【医師監修】産後にシミ・そばかすが増える、反対に消える原因は?

産後はシミやそばかすが増えて急に「おばさん顔」の老けた印象になった気がしませんか?反対に産後にシミが消えたという人もいます。妊娠、出産を経た女性の肌には何が起きているのでしょうか。産後のシミ対策についてご紹介します。

産後にシミが増える原因は?女性ホルモンが関係しているの?

お風呂上がりに鏡の前で顔のシミを気にする女性

産後にシミやそばかすが増えるのには、妊娠から出産にかけて大きく変化するエストロゲンとプロゲステロンの2つの女性ホルモンの影響があります。

エストロゲンとシミの関係

エストロゲン(卵胞ホルモン)は、妊活中は妊娠しやすい体内環境をつくり、出産後は子宮を収縮させたり、授乳の準備をしてくれるホルモンです。また、エストロゲンは女性らしさにかかわるホルモンでもあります。体内に水分を溜め込みやすくし、ぷるぷるの美肌に導きます。

しかし、エストロゲンの分泌量が増えすぎてしまうと、今度はメラニンを生成する働きを促進させ、紫外線の影響を受けやすく、シミができやすくなってしまいます。

プロゲステロンとシミの関係

プロゲステロン(黄体ホルモン)も妊娠中に必要な女性ホルモンです。胎盤を完成させたり、胎児が快適な環境で過ごせるように子宮内を包みこんでくれる働きがあります。また、流産を防ぐ働きもします。

このように、プロゲステロンは妊娠と出産にはとても大切なホルモンといえますが、分泌量が増えると、エストロゲンと同様にメラニンを増加させシミをつくりやすい肌環境へと導いてしまいます。

産後はシミが消えることもある?

シミが目立つ女性の顔のアップ

産後にシミやそばかすが増えたという人の反面で、シミが減った・消えたという声もあります。これは、妊娠中~出産までにホルモンの易経により増えた一時的なシミが、肌のターンオーバーやホルモンの分泌がなくなることによって消えたからです。

ただし、個人差があり、シミによっても消える・消えないは異なります。出産から何ヶ月でシミが消えるという明確な時期もありません。

なお、産後に消えるシミは「ホルモンバランスの乱れによるもの」と考えられており、紫外線などの外的刺激によるシミや色素沈着してしまったシミは消えません。

産後のシミはどう対策する?

フェイスクリームでケアをする女性

ビタミンCを補う

シミやそばかす対策には、内側からのケアとして食事でビタミンCを補うのが効果的です。特に授乳中は、母乳をつくるためにビタミンCを大量に消費します。ビタミンCはシミ対策だけでなく、美肌や風邪予防にも効果的です。

授乳中に不足しがちなビタミンCは、サプリを活用しながら上手に補給するのもよいですね。

日焼け対策はしっかりと

妊娠中や産後は、紫外線による影響を大きく受けてしまうので、シミやそばかすができやすいです。特に紫外線が強い季節に産前・産後を迎える人は、日焼け止めを塗ったり、日傘をさしたり、紫外線対策を万全にしましょう。

シミに効果的なスキンケアを使う

内側からのシミやそばかす対策に併せて、化粧品を使って外側からもケアをしてあげると効果的です。

シミ対策には、アルブチンやビタミンC誘導体などの有効成分が含まれた美白化粧品がおすすめ。ただし、美白化粧品は肌刺激を感じやすいので、産後に敏感肌になっている人は、様子をみながら使いましょう。

産後は育児に追われて、スキンケアはついついおざなりになってしまうかもしれません。じっくりスキンケアするのが難しい場合は、オールインワン化粧品やフェイスパックで美白化粧品を取り入れるのもよいですね。

産後のシミ対策におすすめの化粧品3選

1.HAKU(ハク) メラノフォーカスV[医薬部外品]

資生堂 HAKU ハク メラノフォーカスV

出典:www.rakuten.co.jp

各美容雑誌のランキングでも上位を獲得している資生堂の美白ブランドHAKU。美白有効成分4MSKとm-トラネキサム酸を配合した美白美容液です。シミの原因となるメラニンの生成を抑止します。保湿力の高さも人気の理由です。

●内容量:45g
●税込価格:楽天/8,590円、Amazon/10,800円

(2018年12月27日 12:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

2.アスタリフト ホワイトブライトローション[医薬部外品]

アスタリフト ブライトローション

出典:www.amazon.co.jp

美白化粧品で定評のあるフジフィルムの美白化粧水です。独自成分の「ナノAMA+」といった美白有効成分が配合されています。アスタリフトはこの美白化粧水のほかにも、クリームなどを展開しておりライン使いするのもおすすめです。

●内容量:130ml
●税込価格:楽天/3,283円、Amazon/4,100円

(2018年12月27日 12:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

3.ミノンアミノモイスト うるうる美白ミルクマスク[医薬部外品]

ミノンアミノモイスト うるうる美白ミルクマスク

出典:www.amazon.co.jp

美白成分に加えて抗炎症成分を配合しているので、敏感肌や乾燥に悩む産後ママにおすすめのシートマスク。液ダレもしにくく、パックしたまま赤ちゃんのお世話もできます。ミノンアミノモイストはドラッグストアでも取り扱いがあるので購入しやすい手軽さもうれしいですね。

●内容量:20ml×4枚
●税込価格:楽天/1,620円、Amazon/1,620円

(2018年12月27日 12:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

産後のシミには内側と外側から対策しよう

赤ちゃんと遊ぶ産後のママ

産後はホルモンバランスが乱れることで、シミやそばかす、しわ、たるみ、乾燥といった肌荒れ症状だけでなく、精神的にも不安定になってしまうことがあります。

産後のストレスを抱え込んでしまうのもお肌にはよくありませんよね。健康的なお肌のため、何よりも赤ちゃんやママ自身のためにも、精神的なストレスを溜め込まず、周囲にできるだけ協力してもらいましょう。

今回ご紹介したようなシミ対策方法やおすすめの化粧品を活用しながら、食事からビタミンCを摂るなど、内側と外側、両方からシミへ働きかけて、潤いのある若々しい肌を保ちましょう。

ママ&プレママに
おすすめの特集

シェリールママをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter LINE@