新生児・赤ちゃんはしゃっくりが多い?原因や止め方は?

新生児や低月齢の赤ちゃんによくみられるしゃっくり。大人が思っているよりも頻繁に起こりやすく、止まらないと苦しいのではないかと心配になりますよね。新生児にしゃっくりが多いのは、横隔膜が未発達なことが原因のひとつといわれています。今回は、新生児・赤ちゃんのしゃっくりの原因や止め方、心配な病気の可能性についてご紹介します。

新生児や低月齢の赤ちゃんはしゃっくりが出やすい

しゃっくりが出ている赤ちゃん

新生児や生後2ヶ月ぐらいまでの低月齢赤ちゃんはしゃっくりがしょっちゅう出ます。

新生児・赤ちゃんのしゃっくりは、大人と同様に、横隔膜がけいれんして起こる生理現象です。胸とお腹の間にある膜のような筋肉が激しく収縮し、けいれんすることで引き起こされます。

横隔膜は自分の意志で動かすこともできますが、しゃっくりのように自分の意志とは関係なく動いてしまうこともあります。呼吸をおこなう横隔膜などの筋肉のけいれんによって、息を吸い込んだと同時に声門が素早く閉じてしまい、呼吸の流れが邪魔されることで「ひくっ!」というしゃっくりが出てしまう仕組みです。

新生児・赤ちゃんのしゃっくりがあまりに多いため、心配になって小児科に相談にくるママ・パパもいるようです。

ママ・パパに聞いた「赤ちゃんがしゃっくりをするのはどんなとき?」

  • 「母乳・ミルクを飲んだ後」
  • 「長時間おむつ替えをしていない時」
  • 「おしっこが出る前後」
  • 「家から外へ出た直後」

新生児・赤ちゃんにしゃっくりが多い原因とは?

?

生まれたばかりの赤ちゃんの身体は、まだまだ発達途中で未熟です。横隔膜も未発達のため勝手に動きやすく、しゃっくりを頻繁に起こしてしまうのです。

同様に、呼吸機能や肋骨が未発達なことも、横隔膜を刺激してしまう原因だと考えられています。

横隔膜が、一度に多くのミルクを飲んで胃が膨らむ、おむつ内部が冷える、いきなり寒い外気にさらされる、などの刺激を受けることで、しゃっくりが引き起こされます。

また、おしっこが出る前後にしゃっくりをすることが多いのは、膀胱を縮めるように脳から出される指令が、横隔膜も刺激するためと考えられています。

胎児もしゃっくりが多い

思い返すと、赤ちゃんがお腹の中にいた頃から、胎動でしょっちゅうしゃっくりを感じていた、なんて思うママもいるかもしれません。

原因は未だはっきりとわかっていませんが、胎児が羊水を飲んで横隔膜がけいれんすることで、しゃっくりを引き起こしているといわれています。

新生児・赤ちゃんのしゃっくりは苦しいの?

不機嫌で泣きそうな表情の赤ちゃん

新生児・赤ちゃんにとって、しゃっくりは苦しかったり、つらかったりするものではないため、心配いりません。

ママ・パパは焦らず見守っていて大丈夫です。数分で止まることがほとんどなので、しゃっくりが自然に止まるのを待ちます。

あまりに長く続いて気になったり、しゃっくりが出て眠りが浅かったりする場合は、以下で紹介するしゃっくりを止める方法を試してみてもよいでしょう。

新生児・赤ちゃんのしゃっくりの止め方は?

赤ちゃん 新生児 ママ しゃっくり 止め方

一般的によく知られているしゃっくりの止め方には、驚かせる、息を止める、水を一気に飲むなどの方法があります。ですが、どの方法も新生児・赤ちゃんには難しいですよね。

赤ちゃんのしゃっくりには、次の方法を無理のない範囲で試してみましょう。

1.抱っこして背中をやさしくトントンする

しゃっくりが長く続いて気になるときは、まず赤ちゃんを抱っこして、背中をやさしくトントンしてあげましょう。呼吸が整うことで、しゃっくりが止まることがあります。

2.母乳・ミルク・湯ざましを飲ませる

母乳やミルク、湯さましを飲ませると、しゃっくりが止まることがあります。体内に水分を取り入れ、けいれんしている横隔膜に刺激を与えることで、しゃっくりを止める方法です。

ただし、大人のように一気飲みもできませんので、無理して飲ませるのは止めましょう。少しずつゆっくりあげてください。

また、乳首を含ませるだけでも、呼吸が整いしゃっくりが止まることがあります。

3.ゲップをさせる

新生児・赤ちゃんはお腹に空気が溜まることで横隔膜が刺激されて、しゃっくりが出ることがあります。

特に、授乳後にしゃっくりを頻繁にする赤ちゃんには、ゲップをさせてあげると、しゃっくりが止まるかもしれません。

赤ちゃんがゲップをしやすいように、縦抱きをして背中をさすってあげましょう。

4.おむつ替えをする

排泄物で濡れたままのおむつをつけていると、身体が冷えてしまい、しゃっくりが出やすいといわれています。こまめにおむつ替えをしてあげることで、しゃっくりが減ったというママの体験談もありますよ。

新生児・赤ちゃんのしゃっくりが止まらないのは病気?

赤ちゃんの様子をうかがうママ

新生児・赤ちゃんのしゃっくりは、大半が生理的に起こる現象のため心配いりません。

ただし、あまりに頻繁にしゃっくりが起こったり、止まらなかったり、他に何らしかの異変を感じる場合は、まれにアレルギーや病気が潜んでいる可能性があります。

次のような症状がみられる場合は、一度病院を受診し医師に相談しましょう。

  • しゃっくりが途切れることなく長く続く
  • 機嫌が悪い
  • 元気がない、ぐったりしている
  • いつもより呼吸が苦しそう
  • ミルクや母乳の飲みが悪い
  • 嘔吐や下痢などの症状がある
  • 湿疹、くしゃみ、鼻水などが併発している(アレルギー反応が起きている可能性)

新生児・赤ちゃんのしゃっくりは慌てず見守ろう

スキンシップを楽しむ赤ちゃんとママ

新生児や低月齢の赤ちゃんによくみられるしゃっくり。多くは成長と共に少なくなっていくので心配はいりません。

成長に伴いしゃっくりが出なくなると、頻繁にしゃっくりをしていた新生児の頃が懐かしく感じるママ・パパも多いようですよ。

赤ちゃんがしゃっくりをしていたら、まずは自然に止まるのを見守りましょう。しゃっくりが長く続くことで、眠れないなど、気になるようであれば、今回紹介した止め方を参考にして実践してみてくださいね。

関連記事

ママ&プレママに
おすすめの特集

シェリールママをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter LINE@