赤ちゃん・新生児の沐浴のやり方、揃えておきたい沐浴グッズは?

生後1ヶ月頃までおこなう赤ちゃんの沐浴。新生児を洗うには不安や心配も多く、育児の大きな壁と感じてしまうママ・パパも多いはず。そこで今回は、赤ちゃんの沐浴のやり方や手順、あると便利なお風呂グッズをご紹介します!

赤ちゃんの沐浴とは? いつまで?

赤ちゃん 林浴 いつまで

沐浴とは、赤ちゃんを大人とは別のベビーバスに入れて身体をお湯でキレイにしてあげることを指します。大人と赤ちゃんが一緒の浴槽に入ることは入浴(お風呂)と呼び、沐浴と区別して呼ばれています。

乳児湿疹などの肌トラブルを防ぐには、赤ちゃんの皮膚を清潔に保つことが大切です。特に汗をかきやすい夏などは、1日に少なくとも1回は沐浴してあげてください。

赤ちゃんの首が少しずつしっかりし、1ヶ月検診を終える頃までは、大人と同じ浴槽には入らず、沐浴で体を洗ってあげるようにしましょう。

赤ちゃんの沐浴のやり方は?

赤ちゃん 林浴

ここでは、赤ちゃんの沐浴の手順をご紹介します。プレママはこれから生まれる赤ちゃんのために、スムーズに沐浴できるよう予備知識として勉強しましょう。産院にて既に沐浴の手順を教わったママは、復習するつもりで振り返ってみてくださいね。

沐浴手順1.赤ちゃんのタオルや衣類を用意しておく

沐浴後もスムーズに着替えさせられるように、お風呂上がり用のタオルや衣類、おむつをベビーバスの近くに事前に用意しておきましょう。

身体が濡れたままの赤ちゃんを抱えて右往左往してしまうと、せっかく沐浴でキレイになった赤ちゃんが湯冷めして体調を崩してしまうかもしれません。

沐浴手順2.ベビーバスにお湯を準備する

月齢が低い新生児のうちは抵抗力が弱いので、清潔なお湯で沐浴させてあげるようにしましょう。赤ちゃんの沐浴に使うお湯の温度は、38度前後が最適です。

お湯の温度が熱すぎると、皮膚に必要な皮脂までを洗い流してしまい、乾燥の原因になってしまいます。温度計を使ってしっかり温度を確かめるようにしましょう。

沐浴中にベビーバスの中でベビー用石鹸を使う場合は、すぐに上がり湯を使えるように、同じ温度のお湯を張って用意しておくと便利です。

沐浴手順3.赤ちゃんの身体を洗う

赤ちゃんをお湯に入れるときは、足からゆっくり入れるようにしましょう。身体をお湯に入れてあげたら、首を支えながらガーゼを使って頭を濡らします。その後、全身をベビー用石鹸で優しく撫でるように洗いましょう。

このとき、首の下から手を入れ、手のひらと手首で赤ちゃんの首と頭を常に支えてください。足はベビーバスの壁に付けてあげると、固定するので赤ちゃんが安心します。

背中を洗うときは脇の下から手を入れて、腕で赤ちゃんの体を支えながら、背中とおしりと洗いましょう。

ここまでの手順を、目安として5分程度の時間で終わらせるのが理想ですが、新米ママ・パパなら当然時間もかかります。少しオーバーしたからといって、焦らずに沐浴を進めましょう。

沐浴手順4.上がり湯をかけてバスタオルで身体を拭く

赤ちゃんの身体を洗い終えたら、きれいな上がり湯へ移動してベビー用石鹸の泡をよく落としましょう。すすぎ残しがあると肌荒れに繋がりかねませんので、注意してください。

身体の泡をきれいに洗い流したら、最初に用意しておいたバスタオルの上へ寝かせてあげましょう。バスタオルはこすらずに、水分をおさえるようにやさしく拭き取ってあげることがポイントです。

沐浴手順5.保湿ケアを忘れずに

赤ちゃんの身体の水分を拭き取ったら、ベビーローションやベビークリームを使って保湿ケアを忘れずにおこないましょう。お風呂上がりは、赤ちゃんの身体をタオルドライした瞬間から、急激に皮膚の水分は奪われていきます。

タオルドライ後の保湿ケアはスピードが大切です。お風呂上がりから目安5分以内には、保湿してあげると乾燥対策に効果的です。

全身の保湿ケアを済ませたら、湯冷めさせないように、素早くおむつと衣服を着用させます。また、お風呂上がりの水分補給も忘れずにしてあげましょう。

赤ちゃんの沐浴に必要なお風呂グッズ

沐浴グッズ1.ベビー用石鹸

アロベビー ベビーソープ

沐浴剤を使ってもよいですが、ベビー用石鹸であれば沐浴を卒業した後も使えます。ママやパパ一人で赤ちゃんを沐浴させるときは、押すだけで泡が出てくるポンプ式のベビー用石鹸が便利です。

アロベビー ベビーソープは99%以上天然由来成分の純国産オーガニックベビーソープなので、新生児の肌にも安心して使えます。四角い安定感のあるボトルは片手で使用しても倒れないと口コミで評判です!

●商品名:アロベビー ベビーソープ
●容量:250ml
●税込価格:2,106円

販売サイトで見る

沐浴グッズ2.温度計

ピジョン 湯時計

出典:www.amazon.co.jp

お湯の温度を測るために必要な温度計。ベビーバスに浮かべて測れる、デザインも可愛い湯温計です。適温表示も付いているので、簡単に適温か確認することができます。

●商品名:pigeon(ピジョン) 湯温計 白くま
●税込価格:617円~

楽天市場で見るAmazonで見る

沐浴グッズ3.ベビーバス

リッチェル ベビーバス

出典:www.amazon.co.jp

赤ちゃんがぶつかっても痛くない素材のベビーバスなら安心して沐浴させることができます。リッチェルのふかふかベビーバスは、空気を入れるタイプなので小さく折りたためて収納も簡単。さらに、ひっかけフック付きなので、洗った後はひっかけて乾かすこともできて衛生的です。

●商品名:Richell(リッチェル) ふかふかベビーバスW
●税込価格:1,873円~
●対象月齢:新生児~3ヶ月頃
●適用身長:60cmまで

楽天市場で見るAmazonで見る

沐浴グッズ4.ガーゼ

ディーバイダッドウェイ ガーゼハンカチ

出典:www.rakuten.co.jp

ガーゼは主に、お湯の中で赤ちゃんの頭や身体を洗うときに使います。毎日3枚位ずつ使うので、10枚程度は持っておくと安心ですよ。おしゃれなアメダマ模様が、かわいらしいですよね。

●商品名:D BY DADWAY(ディーバイダッドウェイ) ガーゼハンカチ
●税込価格:778円
●サイズ:28cm×28cm
●素材:綿100%

楽天市場で見る

沐浴で赤ちゃんを気持ちよくさせよう

ソープ お風呂

赤ちゃんの首がすわっていない時期の沐浴は大変という声も多いですが、一番大切なのは赤ちゃんにとって「気持ちがいい」かということです。沐浴が気持ちよければ、その後もお風呂が大好きな赤ちゃんになってくれますよ。赤ちゃんに快適に感じてもらえているか考えながら、愛情を込めて沐浴させてあげましょう。

関連キーワード

シェリールママをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter