アトピー肌でも安心して使える化粧品!保湿力と低刺激で選ぼう

敏感なアトピー肌の人は化粧品選びにもひと苦労ですよね。そこで今回は、アトピーでも安心して使える化粧品を集めました。アトピーへの効果や化粧品の成分についても詳しくご紹介します。

アトピーとは?どんな肌の人?

アトピー アレルギー 肌質

アトピーとは先天性の過敏症のひとつで、刺激に敏感な体質を指します。中でも、皮膚に激しいかゆみを引き起こしたり、湿疹ができたりする症状をアトピー性皮膚炎といいます。

皮膚がとても敏感で、肌質に合わない化粧品を使ったり、誤ったスキンケアを続けていると、アトピーが悪化してしまうこともあります。

アトピーの原因は大きく2つ

? クエスチョン 疑問 原因

1.乾燥肌・敏感肌

アトピーの人は、皮膚の角質層に問題を抱えている人が多いです。保水力が弱く乾燥しやすいのが特徴。乾燥肌は外部刺激から保護してくれる皮膚のバリア機能が低下するために、炎症を起こしやすくなります。

乾燥の原因として、角質層の細胞間脂質の主成分のセラミドが、人よりも不足していることが挙げられます。セラミド不足は外的刺激や異物が悠々とバリア機能を通過し、皮膚の内部へと侵入。侵入した外的刺激は、体内の免疫細胞からの攻撃を受けて、アトピーの症状として赤みやかゆみ、湿疹を起こすのです。

2.アレルギー体質

特定のアレルゲンによって、アレルギー反応が起こり湿疹などの肌荒れを起こしてしまう人。一時的な症状ではなく、大人の場合は6ヶ月以上、慢性的に湿疹が現れるものをアトピー性皮膚炎と診断されます。

アレルギー反応が起こるアレルゲンは人それぞれで、化粧品の化学成分、ほこり、ダニ、ペットの毛などが主に考えられます。

アトピーには保湿力重視の化粧品がおすすめ!

化粧品 保湿

セラミドが不足しているアトピー肌には保水力がなく、慢性的に乾燥している状態です。アトピーを少しでも改善するためには、保湿力に優れた化粧品がおすすめ。

また、アトピー性皮膚炎は、炎症が起こるとかゆみが発生します。かゆみを我慢するのはとてもつらいので、かゆみのまま皮膚を掻き毟ってしまうと、アトピー症状をさらに悪化させてしまうことに。

かゆみを抑え、皮膚表面を保護するためには、保湿系の化粧品が効果的です。保湿系の化粧品は、その効果や働きの違いによって主に以下の2種類に大別されます。

1.皮膚表面を保護するための保湿系化粧品

代表的な保護化粧品でいうと、ワセリンがイメージしやすいでしょう。皮膚表面をコーディングし、摩擦やアレルゲン、乾燥から守ってくれる効果があります。

2.保水力が高い保湿系化粧品

一方で、ワセリンのように水分を含まず、浸透力のない化粧品では、皮膚内部の水分を補えません。アトピーには、化粧水やローションといった、水溶性の保湿系化粧品が必要です。

化粧品の添加物や化学成分はアトピーに刺激になるかも

アトピー 化粧品 肌荒れ

ただし、いくら保湿力が高くても、アトピーに刺激となる成分が含まれる化粧品は逆効果となります。例えば、一般的な「乳液」に含まれる界面活性剤は、アトピー肌にとって刺激となる成分なるかもしれません。

アトピーや敏感肌の人は、界面活性剤やパラベン、エタノールといった添加物が含まれず、低刺激で、かつ自分の肌質に合った化粧品を選ぶことが大切です。

化粧品の使用前にパッチテストをしよう

アトピーの人が安心して毎日化粧品を使うためには、事前にパッチテストをしましょう。普通の人には何ともない成分であっても、アトピーの人にとっては、かゆみや赤みの原因になりかねません。

★パッチテストのやり方

1.化粧品を絆創膏にしみこませる
2.二の腕などの柔らかい部分に絆創膏を貼る
3.2日後(48時間後)に絆創膏をはがし、該当部分が赤くなったりかぶれていないかを見る

