【医師監修】妊娠初期に眠れない、夜中に起きる原因は?妊婦の不眠を解消する方法

妊娠初期眠れないと訴える妊婦さんは少なくありません。昼間に襲ってくる眠気が激しいという人がいる反面で、夜に眠れない原因は何が考えられるでしょうか?夜中に目が覚めてしまうという人もいるようです。妊娠初期はまだまだ不安定で大切な時期なので、特に不安になってしまいますよね。妊娠初期の不眠の症状について紹介します。

妊娠初期の眠れない症状とは?

眠そうにあくびをする妊婦

妊娠初期の悩みは様々ありますが、一般的に「眠気がひどい」と訴える妊婦さんが多いです。妊娠初期の異常な眠気は、妊娠中期頃には落ち着いてくるともいわれています。

一方で、妊娠初期に「眠れない」という妊婦さんも。身体は疲れているはずなのに、夜になるとなぜか眠れない…。眠れないことが心の焦りに繋がり、余計に眠れなくなってしまうという悪循環に陥ります。

また、やっと寝つけたと思っても、夜中に目が覚めてしまうことも。

妊娠初期は安定期に入る前なので、心も身体も不安定なうえに大切な時期です。

眠れないことが、お腹の赤ちゃんの健康に直接的な悪影響を及ぼす訳ではありませんが、ぐっすりと眠れない状態が続くと、母体のストレスになったりと体調を崩す原因になりかねません。

妊娠初期に眠れないのはなぜ?不眠の原因について

ベッドに置かれた読みかけの本

妊娠初期に眠れない症状の原因は、いくつか考えられます。人によって状況は様々ですので、自分に当てはまる原因を探り、解消できるものはひとつずつ解決していきましょう。

原因1.ホルモンバランスの変化と生活リズムの乱れ

妊娠初期は、受精卵の成長を安定させるために、女性ホルモンの活動が活発になります。

ホルモンバランスの変化によって、精神的なイライラ、便秘、胸やお腹の張り、乳首の痛み、肌荒れといった妊娠初期症状が現れます。

特に、妊娠初期に増加する「プロゲステロン」という黄体ホルモンの影響で、眠気やだるさ、熱っぽさを感じます。1日中眠かったり、昼間に異常な眠気が襲ってくる、と訴える妊婦さんも。

お昼寝をしたり、中途半端な時間帯に仮眠を取ったりと、生活リズムが崩れることで、夜にしっかり熟睡できないことがあります。

原因2.つわり

妊娠初期は大半の妊婦さんがつわり症状を感じます。一般的に、妊娠4週目~17週目頃までつわりが続き、その間、吐き気や嘔吐、胃もたれ、胃のむかつきなど、人によって様々な症状が現れます。

つわりの症状がひどいと、眠れないほどの体調不良を訴えるケースがあります。水分が摂れず吐き続けてしまうような「重症妊娠悪阻」になると、治療が必要となる場合も。

原因3.むくみ、足がつる、だるさ

妊娠中は赤ちゃんに栄養を運ぶために、体内の血液量が増え、血液量と水分のバランスが乱れて、むくみやすくなります。運動不足や冷えなどもむくみの原因です。

特に妊娠中期以降は、夜中に何度も足がつって起きてしまう、という妊婦さんもいます。

また、妊婦さんに比較的多くみられる、「むずむず脚症候群」といわれる、脚をじっとしていられない睡眠障害もあります。鉄欠乏や葉酸欠乏などが背景にあるといわれています。

原因4.頻尿

妊娠すると子宮が徐々に膨らんでくるため、膀胱が圧迫されることが原因で頻尿を招きます。妊娠初期の頻尿は安定期頃まで続き、夜中に尿意を感じ、目が覚めてしまうことがあります。

原因5.不安やストレス

妊娠初期は、ホルモンバランスの影響もあって、自律神経が乱れ、本人が思っているよりもナーバスになりがち。妊娠に喜びをいっぱい感じている人がいる一方で、将来に対する不安やストレスも感じやすい時期です。

特に初産の妊婦さんは不安を感じやすく、経産婦さんよりも眠れない悩みを抱えてしまうことがあります。

妊娠初期の「眠れない」はいつまで続く?

カレンダーと鉛筆

妊娠初期の眠れない症状は、個人差はあるものの、安定期に入る妊娠5~6ヶ月以降になると一旦落ち着いてきます。ホルモンバランスの急激な変化にも、少しずつ身体が順応してくる頃です。

それまでは、睡眠不足や不眠がつらくても、自己判断で睡眠薬や睡眠導入剤などを飲まないようにしてください。お腹の赤ちゃんに影響を及ぼす可能性があります。

睡眠不足が続いて体調不良を感じる場合は、まずはかかりつけの産婦人科の医師に相談しましょう

また、むくみや足のこむら返り、頻尿などは、妊娠初期以降も続くマイナートラブルです。さらに、お腹が大きくなってくると、お腹の重みで、うまく眠れないこともあります。

このように、妊娠初期以降も眠れない悩みは続くことがあるため、寝る姿勢を変えたり、就寝前に好きなアロマを焚いたりと、できるだけリラックスして乗り切っていけるとよいですね。

妊娠初期の眠れない・不眠を解消する方法は?

抱き枕を抱いてシムス体位で眠る妊婦

妊娠初期に眠れない日が続く場合、少しでもリラックスして眠れるように、次のことを意識してみてください。

就寝1時間前からスマホやテレビは見ない

現代人の不眠の原因のひとつともいわれていますが、スマホやタブレット、テレビの液晶画面のブルーライトは目に強い刺激を与えます。眠る直前までベッドでスマホを使っている人も少なくないかもしれません。

ブルーライトは、目に刺激があるだけでなく、脳が興奮してしまい眠れなくなるので、就寝1時間ほど前からは液晶を見ないようにしましょう。

身体を温める

身体が冷えていると、血行が悪くなり目が冴えてしまいます。特に寒い季節は、エアコンを調整しながら、暖かい服装に暖かい飲み物を飲むなどして、身体を温めてから眠るようにしましょう。

お風呂は疲れを癒やしリラックスする効果がありますが、妊娠初期の長風呂は控えた方がよいといわれているため、湯冷めしない程度にさっと入るようにしてください。

ストレッチやマッサージで身体をほぐす

妊娠中のむくみや足のこむら返りには、ストレッチや軽いマッサージで、固くなった体をほぐしましょう。全身の緊張が解けて、眠りやすくなります。

昼間は意識的によく動く

昼間に仕事をしている妊婦さんはもちろん、日頃からあまり動くことの少ない人も、意識的に昼間に散歩をするなどして、身体を動かすようにしましょう。生活にメリハリをつけることも、良質な睡眠のために大切です。

ただし、妊娠初期は安定期前の大切な時期でもあります。過度な運動は避けて、軽い散歩や家の中でできる家事だけでも構いません。無理のない範囲で体を動かすようにしましょう。

妊娠中は眠れるときに寝ることも大切

ベッドに横になり昼寝をする妊婦

妊娠初期に眠れない日が続くと、ストレスやイライラ、疲れが溜まってしまいます。

生活にメリハリをつけて、夜に良質な睡眠を取ることが理想的ですが、無理をせず、日中に眠れるときにできるだけ体を休めることも大切です。

無理に夜に眠らなければと思うと、かえって気が張ってしまうことも。できるだけリラックスをして眠るようにし、それでも気になることがあれば、医師に相談してみるとよいですよ。

ママ&プレママに
おすすめの特集

シェリールママをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter LINE@