授乳中でもヘアカラーはできる?気になる母乳への影響は?

授乳中のママは美容室でヘアカラーをすると、母乳の質や赤ちゃんに影響があるという話しを聞いたことがありませんか?ママ自身の頭皮や髪、抜け毛も心配ですが、何より気になるのは赤ちゃんのこと。そこで今回は、授乳中のママが安全にヘアカラーをするための注意点についてご紹介してます!

授乳中はヘアカラーできる?注意したいリスクとは?

注意点

産後ママの身体はまだまだ本調子ではありません。妊娠前の健康な状態に戻っている途中なので、体内のホルモンバランスは整っていません。一見健康に思えても、実は外部の刺激に過敏に反応しやすい状態。そのため授乳中にヘアカラーをすると、以下のようなトラブルが起こり得る可能性があります。

1.抜け毛

出産後や授乳中は体内のホルモンのバランスが崩れやすく、さまざまな症状が現れます。産後抜け毛も代表的な症状のひとつ。さらにヘアカラーすることによって、カラーリングの薬剤が頭皮にダメージを与え、抜け毛を助長させてしまう可能性があります。

ホルモンバランスが整うにつれて、抜け毛は徐々に落ち着いていきますが、頭皮が元の状態に戻るには時間が掛かります。産後のホルモンバランスが不安定な状態でヘアカラーを強行すると、発育不全の髪の毛が生えてきたり、健康な髪の毛が生えてこない可能性も考えられます。

2.頭皮の肌荒れ

ヘアカラーは、一般的に髪の毛の持つ色素を抜きながら色を染めていくので、頭皮への刺激が強い薬剤を使用します。妊娠中や授乳中でなくても、ヘアカラーに使用する薬剤は人間の髪の毛や頭皮に大きな負担を与えるものです。

特に授乳中は、ホルモンバランスが乱れがちで、乾燥肌になりやすいもの。頭皮の皮脂も不足しているので外部からの刺激をダイレクトに受けてしまいます。頭皮が傷つくと、フケ、かぶれ、湿疹などの症状が現れる可能性があります。

3.母乳への影響

授乳中のヘアカラーによる母乳への影響については、専門家や医師の間でも意見が分かれています。一般的には授乳中にヘアカラーをおこなっても、身体や母乳に悪い影響を与えるといった医学的根拠はないといわれています。

ただし、ヘアカラーの薬剤に含まれる有害物質は皮膚から吸収されるため、少なからず身体に影響があるという意見も出ています。赤ちゃんへの影響を心配するようであれば、授乳中のヘアカラーは控えることをおすすめします。

4.長時間の施術による腰痛やむくみ

美容院でヘアカラーの施術をしてもらう場合、どれだけ早くても1時間半~2時間程度は掛かってしまうもの。授乳中はもともと腰痛やむくみが起こりやすく、長時間同じ姿勢でいると症状を悪化させてしまうことがあります。

また母乳育児中は、何時間も授乳せずにいると胸が張ってしまい、乳腺炎になる危険性も。授乳中のヘアカラーは、ママ自身の身体にも負担がかかる可能性があります。

授乳中のヘアカラーを安全におこなうためには?

ヘアカラー カラーリング 薬剤

授乳中でもヘアカラーを楽しみたい!そんなとき、少しでも安全にヘアカラーするためのポイントをご紹介します。

セルフカラーはしない

授乳中はできるだけセルフカラーはおこなわず、美容院でヘアカラーをしてもらうようにしましょう。自宅でできるヘアカラーは手軽で便利ですが、一般的に市販のヘアカラー剤は「どんな髪質の人でも染まるように」成分が強くなっています。その分、頭皮や抜け毛へのダメージも大。市販のヘアカラー剤には、「妊娠中・授乳中は使用を控えてください」といった注意書きのある製品も多いです。

さらに授乳中に限らずとも、赤ちゃんがまだ小さいうちはカラーリング薬剤を誤飲したりするリスクもあります。

1日の施術メニューはヘアカラーのみにする

授乳中は長時間の施術が影響して、乳腺炎を引き起こしてしまう可能性があります。ヘアカラーと同時にカットをしたい、といった場合も、少し面倒ではありますが、別の日に分けて施術してもらうようにしましょう。

事前に美容師さんに相談する

授乳中により安全にヘアカラーするためには、プロに相談するのが一番。中にはオーガニックヘアカラーなど、低刺激なカラーリング薬剤を用意してくれる美容院もあります。

また、授乳中の腰痛などがつらい場合も、我慢せずに美容師さんに相談するようにしましょう。

授乳中も注意すればヘアカラーはできる

女性 髪の毛

授乳中のヘアカラーに過度に不安を感じるようであれば、卒乳まではヘアカラーを控えることをおすすめします。精神的な不安を抱えたまま、ヘアカラーをおこなう必要はありません。

一方で授乳中のママでも、時には美容院に行ってリフレッシュしたり、髪型を変えて気分を上げることも大切。今回ご紹介した注意点に気を付ければ、ヘアカラーを楽しむことは可能です。また赤ちゃんを預けて美容院へ行く際は、お世話をしてくれる人やミルクなどをきちんと準備しておきましょう。

シェリールママをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter