赤ちゃんは入浴剤入りのお風呂に入れる?いつから?おすすめは?

赤ちゃんと一緒に、入浴剤を入れたお風呂に入りたいと考えるママ・パパも多いでしょう。入浴剤は必ずしも赤ちゃんにとってよいことばかりではありません。思わぬ肌トラブルなどに見舞われないためにも、入浴剤はいつから使ってよいのか、また注意点などを知っておきましょう。赤ちゃんにおすすめの入浴剤と併せてご紹介します!

赤ちゃんに入浴剤は使っていい?メリットは?

赤ちゃん 入浴剤 お風呂

赤ちゃんが沐浴を卒業してお風呂に入れるようになったら、湯船には入浴剤を入れましょう。入浴剤はお湯をやわらかくし、乾燥しがちな赤ちゃんの肌を保湿する効果があります。また、入浴剤は水道水内に含まれる塩素の影響を緩和させる効果も期待できます。

入浴剤を使う際は、「赤ちゃん用」だったり赤ちゃんにも使える「無添加」や「敏感肌用」といった、できるだけやさしい成分の入浴剤を選ぶことがポイントです。

赤ちゃんを入浴剤入りのお風呂に入れていいのはいつから?

赤ちゃん いつから

赤ちゃんの肌はとてもデリケートです。皮膚が大人の半分ほどの薄さしかない上、外的刺激から守るためのバリア機能が未熟なので少しの刺激でも肌荒れしがち。1歳頃までは乳児湿疹に悩まされる赤ちゃんが多いです。

さらに新生児期は特に肌機能が安定しておらず、ママから譲り受けたホルモンの影響で皮脂分泌も盛ん。入浴剤の刺激によって、思わぬ湿疹や肌荒れを引き起こす可能性がありますので、生後3ヶ月ぐらいまでは入浴剤は控えた方が安心です。

生後3~4ヶ月を目安に肌機能が安定してきますので、入浴剤を初めてよいタイミングといえます。この頃は、新生児期に多かった皮脂分泌量が減り、乾燥が進む時期でもありますので、入浴剤で保湿してあげましょう。

赤ちゃんの入浴剤の選び方

入浴剤 選び方 成分

赤ちゃんに使う入浴剤は、できるだけ「赤ちゃん専用」の入浴剤を選びましょう。保湿成分が含まれているものがおすすめ。添加物が含まれていたり、香りが強い入浴剤は赤ちゃんには負担が大きくなります。

香り付きの入浴剤が良い場合は、ハーブや草木など、自然由来の香りがついている入浴剤がおすすめ。メントールや発汗作用のある炭酸入浴剤は、赤ちゃんに刺激が強いです。

敏感肌やアトピー性皮膚炎を持つ赤ちゃんの場合、入浴剤の使用に心配があれば、事前にかかりつけの小児科や皮膚科で相談してみると安心です。

赤ちゃんの乾燥・肌荒れ対策におすすめの入浴剤は?

1.華密恋 薬用入浴剤

出典:www.kamitsure.co.jp

出典:www.kamitsure.co.jp

保湿効果だけでなく、肌荒れにも効くカミツレエキスが配合された無添加入浴剤です。赤ちゃん専用の入浴剤ではありませんが、余計な成分を含んでいないため、年齢を問わず家族全員で使えます。

●内容量:400ml
●税込価格:2,376円

楽天市場で見るAmazonで見る

2.薬用ソフレ ベビーバスエッセンス

薬用ソフレ ベビーバスエッセンス

出典:www.amazon.co.jp

乳児湿疹が起きやすい赤ちゃんにも使えるように、低刺激、無香料、弱酸性、ノンアルコールの薬用入浴剤です。肌の保護効果がある、べにふうき茶、保湿成分のホホバ油などを配合し、バリア機能の低下を対策します。

●内容量:500ml
●税込価格:1,980円

Amazonで見る

3.ヴェレダ カレンドラベビーバスミルク

ヴェレダ カレンドラ ベビーバスミルク

出典:www.amazon.co.jp

沐浴にも使える肌をしっとり保湿してくれるオーガニック入浴剤です。敏感肌や肌荒れしやすい人にも使えます。心地よいハーブの香りで、赤ちゃんにも癒やしのお風呂タイムを演出してくれます。

●内容量:200ml
●税込価格:1,480円~

楽天市場で見るAmazonで見る

4.アトピタ 薬用保湿入浴剤

アトピタ 薬用保湿入浴剤

出典:www.amazon.co.jp

日本マザーズ協会のマザーズセレクション大賞の受賞歴もある定番の入浴剤です。ラノリン脂肪酸コレステリル、天然のヨモギエキスなど、肌に潤いを閉じ込める成分を配合。お風呂に入りながら肌荒れケアができます。

