ベビーバギーとベビーカーとの違いは?おすすめベビーバギー5選

赤ちゃんとのお出かけにベビーバギーの購入を考えているママ・パパも、種類が多くてどう選べばよいのかわからないと感じている人も多いでしょう。ベビーカーとの違いは?使い分け方は?ベビーバギーのあれこれについて、おすすめ商品と併せてご紹介します!

ベビーバギーとは?ベビーカーとの違いは?

草原に置かれたベビーカー

ベビーバギーとベビーカーの正しい違いをご存知でしょうか? まずは、ベビーバギーとベビーカー、それぞれの特徴についてご紹介します。

ベビーバギーとは?

ベビーバギーとは、ベビーカーよりも軽量でコンパクトなタイプを指します。ただし、明確な基準は定められていないので、特にB型ベビーカーとベビーバギーに対しての分類は曖昧です。一般的には、B型ベビーカーよりもコンパクトで軽量のものがベビーバギーと呼ばれています。

ベビーバギーは生後7ヶ月以降~2・3歳頃までの乳幼児に適しており、赤ちゃんを座らせて使用するタイプが多いです。ベビーバギーはその軽さや折り畳みができる利便性から、ベビーカーを持っていてもセカンド用として追加購入する家庭も多いようです。

ベビーバギーは手軽さがメリットである反面、ベビーカーのように対面になったりリクライニング機能はついていません。長時間の移動には向いていないといえます。

ベビーカーとは?

ベビーカーは財団法人 製品安全協会によると「A型とB型に分類」されています(※1)。主な違いは以下のとおりです。

A型ベビーカー

A型ベビーカーとは、新生児期を過ぎてまだ首が据わる前~生後48ヶ月頃までの赤ちゃんの使用に適したベビーカーです。リクライニング機能があるタイプが多く、赤ちゃんを寝かせたまま使用する事ができます。さらに、クッション性に優れ、安定感がある事もポイント。

首がすわる前の赤ちゃんも安心して乗せることができるので、長時間の移動に向いていますが、その分、A型ベビーカーはしっかりしたつくりで重いというデメリットがあります。

B型ベビーカー

B型ベビーカーとは、赤ちゃんが座った状態で使用するベビーカーです。一人で安定して座れる月齢の生後7ヶ月頃~生後48ヶ月頃までの使用に適しています。リクライニングは少ししかできない、またはできないタイプが多く、赤ちゃんを寝かせた状態にはできません。

B型ベビーカーは、軽量で折り畳むとコンパクトになるため、持ち運びに便利です。A型ベビーカーより安価です。しかし、A型ベビーカーに比べると衝撃や振動には弱いので、赤ちゃんの身体への負担はかかりやすくなります。

ベビーバギーとベビーカーの使い分け方は?

ベビーバギー ベビーカー

ベビーバギーやベビーカーは、用途や生活スタイルによって使い分けると便利です。

長時間の移動が多い親子の場合は、赤ちゃんの身体への衝撃や安定性に優れているA型ベビーカーがおすすめ。赤ちゃんへの負担が少ないく、ママの方向を向けられる対面式なので、顔をみながら移動できて安心です。

人混みや電車、バスなどの公共機関を利用して移動することの多い場合は、B型ベビーカーが軽いので便利。自宅での収納場所が少ない家庭は、コンパクトなB型ベビーカーや折り畳めるベビーバギーがおすすめです。

赤ちゃんが一人で座れるような月齢になったら、ベビーバギーを持っておくと便利です。ベビーバギーはベビーカーよりも軽量なので、女性一人の力でも軽々持ち運ぶことができます。

おすすめのベビーバギー5選

1.Richell(リッチェル) リベラ フルエR

リッチェル リベラフルエR ベビーバギー

出典:www.amazon.co.jp

荷物をたくさん収納できて、さらに間口が広いので出し入れが簡単なリッチェルのベビーバギー。シートカバーは取り外して洗濯ができます。折り畳むと自動ロックされるオートフック機能を装備。自立スタンドなのでベビーバギーを手で支えたり、壁にかけたりする必要がありません。

●税込価格:12,453円~
●重さ:約4.9kg
●カラー:ブラックスター、ブルーアージュ

楽天市場で見るAmazonで見る

2.西松屋 SmartAngel バギーFANロングプラス

西松屋 スマートエンジェル ベビーバギー

出典:www.24028.jp

グッドデザイン賞も受賞した西松屋のベビーバギー。日差し防止のために大きな日よけを付けました。通気性のよいクッションシートは取り外し可能なので、夏も気持ちよく赤ちゃんが乗れますよ。足元には収納カゴ、折り畳んだときの指挟み防止など、ママが使いやすいようにつくられています。

●税込価格:6,999円
●重さ:約4.2kg

楽天市場で見る

3.Nebio(ネビオ) ロールアップバギー

ネビオ ロールアップバギー ネイビー

出典:www.amazon.co.jp

落ち着いたカラーバリエーションが可愛らしい「ネビオ」のロールアップバギー。汗をかきやすい時期も赤ちゃんが快適に過ごせるように、ロールアップシートが取り付けられています。ロールアップシートを巻くと頭部のクッション代わりに、取り外すと全面メッシュに。家で洗濯ができるので清潔な状態を保てますよ。持ち運びがラクになる肩掛けベルト付きです。

●税込価格:6,980円
●重さ:約4.8kg
●カラー:ネイビー、ブラック、レッド、ライム

楽天市場で見るAmazonで見る

4.ヤトミ ベビーバギー

ヤトミ スムースバギー レッド

出典:www.rakuten.co.jp

「ヤトミ」のベビーバギーは折り畳み式のベビーバギーなので、外出先や家庭でも場所を取りません。メッシュ素材が使用されているので、とても軽いのも人気のポイント。後輪にロックが付いていて、折り畳んだ状態で立てかけることもできます。5点式のシートベルトでしっかり体を支えます。

●税込価格:4,980円~
●重さ:約4kg
●カラー:レッド、ブルー

楽天市場で見るAmazonで見る

5.JTC(ジェーティーシー) ベビーバギー MA-G

JTC ベビーバギー

出典:www.amazon.co.jp

着脱式のセーフティーガードの付いた「ジェーティーシー」のベビーバギーは、小さく折り畳めるので、外出のときや家庭でも収納も場所を取りません。指が挟まりにくい設計がされているからママも赤ちゃんも安心です。

●税込価格:4,980円~
●重さ:約4kg
●カラー:ラベンダー、ローズピンク など

楽天市場で見るAmazonで見る

ベビーバギーを活用して赤ちゃんとのお出かけを楽しもう

ママ ベビーバギー

ベビーバギーとベビーカーとの違いはわかりましたか? ベビーバギーは、ベビーカーに比べて軽くて持ち運びも便利なので、赤ちゃんとのお出かけに最適です。

最近では、様々な充実した機能だけではなく、デザインもかわいいベビーバギーが増えてきています。収納スペースや生活スタイルの状況に応じて、最適なベビーバギーを選ぶことも育児の楽しみのひとつですよね。

ベビーバギーを活用して、軽々と快適な赤ちゃんとのお出かけを楽しみましょう。

※1 参考文献:財団法人 製品安全協会「乳母車の認定基準及び基準確認方法」

シェリールママをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter