離乳食初期の進め方、ルール、食べられる食材について

赤ちゃんが生後5~6ヶ月になってくると離乳食が始まります。この時期の離乳食は、赤ちゃんが食材を飲み込むことを覚えることが目的です。そこで、離乳食初期の進め方、ルール、食べられる炭水化物や野菜、タンパク質を含む食材、アレルギーの注意点などについてご紹介します。

離乳食はどうして必要?

離乳食初期

赤ちゃんは、産まれるまでの間にお母さんから様々な栄養素をもらって蓄え、生後5~6ヶ月で使い果たします。

生後5~6ヶ月以降は、授乳だけでは鉄やカルシウム、ビタミンなどの栄養素が不足すると共に、活動量も増えるのでタンパク質といったエネルギー需要が増えます。また、この頃から半固形物を飲み込めるようになってきます。

これらのことから、乳汁あるいはミルクから固形食へと切り替えていく(飲む食事から噛んで食べる食事へと切り替える)必要があり、その過程を「離乳」といいます。

離乳食はいつからいつまで?

クエスチョンマークが浮かぶ女性

赤ちゃんは、生後4~5ヶ月頃から消化酵素が分泌し、舌の押出反射が消失して半固形物が飲み込めるようになってきます。

離乳食は生後5~6ヶ月より始めるようにして、離乳食の完了は1歳~1歳半を目安にします。

離乳食初期を迎える前に知っておきたいルールとは?

離乳食初期 進め方 10倍粥

離乳食、特に初期は、生まれてから母乳やミルクから栄養を摂ってきた赤ちゃんが、それ以外の食べ物を初めて食べることになります。そこで、離乳食を始めるうえで知っておきたいルールがあります。全部で7つの項目についてご紹介します。

ルール1.離乳食初期を始めるタイミング

離乳食初期の時期は生後5~6か月ですが、さらに、以下のタイミングを見計らって始めましょう。

①首が座っておすわりができるようになったとき
②大人が食べている食事に興味を持ち、食べたそうにする
③体調や機嫌がよいとき

ルール2.離乳食を与える時間帯

離乳食初期の与える時間帯は、平日のお昼前後の授乳時間のうちの1回。母乳またはミルクに離乳食をプラスします。これは、食べたものでアレルギーを起こしたときに診療時間内に受診できるようにするためです。

また、どの食品でアレルギーを起こしたのかを判断するためにも、初期は1品ずつから与えるようにしましょう。

ルール3.離乳食初期は味付けは不要。素材の味のみでOK

乳児の舌はとっても敏感です。生後5~6ヶ月の離乳食初期は、味付けは必要なく、食材や素材そのものの味だけで大丈夫です。

ルール4.離乳食初期は加熱がマスト

離乳食初期は、食材をすりつぶしたり裏ごししたりと手を加える分、細菌が繁殖しやすくなります。そのため、必ず食材には熱を通しましょう。冷凍し小分けにした食材も、必ずレンジなどで加熱してから与えましょう。

ルール5.母乳とミルクは好きなだけ与える

離乳食の量が多くなってくれば、母乳やミルクを飲む機会が自然と減ってきます。しかし、離乳食初期の段階では、その目的が離乳食に慣れさせ、飲み込むことを覚えることにあるので、栄養補給はまだまだ少ないです。

そのため、母乳やミルクを欲しがる場合はその分だけ与えましょう。また、必ず離乳食を先に与えてから母乳やミルクを与えることもポイントです。

ルール6.離乳食初期に使う物品

離乳食に使う物品は家にある道具でも大丈夫ですが、特に離乳食初期は、以下のようなグッズを揃えておくと便利ですよ。

  • 裏ごし器(茶こしでもOK)
  • すり鉢
  • おろし器
  • スプーン(スプーンの皿が小さく平たいもの)
  • スタイ(食べこぼしを受け止められるもの)
  • 赤ちゃん用の食器

ルール7.離乳食初期は赤ちゃんに合わせたペースで進める

上記ルール1でご紹介した離乳食初期開始のタイミングが整っている状況であっても、最初はスプーンを嫌がったり、口に入れたものを吐き出すことがあります。

繰り返しになりますが、離乳食初期の目的は食べるの慣れにあるので、進め方にこだわらず、無理せずに赤ちゃんに合わせて進めていきましょう。

赤ちゃんが「離乳食を食べたい」と思えるような雰囲気づくりも大切です。

離乳食初期の進め方

離乳食初期 10倍粥

離乳食初期は「ゴックン期」といって、生後5~6か月のことを指します。まだ、舌を前後に動かすことしかできないので、飲み込むことができるトロトロなものを与えます。

初期の進め方は、最初は1日1回から始めて、徐々に量を増やし、栄養素にビタミンやタンパク質を加えていきます。1ヶ月程で慣れてきたら、離乳食の回数を1日2回へと増やしていきます。