パッチテストで赤みやかゆみ、かぶれが見られた化粧品は、体質に合っていないことが考えられます。また、その時の体調などによっても、パッチテスト結果が異なることもあります。

アトピー肌におすすめの化粧品(化粧水編)

アトピー肌でも安心して使えるうと人気の化粧水からご紹介します。無添加で保水力の高い化粧品を選びましょう。

1.ETVOS(エトヴォス) モイスチャライジングローション

出典:etvos.com

出典:etvos.com

保水力に着目して作られた保湿化粧水。シリコン、パラベン、界面活性剤、鉱物油、合成香料、着色料は不使用で、アトピーや敏感肌の人にもおすすめ。高保湿なセラミド、ヒアルロン酸を配合し、角質層に浸透します。

●内容量:150ml
●税込価格:楽天/3,110円、Amazon/4,300円

(2018年8月10日 11:30時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

2.Tocco(トッコ) ピュアバリアローション

出典:e-lapis.jp

出典:e-lapis.jp

敏感肌で悩んでいる人に向けて開発され、細胞学から誕生した化粧品です。無添加、アルコール不使用、水で抽出しているので低刺激。オーガニックローズヒップというレモン20倍のビタミンCが配合され、肌荒れの修復にもおすすめです。

●内容量:300ml
●税込価格:楽天/2,381円、Amazon/2,420円

(2018年8月10日 11:30時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

3.DECENCIA(ディセンシア) つつむローションセラムE

出典:www.decencia.co.jp

出典:www.decencia.co.jp

敏感肌専用スキンケアブランド「ディセンシア」から、アトピー肌の人に向けて作られた化粧品です。浸透力の高い「セラミドナノスフィア」で細胞間脂質にセラミドを補給、「アミノコンプレックス」が角層細胞をふっくらさせます。

●内容量:120ml
●税込価格:楽天/4,590円

(2018年8月10日 11:30時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見る

アトピー肌におすすめの化粧品(保湿クリーム編)

化粧水で水分を補給した後は、潤いを閉じ込めるクリームで皮膚に蓋をしましょう。特に乾燥が気になる季節にはおすすめの、アトピー肌でも使える保湿クリームをご紹介します。

1.美健産業 アクアゲルマジェル

美健産業 アクアゲルマジェル

出典:www.aqua-germa.com

保湿クリームでは珍しく、油を一切使わずに作られています。着色料、界面活性剤も不使用、赤ちゃんにも安心して使えます。「リピジュア」や「ヒアルロン酸」を配合、ナノ還元水といったとても細かい粒子できているので、保湿成分が角層まで浸透します。

●内容量:60g
●税込価格:Amazon/7,300円

(2018年8月10日 11:30時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

Amazonで見る

2.彩生舎 薬用ナチュールアクアクリーム 水の彩(いろどり)S

彩生舎 薬用ナチュールアクアクリーム 水の彩S

出典:www.rakuten.co.jp

リピート率が高いと評判の保湿クリームです。セラミド配合でトロっとしたテクスチャーが特徴ですが、ベタつきは少なく使いやすさもポイント。肌なじみのよい水を主成分とし、植物由来成分がやさしく働きかけます。

●内容量:270g
●税込価格:楽天/4,784円、Amazon/5,390円

(2018年8月10日 11:30時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

3.小林製薬 ヒフミド エッセンスクリーム

小林製薬 ヒフミド エッセンスクリーム

出典:www2.kobayashi.co.jp

小林製薬から販売されているセラミドケアに力を入れているスキンケアです。製薬会社の化粧品のため、品質管理などに信頼があります。「ヒト型セラミド」配合で、敏感肌にも効果が出るようこだわっています。

●内容量:22g
●税込価格:楽天/5,184円、Amazon/6,979円

(2018年8月10日 11:30時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

アトピー肌でも使える化粧品はたくさん

スキンケアをしているバスローブを着た女性

アトピー・敏感肌の人には、化粧品選びに不安を抱えている人が多くいます。化粧品を選ぶ際は、保湿力と低刺激に注目して選ぶようにし、念のためパッチテストをしてから使うようにしましょう。保湿ケアを続けることで、アトピーも少しずつ改善させることができますよ。

ママ&プレママに
おすすめの特集

シェリールをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter