赤ちゃん・子供の日焼け止めの落とし方、クレンジングは必要?

紫外線対策に必須の日焼け止め。赤ちゃんの肌を守るために使っているはずだけど、誤った落とし方をしていると、かえって肌に負担になってしまうかも。赤ちゃん・子供にやさしい日焼け止めの落とし方について知っておきましょう。

赤ちゃん・子供の日焼け止めを落とすのに専用クレンジングは必要?

赤ちゃん 日焼け止め 落とし方 ウォータープルーフ

基本的に、赤ちゃんや子供用の日焼け止めは肌への負担を軽減するために、天然由来成分でつくられていたり、ノンケミカルでできているので、専用クレンジングは不要の商品が多いです。普段使っているベビーソープだけで十分きれいに落とすことができます。

言い換えると、専用クレンジングが必要となるような日焼け止めは、赤ちゃんの肌に負担が大きくなります。落とし方が甘いと肌に成分が残ってしまい、デリケートな赤ちゃんや子供には肌荒れや湿疹の原因になりかねません。

近所の散歩や普段使いであれば、専用クレンジングがなくても落とせるノンケミカル処方の日焼け止めで十分。長時間のレジャーを楽しむような海水浴やプールの時には、必要に応じてウォータープルーフタイプの日焼け止めを使うとよいですね。

以下では、ウォータープルーフタイプや、SPF・PAの値が高いものなど、ベビーソープだけでは落ちにくい日焼け止めの正しい落とし方をまとめました。また、ノンケミカルタイプの日焼け止めを使っている場合も、「日焼け止めの成分の肌に残っていないか心配」というママは、ぜひご参考ください。

赤ちゃん・子供にやさしい日焼け止めの落とし方

赤ちゃん 日焼け止め 落とし方

日焼け止めを塗って、赤ちゃんや子供とのお出かけを楽しんだ後は、肌への負担を減らすためにも、できるだけ早めに落としてあげるのが理想的です。

赤ちゃんにやさしい日焼け止めの落とし方、まずは以下のものを準備しましょう。

  • ベビーオイル(またはベビーローション)
  • ベビーソープ
  • ガーゼ
  • 保湿剤

それでは、必要なグッズを揃えたら、具体的な日焼け止めの落とし方を順を追ってご説明します。

落とし方1.ベビーオイルをクレンジング代わりに使う

大人の女性の中でもベビーオイルをクレンジング代わりに使うのが話題になりました。同様に、赤ちゃんの日焼け止めの落とし方にもおすすめです。

ベビーオイルやベビーローション(乳液状の保湿剤)を適量塗り、日焼け止めとやさしく丁寧に馴染ませて、成分を浮かせます。

もしも保湿剤が口に入っても問題ないように、こちらもノンケミカル処方の天然由来素材でできているベビーオイル、またはベビーローションを使うようにしましょう。

成分残りが気になる人は、専用の日焼け止め落としを

とはいっても強力なウォータープルーフの日焼け止めを使用した日など、きれいさっぱり落としたい人は、赤ちゃん専用の日焼け止め落としがおすすめです。クレンジングシートは、肌をこすらずに汚れとシートの洗浄成分を馴染ませるイメージでやさしく使いましょう。

◇ピジョン ベビークレンジングナップ

ピジョン 日焼け止め落とし

出典:www.amazon.co.jp

無香料、無着色、弱酸性、低刺激処方で、新生児から使えます。日焼け止めを落としながら、乾燥しやすい赤ちゃんの肌に潤いを与えます。

●税込価格:Amazon/998円
●内容量:12枚

(2018年8月3日 15:30時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

Amazonで見る

落とし方2.ベビーソープはよく泡立てる

ベビーオイルを馴染ませた後は、ベビーソープ(洗顔)で洗ってあげます。その際は、洗浄料をよく泡立てることがポイント。

日焼け止めを落とす際はついついゴシゴシしてしまいがちですが、摩擦で傷ついてしまうので、ふわふわの泡をころがすようにやさしく洗ってあげましょう。肌への負担がないだけでなく、日焼け止めの汚れもしっかり絡め取ってくれます。

ベビー石鹸などは泡立てネットを使うと泡立ちがよくなりますよ。また、押すだけで泡で出てくるポンプ式のベビーソープが便利でおすすめです。

落とし方3.すすぎ残しのないよう洗う

日焼け止めと泡を馴染ませたら、すすぎ残しのないようにしっかり洗い流します。顔のすすぎは、お湯をふくませたガーゼを使うと生え際もすすぎ残しがなくきれいに洗えます。

落とし方4.保湿ケアで乾燥対策

日焼けすると紫外線の影響で肌は乾燥が進みます。また、日焼け止めやクレンジングも肌に負担をかけています。日焼け止めをきれいに落とした後は、保湿をして肌に潤いをプラス。バリア機能を高めてあげましょう。保湿剤は日頃使っているベビーローションなどでOK。

顔だけでなく、もちろん全身を保湿します。紫外線を浴びた顔や首周り、手足などの露出部分は特に丁寧に保湿してあげましょう。

赤ちゃんの日焼け止めはさっぱり落とそう

赤ちゃん 日焼け止め 落とし方 スキンケア

日焼け止めは有害な紫外線から皮膚をガードするためにも夏の必須アイテム。しかし、落とし方を間違えると、肌荒れの原因にもなりかねません。日焼け止めを正しく使うと共に、きれいさっぱりに落として、赤ちゃんのデリケートな肌を守ってあげましょう。

ママ&プレママに
おすすめの特集

シェリールをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter Twitter