妊婦の悩みNo.1!妊娠中の湿疹の症状、原因、対処法は?

妊婦さんの中にはかゆみのある湿疹に悩まされている人がいます。日を追うごとに湿疹が増え、みるみるうちに広がっていくのは、幸せなはずの妊娠中の気分もブルーになってしまいます。もしかすると何かの病気ではないかと不安になりますよね。妊婦さんの湿疹の症状や原因、対処法をご紹介します。

妊婦にでやすい湿疹の症状は?

妊婦さんが抱える悩みで多いのが湿疹や蕁麻疹などの皮膚トラブル。意外かもしれませんが、妊婦さんの多くが何かしらの皮膚トラブルを経験しています。妊娠の時期別に代表的な湿疹の症状をご紹介します。

なお、妊婦さんの湿疹はその症状がよく似ていて、正確に区別するのは難しい側面があります。どの湿疹にも共通するのは、かゆみを伴う湿疹が発症することです。また、ほとんどの場合、湿疹は産後に自然と消えます。

妊娠初期からできる湿疹

妊娠性痒疹(にんしんせいようしん)

妊娠初期~中期に発症しやすい湿疹に、妊娠性痒疹(にんしんせいようしん)があります。妊婦さんに現われる症状で、赤くて小さな湿疹が現われます。

お腹によく見られる症状ですが、腕や足にも湿疹が現われます。はじめのうちは一部にのみ湿疹がみられますが、徐々に全身に広がっていく場合も。かゆみがあり、妊娠後期まで長期にわたって症状が続くのが特徴です。個人差がありますが、産後は自然と改善されます。

妊娠中期からできる湿疹

妊娠性疱疹(にんしんせいほうしん)

妊娠中期からみられる湿疹の症状には、妊娠性疱疹(にんしんせいほうしん)があります。赤く小さな湿疹が出るだけでなく、水疱が現れるのが特徴です。

妊娠性痒疹よりもかゆみが強く、かゆみ症状のせいで夜も眠れないと悩む妊婦さんもいます。

妊娠性皮膚搔痒症(にんしんせいひふそうようしょう)

妊娠中期~後期にかけて、さらにかゆみの強い症状に悩まされる、妊娠性皮膚搔痒症(にんしんせいひふそうようしょう)が現われることがあります。

赤みや湿疹などはほとんど見られませんが、ムズムズ・チクチクとした痛みやかゆみを感じます。継続力はなく、24時間程度でかゆみは治まりますが、繰り返し妊婦さんに起こる皮膚の病気です。

妊娠後期からできる湿疹

PUPPP(妊娠時のそう痒性じん麻疹様丘疹)

聞きなれない症状ですが、妊娠後期(妊娠24週以降)にみられるPUPPPは、おもにお腹から全身に広がる湿疹が現れます。人によって湿疹の特徴は異なりますが、蕁麻疹のようなかゆみを伴う湿疹です。産後は自然と消えます。

妊婦の湿疹の原因は?

マイナートラブルに悩む妊婦のお腹

その多くははっきりとした原因がわかっていません。可能性として考えられていることに次のようなことがあります。

原因1.免疫力の低下

妊婦さんの体内では、出産に向かって準備をするために、様々な変化が起きています。特に免疫力の変化がありますが、これが原因で湿疹などの肌荒れが起こると考えられています。

妊婦さんは自分の免疫力を弱めつつ、お腹の中では胎児を育んでいきます。免疫力の低下によって肌のバリア機能も低下。外的刺激に弱くなり、少しの刺激でも肌荒れしやすい敏感肌になってしまいます。