★ワンポイントアドバイス★トロトロ・なめらかの形状の目安は?
離乳食初期の食材の形状の目安は、皿に入れてスプーンを滑らせると「跡」がすぐ消えるくらいのゆるさです。それに慣れてきたらプレーンヨーグルトの固さと滑らかさにしていきます。

以下では、離乳食初期の進め方を、前半と後半に分けてさらに細かくご紹介します。

1.離乳食初期(前半)の進め方

1-1.離乳食初期の最初は、消化のよい10倍粥を小さじ1からスタートします。赤ちゃんがまだ欲しそうにしていても、その日はそれで終わらせます。

1-2.赤ちゃんの様子を見て、状態に変化がなければ、次の日もまた小さじ1を与えます。大体2~3日に小さじ1の割合で増やしていきましょう。

1-3.米がゆに慣れてきたら、にんじんやかぼちゃ、キャベツなどの野菜に挑戦します。野菜も10倍粥と同様に、小さじ1から始めます。

1-4.米にも野菜にも慣れてきたら、次はタンパク質。タンパク質は食べすぎると、赤ちゃんの未熟な内臓に負担がかかりやすいので、ゆっくり進めていきましょう。最初に与えるタンパク質は豆腐が適しています。

★ワンポイントアドバイス★ママの膝の上で抱っこしながら与えよう
離乳食初期、特にの最初の頃は、ママの膝の上で抱っこして、少し後ろに傾けて与えると赤ちゃんが食べやすくなります。赤ちゃんが口を開けたら下唇の上に置きます。赤ちゃんが上唇で取り込んだらゆっくりと水平にスプーンを引きます。

2.離乳食初期(後半)の進め方

2-1.離乳食初期を初めて1ヶ月程経ち、炭水化物、野菜、タンパク質に慣れてきたら、1日2回食へとステップアップします。離乳食と離乳食の間は4時間以上空けて、空腹と満腹のリズムをつくりましょう。

2-2.1日のうち2回目の離乳食の量は、少なくてOK。赤ちゃんの食欲に合わせて与えます。ただし、多く与える時は野菜や炭水化物にしましょう。

離乳食初期に食べられる食材は?

食材をペーストした離乳食

エネルギー源(炭水化物など)

離乳食初期に食べられる炭水化物は、米、じゃがいも、さつまいも、バナナ。生後6か月以降は、様子を見ながら小麦を含むうどんやそうめん、食パンなどの食品も与えられます。

10倍粥は、米からでも、炊いたご飯からでも作ることができます。炊いたご飯で作る場合は、ご飯1/2カップに水2カップを鍋に入れて蓋をし20分火をかけます。火を止めて7~8分で完成。米から作る場合は、米とその10倍の水で作ります。

野菜類

離乳食初期に食べられる野菜類は、かぼちゃ、にんじん、トマト、ほうれん草、ブロッコリー、キャベツ、大根、かぶ、白菜、小松菜、りんご、みかん、すいか、いちご、ぶどうなどです。

タンパク質

離乳食初期に食べられるタンパク質は豆腐がメインになります。豆腐に慣れてきたら、真鯛やひらめ、かれいなどの白身魚、塩抜きしたしらす干しが食べられるようになります。この時期はまだ卵や乳製品、肉は食べられません。

離乳初期のアレルギー食材の注意点

注意喚起をする女性の指

離乳食初期を進めていくうえで心配なのがアレルギー。食物アレルギーとは、特定の食物を摂取することでアレルギー反応を引き起こし、発疹や下痢、嘔吐、鼻水・咳、呼吸困難などの症状を起こします。

アレルギーを診断されている場合は、かかりつけの医師と相談しながら進めていきます。

アレルギーを診断されていない場合も、アレルギーを心配してその食材を食べさせることに遅れさせても、予防効果はなく、後々のアレルギー発症にも繋がるため、その時期に合った食材を与えることが必要です。

離乳食初期は慣れさせるのが目的。楽しく進めよう

ママとスキンシップを楽しく赤ちゃん

離乳食初期は、思ったように食べてくれずに不安になることもありますが、この時期の離乳食は慣れさせることが一番の目的です。

進め方どおりにならなくても、焦らずに赤ちゃんのペースに合わせて、楽しい雰囲気で離乳食初期を進めていきましょう。

関連キーワード

ママ&プレママに
おすすめの特集

シェリールをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter