産後ヨガのうれしい効果とは?簡単にできるおすすめポーズ

産後は妊娠による体型の変化に悩む女性が多いです。産後ヨガは骨盤戻しや体の回復など、産後の身体によい効果をもたらしますが、具体的に普通のヨガとはどう違うのでしょうか?今回は、産後ヨガの嬉しい効果や、自宅で挑戦できる簡単なポーズをご紹介します。

産後ヨガとは?普通のヨガとどう違う?

産後 ヨガ 女性

ヨガの基礎知識

そもそも「ヨガ」とは、呼吸を整え、瞑想をおこないながら心身を鍛錬する方法のひとつとして、古代インドの人々に取り入れられてきました。日本においては、奈良時代に仏教の修行法として取り入れられたことが始まりといわれています。

NPO法人日本YOGA連盟によると「戦後以降は心身の健康に役立つものとして、ヨガの分野の中の体操的、健康法的位置づけとして広がった」とされており、日本でもヨガは古くから親しまれていることがわかります。

産後ヨガの効果

産後ヨガは、出産を終えた女性の身体の変化や悩みの解消に寄り添ったポーズを中心とするヨガを指しています。自宅でも気軽に取り入れられると、ママから注目されている産後ダイエットのエクササイズ方法のひとつです。

産後ヨガがもたらす身体的な変化として、骨盤の開きやボディラインの崩れを矯正したり、出産時にダメージを受けた身体を回復に導くといった効果が期待できます。

また、産後ヨガで呼吸を整えることで脳や血液により多くの酸素が送られ、精神的に安定しストレス改善にも効果があるといわれています。

産後ヨガのメリット

産後ヨガのメリットは、自宅で隙間時間に気軽に取り入れられるということ。ママは、子育てと家事に追われて生活サイクルが崩れやすく、ヨガやエクササイズのためだけに時間を割くことが難しいという理由から、ついつい運動不足に陥りがち。

産後ヨガであれば、自宅にいながら、数分程度空いた時間さえあれば簡単に取り入れられるため、忙しいママにもぴったりのエクササイズ方法といえます。横になっておこなうポーズもあるので、赤ちゃんを寝かしつけている間にも、隣でできて効率的ですよ。

妊婦にもうれしい産後ヨガ

さらに、厚生労働省の研究結果によると「妊娠第18週ないし20週の健康な妊婦において、統合的ヨガの練習は標準的妊婦運動よりも自覚ストレスを減少させる(※1)」と発表されています。

産後ヨガで精神を落ち着かせることで心も穏やかになり、産後ママにとっても妊娠中のプレママにとっても、ストレス解消に効果的です。

産後ヨガはいつから始める?

いつから 手帳

産後の体型の変化や骨盤の開きが気になるという女性にとって、「出産したらすぐに産後ヨガやダイエットを始めなければ」と思ってしまうかもしれません。ですが、産後まもなくはしっかりと身体を休めて、身体を回復させることが最優先です。

産後ヨガは、産後1ヶ月程度後を目安に、少しずつ取り組んでいきましょう。帝王切開で出産したママの場合は2ヶ月程度は身体を休め、様子を見ながらヨガを試すようにしてください。

産後ヨガをおこなうときの注意点は?

注意

シンプルでゆったりとした動きの産後ヨガですが、基本となる腹式呼吸などの呼吸法をしっかり意識しながら丁寧におこなうと、とても汗をかきます。通気性がよく、動きやすい服装でチャレンジしましょう。

また、産後ヨガに慣れるまではバランスを崩して滑ってしまう可能性もあります。転倒防止のために、ヨガマットを用意しておくことも怪我の予防に効果的です。

食事の後すぐや、入浴の前後に産後ヨガをおこなうと、内臓や心臓に負担をかけてしまいます。食後は2時間程度、入浴前後30分程度は産後ヨガをおこなわないように注意しましょう。

産後ヨガの簡単なポーズおすすめ3選

産後 ヨガ ポーズ 女性

産後ヨガを始める時には、産後ヨガのスクールに通って先生に教えてもらう方法や、産後ヨガのやり方をまとめた本、産後ヨガのレッスンDVDなどで学ぶという方法もあります。ここでは、産後ヨガ初心者のママ向けの簡単な産後ヨガのポーズをご紹介します。ぜひ試してみてくださいね。

骨盤の開きが気になるママにおすすめ「橋のポーズ」

1.両ひざを曲げて仰向けで寝る
2.手のひらは背中の下で組む
3.内ももの力を意識しながらお尻を少し浮かせて30秒間キープする

骨盤矯正と腰痛対策に「合せきのポーズ」

1.両ひざを曲げて床に座る
2.両膝を左右に広げていき床に近づけて、足裏をぴったり合わせる
3.そのままの体勢で息を吐きながら、前屈して深呼吸を5回
4.息を吸いながら身体を起こし、深呼吸を5回
5.3と4の動作を5~10回程度繰り返す

抱っこ疲れの肩こりに「鷲のポーズ」

1.座った状態で腕を伸ばし、ひじ同士を交差させる
2.しっかり深くクロスするように意識しながら、両腕のひじを曲げる
3.ひじを直角になる程度まで曲げて、前腕も交差させ、手のひらを内側にして両手が合わさるようにする

※このポーズだけでも肩や背中の筋肉を伸ばすことができますが、このままの姿勢でゆっくり呼吸をしながら背中を丸めたり、起こしたりを繰り返す方法も肩こり解消に効果的です。

産後ヨガで効率よくエクササイズを!

ヨガ 女性

産後ヨガは、特別な器具は必要なく、自宅にいながら子育ての合間でも簡単に取り組めるのが魅力です。元気に子育てに取り組むためにも、日常の中に上手く産後ヨガを取り入れて効率よくエクササイズを試してみてくださいね。

※1 参考文献:生労働省 統合医療情報発信サイト 「健康な妊婦において統合的ヨガとヨガ的リラクセーション実習が、自覚されたストレスと心拍変動に及ぼす影響を評価する」

ママ&プレママに
おすすめの特集

シェリールママをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter Twitter