ワセリンは赤ちゃんの保湿、乳児湿疹に効果的?使い方は?

ドラッグストアなどで手軽に買えるワセリン。ワセリンは大人だけでなく、赤ちゃんの乳児湿疹ケアにも使える万能保湿剤です。ただし、赤ちゃんに使う際は知っておきたい注意点もあります。ワセリンの効果や使い方について、おすすめ商品情報と併せてご紹介します!

ワセリンは赤ちゃんの保湿に使える?乳児湿疹には効くの?

赤ちゃん 保湿 乾燥

ワセリンは鉱物油、つまり石油を原料に作られています。中には、石油を赤ちゃんの肌に塗るなんて・・と心配に感じる人もいるかもしれません。しかし、商品化されているワセリンは、当然肌に塗ることを前提に作られており、赤ちゃんの顔や唇に塗って舐めてしまっても安全性に問題はありません。

ワセリンの中でも、敏感で肌荒れしやすい赤ちゃんには、できるだけ精製度が高く不純物の少ない白色ワセリンを使いましょう。よく見かける黄色いワセリンではなく、白色(半透明)のワセリンです。白色ワセリンは不純物が少なく、赤ちゃんやアトピー肌の人にもおすすめです。

ワセリンは化粧水やローションと異なり、水分を含んでおらず、皮膚の角質層まで浸透する効果を持っていません。皮膚表面に留まり「保護膜」をつくって、外的刺激や乾燥から肌を守ってくれる働きがあります。乾燥が激しい部分や、摩擦を防ぎたいおむつかぶれの予防に効果的です。

ワセリンは治療薬ではない

一方で、ワセリンは薬ではなく抗炎症作用はないため、治療向きの保湿剤とはいえません。あくまでも水分の蒸発を防ぎ、皮膚表面を保護する役割です。また、アトピー性皮膚炎による湿疹には逆効果になることがあります。アトピーの治療や乳児湿疹がひどいときは、自己判断でワセリンを使わずに医師に相談しましょう。

ワセリンの効果的な赤ちゃんへの使い方

ワセリン バーム

ワセリンを赤ちゃんに使用するときは、まずは皮膚を清潔にしてから塗るようにしましょう。また、ワセリンは保湿効果が高い反面、厚塗りし過ぎると皮膚呼吸ができず熱がこもりがちに。ワセリンは薄く伸ばすのがポイントです。

顔全体や全身といった広範囲の保湿には、ワセリンを使うようりも、水分と保湿成分をバランスよく含むベビーローションやベビークリームの方がおすすめ。肌に水分を補給したうえで、乾燥が激しい部分にワセリンを重ね塗りすると効果的ですよ。

そのほか、ワセリンには次のような使い方があります。

おむつかぶれの対策に

赤ちゃんのおむつ替えの際に、排泄物による汚れをきれいしに、おしりに薄く伸ばしましょう。おむつがこすれる部分も忘れずに。おむつとの摩擦や排泄物による刺激からおしりを保護し、おむつかぶれを予防します。

ほっぺや唇の乾燥対策に

赤ちゃんのほっぺや唇はカサカサに乾燥しやすいです。指にワセリンの少量を取って、こまめに塗ってください。特にお風呂上がりは乾燥しやすいので、早めに塗ってあげましょう。口周りにワセリンを塗ると、食べこぼしやよだれによるかぶれの予防にも効果的です。ママのリップとしてもおすすめ。

耳切れのケアに

寝返りが多い赤ちゃんは耳切れもしやすいです。耳たぶを倒して、耳の裏にワセリンを塗ってあげましょう。

赤ちゃんにおすすめのワセリン

1.サンホワイトP-1

サンホワイトP-1

出典:www.amazon.co.jp

香料、着色料、保存料は無添加の高品質な白色ワセリン。敏感な赤ちゃんにも安心して使え、健やかな皮膚状態を保ちます。おむつかぶれの予防にもおすすめです。

●内容量:50g
●税込価格:楽天/1,080円、Amazon/1,080円

(2018年8月13日 10:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

2.ベビーワセリン

ベビーワセリン

出典:www.amazon.co.jp

商品名のとおり、デリケートな赤ちゃんに合わせて作られたワセリンです。従来の白色ワセリンに比べて、不純物が少なくテクスチャーがやわらかいのが特長。動き回る赤ちゃんにも塗りやすいです。

●内容量:60g
●税込価格:楽天/493円、Amazon/358円

(2018年8月13日 10:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

ワセリンで赤ちゃんを肌荒れから守ろう

赤ちゃん ママ 親子

ワセリンは赤ちゃんのおむつかぶれや乳児湿疹の予防、大人のリップとして、あかぎれのケアなど、さまざまな肌荒れに効果的なので、家庭に1本持っておくと万能です。ワセリンを塗る前は患部を清潔にしてから使うようにしましょう。

また、赤ちゃんには高純度・高品質なワセリンを選ぶこともポイントですよ。ワセリンを活用して、肌荒れから赤ちゃんを守ってあげましょう。

ママ&プレママに
おすすめの特集

シェリールをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter Twitter