授乳中でもヘアカラーはできる?気になる母乳への影響は?

授乳中のママは美容室でヘアカラーをすると、母乳に影響があるのでは…というウワサを聞いたことがありませんか? 産後はママ自身の抜け毛なども気になるところですが、何より気になるのはやっぱり赤ちゃんのこと。そこで今回は、授乳中のママのヘアカラーについて、気になる話をまとめました。

授乳中にヘアカラーはできる?母乳に影響する?

美容院でヘアカラーをしてもらう女性

基本的に母乳に影響はない

まず、授乳中のママであっても、基本的にはヘアカラーをすることは可能です。

多くのママが気になっている母乳への悪影響について。様々な意見はありつつも、一般的な頻度と方法でおこなう分には、ヘアカラー剤が母乳に悪影響を与えるという医学的根拠はありません

ヘアカラー剤の成分が頭皮から多少吸収されるとしても、母乳にまで分泌される量はごく微量で、影響はないと考えられています。

ただ、神経質になってしまうほど心配であれば、ママ自身の精神衛生上、授乳中のヘアカラーは控えた方がよいかもしれません。

授乳中のヘアカラーは、母乳や赤ちゃんへの影響よりも、次のように、ママ自身に身体に無理をさせてしまう可能性が考えられます。

頭皮に刺激となりやすい

母乳育児の有無を問わず、産後のママの身体はまだまだ本調子ではありません。体内のホルモンバランスの変化によって、頭皮がデリケートな状態です。

普段なら問題のないヘアカラー剤でも刺激となりやすく、皮膚トラブルが起こることがあります。

産後抜け毛を悪化させる可能性も

さらに、産後2~3ヶ月目頃からは抜け毛がひどくなります。ヘアカラー剤の刺激によって、抜け毛を助長させてしまう可能性も。

産後抜け毛自体は、一過性のもので、育毛剤などを使う必要もありません。できるだけ栄養と休養に気を配りながら、落ち着くのを気長に待ちましょう。

美容院での長時間の施術による腰痛やむくみ、おっぱいの張り

美容院でヘアカラーの施術をしてもらう場合、どれだけ早くても1時間半~2時間程度はかかってしまうもの。産後は腰痛やむくみが起こりやすく、長時間同じ姿勢でいると身体に負担がかかってしまうかもしれません。

また母乳育児中は、何時間も授乳せずにいると胸が張ってしまうため、乳腺炎になりやすいママは注意が必要です。

授乳中にできるだけ安心してヘアカラーをするために

ヘアカラー カラーリング 薬剤

「授乳中でもやっぱりヘアカラーを楽しみたい!」

そんなときは、少しでも安心してヘアカラーできるよう、次のポイントに気を付けてみましょう。

セルフカラーはしない

授乳中はできるだけセルフカラーはおこなわず、美容院でヘアカラーをしてもらうようにしましょう。自宅でできるヘアカラーは手軽で便利ですが、一般的に市販のヘアカラー剤は「どんな髪質の人でも染まるように」成分が強くなっています。その分、頭皮や抜け毛へのダメージも大。市販のヘアカラー剤には、「妊娠中・授乳中は使用を控えてください」といった注意書きのある製品も多いです。

さらに授乳中に限らずとも、赤ちゃんがまだ小さいうちはカラーリング薬剤を誤飲したりするリスクもあります。

1日の施術メニューはヘアカラーのみにする

授乳中は長時間の施術が影響して、乳腺炎を引き起こしてしまう可能性があります。ヘアカラーと同時にカットをしたい、といった場合も、少し面倒ではありますが、別の日に分けて施術してもらうようにしましょう。

事前に美容師さんに相談する

授乳中により安全にヘアカラーするためには、プロに相談するのが一番。中にはオーガニックヘアカラーなど、低刺激なカラーリング薬剤を用意してくれる美容院もあります。

また、授乳中の腰痛などがつらい場合も、我慢せずに美容師さんに相談するようにしましょう。

授乳中のヘアカラーは無理をしないで

髪をなびかせる女性

授乳中のヘアカラーに過度に不安を感じるようであれば、卒乳まではヘアカラーを控えることをおすすめします。ママ自身の頭髪や身体のためにも、無理をせず休息を優先させる方がよいでしょう。

一方で、時には美容院に行ってリフレッシュしたり、髪型を変えて気分を上げることも大切。今回ご紹介した注意点に気を付ければ、ヘアカラーを楽しむことは可能です。

また赤ちゃんを預けて美容院へ行く際は、お世話をしてくれる人やミルクなどをきちんと準備しておきましょう。

ママ&プレママに
おすすめの特集

シェリールママをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter LINE@