●内容量:500g
●参考価格:982円~

楽天市場で見るAmazonで見る

5.ビオレu 角層まで浸透する うるおいミルク

ビオレu 角層まで浸透する うるおいミルク

出典:www.amazon.co.jp

赤ちゃんから大人まで家族全員で使用できる入浴剤。肌の成分と同様の弱酸性でやさしく保湿することができます。アレルギーテストが済んでいることも安心できる要素のひとつですね。微香料でリラックス効果も期待できます。

●内容量:300ml
●参考価格:470円~

楽天市場で見るAmazonで見る

赤ちゃんの入浴剤は手作りできる!?

入浴剤 お風呂

赤ちゃんの入浴剤は、材料を集めれば手作りすることもできます。子供が少し大きくなってから、一緒に作ってみるのもよいですね。

手作り入浴剤の材料

  • 重曹
  • 片栗粉
  • クエン酸
  • グリセリン
  • 香り付けのエッセンシャルアロマオイル

入浴剤の作り方

1.重曹と片栗粉、クエン酸を2:1:1の割合でよく混ぜます。
2.グリセリンを少しずつ投入し混ぜます。混ぜ合わせた粉をギュっと押したら固まるくらいまで投入します。
3.香り付け用のエッセンシャルアロマオイルを2~5滴ほど入れます。一般的に、肌荒れにはゼラニウムやティーツリー、ローズ、カモミール、ラベンダーが効果的です。
4.お好みの型にはめたり、丸めたりして、日陰で半日ほど乾燥させたら完成です。

赤ちゃんに入浴剤を使うときの注意点

赤ちゃん 入浴剤 注意 いつ

入浴剤の使用前後の肌状態を確認する

赤ちゃんをお風呂に入れる前に、体に引っかき傷などがないか、事前に肌状態を確認しましょう。もしも、入浴剤入りのお風呂に入った後に異常が現れてしまった場合に変化を確認できることが大切です。

入浴後も、赤ちゃんが皮膚を痒がっていないか、湿疹ができていないかなどの確かめましょう。肌荒れや異変を感じる場合は、入浴剤の使用を中止して、念のため医師に相談しましょう。

入浴剤の使用期限を守る

入浴剤は開封してから時間が経つにつれて成分が劣化していきます。時間が経っている入浴剤は使わないようにしてください。あまり頻繁に使わない場合は、あらかじめ大容量の入浴剤は購入せずに、容量が少ないタイプや小分けになっているものを選びましょう。

入浴剤の保管場所は高温・多湿を避けて、なるべく早く使い切るようにしてください。

赤ちゃんがお風呂のお湯飲まないように注意する

赤ちゃんはおもしろがってお風呂のお湯を飲んでしまうことがあります。お風呂のお湯はきれいなものではありませんので、注意してみてあげましょう。

もしもお風呂のお湯を誤飲してまった場合、きれいな水(ぬるま湯)で口をゆすぎます。その後、水や牛乳を飲ませて様子をみてください。大量に飲んでしまった場合、そのほか異変が見られた場合は、病院を受診しましょう。

長風呂は控える

入浴剤を入れることでお湯の熱が直に伝わりにくくなりますが、赤ちゃんは体力を消耗しやすく、乾燥肌にも繋がりますので長風呂は控えましょう。お湯に浸かるのは2~3分に留めて、お風呂全体でも10~15分で終わらせるようにしましょう。

転倒事故に注意する

入浴剤入りのお風呂は、通常のお湯よりもなめらかで滑りやすくなっています。赤ちゃんが掴まり立ちをすると滑ってしまう危険性も。赤ちゃんとお風呂に入るときは目を離さないように注意してください。

入浴剤で赤ちゃんの肌をつるつるすべすべにキープ

赤ちゃん 入浴剤 肌 健康

赤ちゃんの入浴剤はきちんと選ぶことで、より効果的に肌荒れ・乾燥対策ができます。最初のうちは、少量の入浴剤からスタートして、様子を見つつ少しずつ入れる量を増やしていくとよいですね。

赤ちゃんのお風呂は、スキンケア効果だけでなく、親子の大切なスキンシップの場です。赤ちゃんが大きくなってもお風呂が大好きになってくれるように、入浴剤を活用してお風呂タイムを楽しみましょう。

関連キーワード

シェリールママをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter