妊娠線がかゆい!お腹のかゆみは妊娠線の前兆?対策法は?

妊婦さんのお腹や太ももに現れる妊娠線。妊娠線は見た目が目立つだけでなく「かゆい」と辛い思いを抱えている人もいます。妊娠線のかゆみは、無自覚のまま掻きむしってしまうことで、痕として残ってしまうかもしれません。妊娠線がかゆい時の適切な対策方法をご紹介します。

妊娠線とは?

妊娠線 かゆい 妊婦 お腹

妊娠線とは妊婦さんのお腹や太もも、胸、二の腕に現れる亀裂。いわゆる肉割れ線のことです。妊娠線はすべての妊婦さんにできる訳ではなく、個人差があり、結局出産までできなかったという人もいます。

妊娠線ができる時期も人それぞれで、お腹が膨らみ始める5ヶ月ぐらいで早々にできてしまう人、また臨月にできる人もいます。一般的には、妊娠後期にできる人が多いようです。

妊娠線の原因

妊娠線はお腹の赤ちゃんの成長に合わせて、お腹が膨らんだり脂肪がつく過程で発生します。急速な皮膚の伸びに皮下組織が耐え切れずに、亀裂が入ってしまうことが原因です。

妊娠線予防クリームで肌を保湿ケアしたり、サポート下着を着用することで妊娠線を予防することができます。

妊娠線がかゆい原因は?

妊娠線 かゆい 原因

妊娠線は、皮膚にできた「亀裂」です。いわば皮下組織と真皮にできた傷なので、一般的な傷やかさぶたと同じようにかゆいと感じてしまいます。

また、かゆいのは肌が乾燥している証拠。乾燥していると妊娠線もできやすく、乾燥肌と妊娠線は密接な関係だといえます。お腹がかゆいと思ったら、妊娠線ができる前兆かもしれません。

そのほか、妊娠中は以下の理由によって、肌がかゆい傾向があります。

ホルモンバランスの影響

妊娠すると「コルチコステロイド」と呼ばれるホルモン分泌量が増量し、その影響によって皮膚が薄く固くなります。さらにホルモンバランスの乱れによって、肌の新陳代謝が抑制され乾燥しやすくなり、衣類の摩擦など少しの刺激でもかゆいと感じてしまいます。

肝機能の低下、妊娠線痒疹

妊娠中は肝機能が低下しやすい傾向にあります。これが影響し、脂肪の消化に必要な「胆汁」が体内に溜め込まれ、皮膚組織に影響を及ぼします。外的刺激への反応が敏感になり、皮膚に触れる衣服の素材、下着の締め付けにも刺激を覚えかゆみが生じます。

また、肝機能が低下することで、妊娠線痒疹という妊婦さん特有のかゆみや湿疹が出てくる病気が発症することもあります。

妊娠線のかゆみは掻かないで!

妊娠線 かゆみ NG NO 医師

妊娠線はかゆいからと、思いのままに掻き毟ってはいけません。妊娠中は肌状態がデリケートになっているので色素沈着が起こりやすく、妊娠線がより目立ってしまいます。

かゆみを我慢するもの精神的につらく、眠っている時などは無意識に掻き毟ってしまうことがあります。妊娠線がかゆいと思ったら、早めに対策をして肌を守ってあげることが大切です。また、できるだけ爪は常に短くしておくと、かゆみから無意識に掻いてしまった時も安心ですね。

妊娠線がかゆいときに試したい効果的な対策方法

妊娠線 かゆい 対策 方法

1.妊娠線予防クリームで保湿

乾燥肌を放置するとさらなるかゆみを招きます。妊娠線予防クリームはケチらずにたっぷり使って、肌に潤いを保ちましょう。朝やお風呂上がりなど、少なくとも1日に2回は保湿してください。

しかし、もしかするとクリームの成分が肌に合わずかゆい場合があります。妊娠中はホルモンバランスの変化によって、普段であれば問題なく使っていたボディクリームが合わなくなる可能性があります。できるだけ、妊婦さんにも安心して使えるような専用の妊娠線予防クリームがおすすめです。

2.肌を清潔にする

乾燥以外にも、汗や皮脂、蒸れが放置するとかゆみを引き起こす可能性があります。お腹が大きくなると体が重くなり、汗をかきやすくなります。1日に一度はお風呂やシャワーで汗やホコリ、花粉などのかゆみの原因を洗い流してください。

また、お風呂上がりは乾燥しやすいため、妊娠線予防クリームで保湿することを忘れずにおこないましょう。

3.身に付ける衣類・下着を見直す

妊娠前から問題なく使用している衣類や下着であっても、肌状態が変わる妊婦さんにとっては、かゆみの原因になってしまうかもしれません。下着の締め付けや縫い目、ゴム部分は、特にかゆいと感じさせる要素でもあります。おしゃれでかわいいレースの飾りや凝ったデザインの下着も、かゆみを助長させてしまうかもしれません。

妊娠中は無理なく身に付けられる、締め付け感の少ない下着や、ゆったりとして衣類を選びましょう。また、肌へ刺激になりにくいコットン素材などがおすすめです。

4.つらいかゆみは専門家に相談する

上記のような対策をしても妊娠線がかゆい場合は、無理せずに一度かかりつけの産科医に相談してみましょう。原因や対策方法のアドバイスを教えてくれたり、妊婦さんということを考慮して、適切な薬を処方してくれるケースもあります。

なお、市販のかゆみ止めは、ステロイドが含まれているものなど、商品によっては妊婦さんに使用しない方がよい薬もあります。お腹の赤ちゃんに悪影響を及ぼす心配があるため、自己判断での使用は避けましょう。

妊娠線のかゆみはいつか治まるもの

妊娠線をはじめとする妊娠中に起こる様々な体の変化には、不安を覚える人も少なくないでしょう。妊娠線のひどいかゆみが続くと、ストレスに繋がってしまうかもしれません。

妊娠線のかゆみは、セルフケアで治まらない時は我慢せずに医師に相談しましょう。辛い妊娠線のかゆみも、「いつかは治まるもの」と明るい気持ちで向き合ってくださいね。

シェリールママをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter