【医師監修】産後のお腹の黒ずみは消える?原因とケア方法は?

産後はホルモンバランスの崩れにより肌質が変わりやすく、中でも気になるのはお腹黒ずみです。黒ずみは放っておけば自然に消えるものなのでしょうか?妊娠~産後にかけて皮膚に何が起きているのか、気になるお腹の黒ずみの原因とケア方法をご紹介します。

産後のお腹の黒ずみとは? 正中線と同じ?

産後 お腹 黒ずみ

赤ちゃんを出産しても、お腹はすぐに妊娠前のように元どおり、というわけにはいきません。産後のお腹は、伸びきった皮膚がたるんでタプタプ状態になるだけではなく、黒ずみが現れます。

産後のお腹の黒ずみは、部分的ではなく全体的に黒っぽく色素沈着してしまうのが特徴です。

また、妊娠中~産後はお腹の黒ずみだけでなく、脇の黒ずみ、乳首の黒ずみ、デリケートゾーンの黒ずみ、顔のシミなどもできやすくなります。

お腹の黒ずみと正中線は同じ症状?

正中線は妊娠中のホルモン分泌が原因でメラニン色素の増加によっておへその上下に黒ずんだ縦長の線が出てくるものです。

これは、妊娠してお腹が大きくなるに従い目立ってくるので妊娠中にできたものと思ってしまいますが実は正中線は生まれながら持っているもの。

産まれる前にママのお腹の中で細胞分裂したときの名残で、男女問わず持っている線です。正中線は出産すると自然と薄くなっていくケースが多いです。

また、産後のお腹の黒ずみと正中線はできたタイミングは異なりますがどちらもメラニン色素の働きによって起こるものです。

産後のお腹の黒ずみの原因は?

原因は?

原因1.ホルモンによるメラニン色素の増加

産後のお腹の黒ずみは、体内のホルモンバランスの変化が主な原因です。

妊娠中は「黄体ホルモン」が多く分泌されますが、このホルモンにはメラニン色素を活性化させる働きがあり、掻いたり服がこすれたりするだけでも色素沈着、黒ずみが起こりやすくなります。

ホルモンバランスの乱れによって、産後はお腹の黒ずみだけでなく乾燥肌やシミ、しわ、ニキビなどの肌荒れに悩まされることが多くなります。

原因2.肌のターンオーバーが滞る

妊娠中~産後にかけて、皮膚のターンオーバーが崩れがちになることもお腹の黒ずみの原因です。

メラニン色素が増加する一方で、肌のターンオーバーが滞るために皮膚が再生されずに黒ずみが起きてしまいます。

産後に余った皮膚が老廃物として表面に溜まるのもお腹の黒ずみの原因のひとつです。

産後のお腹の黒ずみは消せる?

産後 お腹 黒ずみ 消す

産後のお腹の黒ずみは、瞬間的にいきなり消すことは難しいですが継続的にケアをおこなうことで徐々に目立たなくさせることは可能です。

そこで、体の内側と外側からのケアで皮膚のターンオーバーを助け、老廃物をできるだけ排出するよう促しましょう。

産後のお腹の黒ずみを解消する方法

クリーム 保湿

1.保湿ケア

肌のターンオーバーを促すためには、乾燥を防ぐことがポイントです。保湿力の高いボディクリームをできるだけ毎日塗りましょう。乾燥によるかゆみを抑えるのにも効果的です。

中でも、産後のお腹の黒ずみはメラニン色素が原因となっているため、メラニン色素の生成を抑えたり、色素沈着を抑える作用をもつ美白成分を含む保湿クリームがおすすめです。

また、妊娠線予防クリームには、肌のターンオーバーを活性化させる働きを含むものがあります。保湿力が高く、皮下組織へ浸透しやすくなっているため、産後のお腹の黒ずみケアにもぴったり。余った妊娠線予防クリームは捨てせずに、産後も使い続けるとよいですね。

◇おすすめケアアイテム アロベビーフォーマム 妊娠線クリーム(ボディマーククリーム)

アロベビーフォーマム 妊娠線クリーム

出典:www.alo-organic.com

妊娠中・産後ママのボディケアのために開発された肌に優しい保湿ボディクリームです。ヒアルロン酸の10倍もの保湿力を持つといわれる希少な海藻成分サクランと、24時間保湿が持続するアクアキシルをダブルで配合。しっかり保湿が長続きします。

抗酸化作用を持ち炎症後の色素沈着を抑制するツボクサエキスや、メラニン色素の精子を抑制するチャ葉エキス、シミやそばかすの色素沈着を抑えるカミツレ花エキスなども配合されています。

妊娠線の予防ケアはもちろん、産後のボディケアにもぴったり。99%天然由来成分配合、シリコンやパラベンなど12種類の無添加で赤ちゃんにも使えます。

●内容量:200ml
●税抜価格:3,300円 ※お得な定期便もあります

(2019年1月9日 12:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

販売サイトで見る

◇おすすめケアアイテム バイオイル

小林製薬 バイオイル スキンケアオイル

出典:www.amazon.co.jp

バイオイルは肌角質層深部にまで浸透する美容保湿オイル。世界24カ国で販売されている定番人気アイテムです。

「黒ずみ」自体に効果のある成分は含まれていないものの、保湿効果によって肌を柔軟にし、傷あとやニキビあと、妊娠線など、肌に残ってしまった「あと」もきれいに見せます。口コミでも効果があったと話題です。

もちろん産前・産後だけでなく、乾燥をケアする保湿アイテムとして使えます。

●内容量:125ml
●税込価格:楽天/2,722円、Amazon/2,980円

(2019年1月9日 12:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

2.ビタミンCを摂ってインナーケア

お腹の黒ずみの解消には、外側からのケアに加えて内側からもケアも意識するとよいですね。ビタミンCには、黒ずみの原因であるメラニンの生成を抑える、肌に弾力を与えるなどの効果があります。

ビタミンCを多く含む野菜には、赤・黄ピーマン、ブロッコリー、カリフラワー、芽キャベツなどが挙げられます。野菜は調理方法によって、ビタミンCが損なわれることがあるため、柿やいちご、グレープフルーツなどの果物から摂取するのもおすすめです。

3.エステや美容医療クリニックへ行くのもひとつの方法

自宅でおこなうセルフケアでは十分な効果が得られず、お腹の黒ずみをもっときれいにしたい人は、エステや美容医療での施術、またはクリニックで美白成分を含む化粧品(塗り薬)を処方してもらうのもひとつの方法です。

美容医療では、レーザーを使ってお腹の黒ずみに美白効果を得られる施術を受けます。費用はエステによって異なるため、事前にホームページなどで確認してみましょう。

また、クリニックでは、「ハイドロキノン」「トレチノイン酸」に代表される、美白効果や皮膚細胞の活性効果のある成分を含む医療用化粧品(塗り薬)を処方してもらうことができます。こちらも、詳細は医療機関で医師に相談しましょう。

産後のお腹の黒ずみは改善できる

クリームを手に取りボディケアをする女性

産後のお腹の黒ずみは、このまま治らずに一生残ってしまうのではないかと心配になってしまいます。しかし、お手入れを続けることで徐々に薄く解消することは可能です。

育児や家事に忙しいママにとって、手の込んだお手入れを続けることは簡単ではないかもしれませんが、ボディクリームを塗るための5分だけは毎日確保するなど、無理のない範囲で対策を続けましょう。

ママ&プレママに
おすすめの特集

シェリールをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter Twitter