原因2.つわり

食べ物を受けつけなくなったり、特定の食べ物しか食べられなくなったり。つわり中の栄養が偏ることも、妊婦さんの湿疹の原因のひとつです。

また、つわりがひどいと精神的にもつらいので、ストレスが溜まり自律神経が乱れます。自律神経の乱れは免疫力低下に拍車がかかり、悪循環に繋がってしまいます。

原因3.アトピー性皮膚炎

子供の頃にアトピー性皮膚炎が治っている、または改善したという人も、妊娠を機に皮膚が敏感になり、アトピーがひどくなるケースがあるそうです。アトピーは、湿疹、乾燥、カサカサ、かゆみが現れます。

妊婦のデリケートゾーンの湿疹には要注意

注意喚起をする道路標示

妊婦さんは子宮が大きくなると、子宮底筋という筋肉が圧迫されて尿漏れを起こしやすくなります。その上、妊婦さんの免疫力は低下していて、デリケートゾーンが細菌に感染しやすくなります。

また、膣カンジタといって、もともと膣内にいる(常在している)カビ(真菌)が増えやすくなります。以下のような症状が挙げられます。

  • おりものにカッテージチーズのような白いものが混じる
  • デリケートゾーンに耐えがたいかゆみがある
  • 悪化すると強い痛みを感じる

とはいっても、必要以上にデリケートゾーンを石鹸で洗ったり、湿疹を掻き毟ってしまうと悪化させてしまうので注意が必要です。早めに病院で治療しましょう。

妊婦の湿疹の対処法は?

医師 病院 治療 対処

対処法1.肌を清潔にして、保湿する

妊婦さんは汗をかきやすいのに、乾燥肌です。きちんとお風呂やシャワーで汗や汚れを落とし、保湿クリームを塗りましょう。

妊婦さんの肌に塗る化粧品は、できるだけやさしい成分のものを選んでください。肌が潤っていれば、湿疹によるかゆみも軽減されます。

◇7種類の抗炎症成分がかゆみ・肌荒れを防ぐ!アロベビーフォーマム 妊娠線クリーム

アロベビーフォーマム 妊娠線クリーム

出典:www.alo-organic.com

新生児の赤ちゃんにも使えるくらい肌にやさしい、99%天然由来・国産オーガニックの妊娠線クリーム。妊娠線の予防や肉割れケアはもちろん、チャ葉・ツボクサ・カモミール・カンゾウ根など7種類の植物由来抗炎症成分が妊娠期特有のかゆみをケアしてくれます。

さらに、ヒアルロン酸の約10倍の保水力をもつ海藻由来の集中型高保湿成分サクランと、植物由来の持続型高保湿成分アクアキシルを配合。急に大きくなるお腹の皮膚を集中&持続型のW保湿で、やわらかくなめらかな肌に導いてくれます。

●内容量:200ml
●税抜価格:3,300円
※今だけお得な10%OFFキャンペーン実施中

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

※おすすめ商品はシェリール編集部による選定。

販売サイトで見る

対処法2.かゆみがひどい時は冷やす

湿疹のかゆみがどうしてもひどいときは、患部を濡れタオルなどで冷やすと少し和らぎます。

対処法3.爪は短く保つ

妊婦さんの湿疹によるかゆみは耐え難いもの。伸びた爪で無意識に掻き毟ってしまうことも。湿疹を悪化させないためにも、爪は常に短く保ちましょう。

対処用4.どうしても湿疹がつらいときは病院へ

妊婦さんに我慢は禁物です。湿疹の症状がどうしてもつらい時は、かかりつけの産婦人科や皮膚科の医師に相談しましょう。医療機関で、適切な塗り薬などを処方してもらえる場合もあります。

妊婦のつらい湿疹は無理しないで

ベッドでリラックスする妊婦

妊婦さんの湿疹は、見た目だけの問題だけでなく、かゆみからくる精神的ストレスにも繋がります。ストレスは母子の健康にもよくありません。

妊婦さんは内服薬をのむことができないため、日頃のスキンケアや保湿剤で対処していくしかありません。つらい湿疹は無理をせずに、医師に相談してくださいね。

ママ&プレママに
おすすめの特集

シェリールをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter Twitter