんの頭皮のうろこやかさぶたの原因は?

見上げる赤ちゃん

一見、すべすべできれいな赤ちゃんの肌。だからこそ、頭皮に黄色いうろこ状の塊やかさぶたができていると驚いてしまいますよね。

多くの赤ちゃんが経験するこの頭皮の症状は、乳児脂漏性湿疹が原因です。新生児~生後2・3ヶ月の赤ちゃんによくみられます。乳児脂漏性湿疹は、全身にはできずに首から上の顔や頭皮にだけできるのが特徴です。出生直後の新生児はママのホルモンの影響を受けて皮脂分泌が活発。過剰な皮脂が頭皮の毛穴に詰まり、うろこやかさぶた、フケなどの皮脂の塊となって出現します。

頭皮にできる乳児脂漏性湿疹は特別な病気ではなく、赤ちゃん自身にも痛みやかゆみなどはないそうです。乳児期特有の肌荒れ症状のひとつなので過度に心配しなくても大丈夫。ホームケアで改善することが可能です。

赤ちゃんの頭皮は臭い?

赤ちゃんの口元

かわいい赤ちゃんの頭が臭いと感じたことはありませんか?赤ちゃんの頭皮が臭うのも、うろこやかさぶたと同様に、乳児脂漏性湿疹が原因です。新生児は皮脂分泌に加えて汗もよくかくので、頭皮が不衛生になりがちに。頭皮の皮脂や汗の汚れを放置すると、菌が化膿し臭いを発することがあります。

赤ちゃんの頭皮が臭いときは、汚れが溜まっている証拠でもあります。以下でご紹介する方法で、清潔を保つようにしましょう。

赤ちゃんの頭皮のうろこ・かさぶたのケア方法は?

ママに体を洗われる赤ちゃん

赤ちゃんの頭皮にうろこやかさぶたができてしまったときは、お風呂で肌を清潔にしてあげてください。

1.ベビーオイルでうろこ・かさぶたをふやかす

頭皮にできたうろこやかさぶたは、無理に剥がそうとすると肌が傷ついてしまいます。基本的には、自然に剥がれ落ちるのを待ちましょう。

うろこやかさぶたが剥がれかけの場合は、入浴前に頭皮にベビーオイルを塗ります。15~20分ほど時間を置くと頭皮がふやけてやわらかくなるので、入浴時に指でやさしくマッサージするだけで、うろこやかさぶたがするっときれいに剥がれますよ。

◇おすすめケアアイテム!ANGE(アンジュ) ベビーオイル

蛯原英里さんプロデュースの国産オーガニックのベビーオイル。天然由来成分100%で新生児から安心して使えます。抗酸化作用が高く、酸化しにくい「神の木」と呼ばれるマルーラオイルを使用。すっとなじむ、伸びの良いテクスチャーでベビーマッサージにぴったりです。やさしい無香料。

●内容量:80ml
●税抜価格:2,400円

販売サイトで見る

2.ベビーソープ・石鹸を使って洗う

赤ちゃんをお風呂に入れる際は、お湯だけでなく、専用のベビーソープやベビー石鹸を使用します。毛穴汚れを取り除いてくれると共に、保湿成分で皮膚に必要な油分を残してくれます。ニキビやあせもなどの乳児湿疹の予防にも効果的です。ただし、大人用のボディソープは洗浄力が強いので赤ちゃんには不向き。赤ちゃん専用商品を使いましょう。

◇おすすめケアアイテム!アロベビー ベビーソープ

99%以上天然由来成分の純国産オーガニックのベビーソープ。世界的オーガニック基準、エコサート認証を取得しています。石油系界面活性剤やパラベン不使用で、赤ちゃんの頭から体まで安心してしっかり洗うことができます。クリーミーな泡立ちのフォームタイプだから赤ちゃんを抱きながらでも洗いやすいのがうれしいポイント。

●内容量:250ml→300ml
●税抜価格:1,950円
※今だけ数量限定で価格そのまま20%増量中!

販売サイトで見る

3.すすぎはしっかりと

ベビーソープや石鹸の泡のすすぎ残しは頭皮の乳児脂漏性湿疹を悪化させます。熱過ぎないシャワーでしっかりとすすいで
ください。その際、頭皮のうろこやかさぶたがきれいに取れなくても、無理に剥がそうとはせずに翌日以降にケアしましょう。

赤ちゃんの頭皮のうろこやかさぶたはいつか治る

ママとスキンシップを楽しむ赤ちゃん

赤ちゃんの頭皮のうろこやかさぶたは、見た目に痛々しく感じるために心配になってしまいます。しかし、皮脂分泌が落ち着く生後3・4ヶ月を迎えると、乳児脂漏性湿疹は徐々に治ります。頭皮の乳児脂漏性湿疹は「誰もが通る道」とゆったりとした気持ちで構えましょう。

赤ちゃんの頭皮のうろこやかさぶたが落ち着くと、今度は肌の乾燥やカサカサが始まります。その際も、ケアの基本は肌を清潔に保つことなので、基本のお風呂ケアを徹底してくださいね。将来の健やかな肌づくりのためにも、新生児からのスキンケアを始めましょう。

関連キーワード

ママ&プレママに
おすすめの特集

シェリールをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter