産後痩せない人はこれが理由?痩せやすい体をつくる方法

産後ママが気になるのは、なかなか痩せない体重・体型を戻すこと。母乳育児で授乳していれば痩せると思っていたのに、なかなか痩せなくて悩んでいるママも多いのではないでしょうか。それはもしかしたら、産後の生活習慣が原因かもしれません。産後に痩せない原因と、いつ痩せやすいのかご紹介します。

産後になかなか痩せない理由は?

産後 ダイエット 痩せない

出産後は、赤ちゃんとの感動の対面に浸るのも束の間、早速怒涛の育児がスタート。母乳育児によって授乳をしていれば、「何もしなくても自然に痩せるらしい」と聞いていたママも多いかもしれません。

確かに母乳育児をしているママは、普段よりも多くのカロリーを消費しています。それでもなかなか痩せない人は何が原因なのでしょうか。

次のうち、思い当たることはありませんか?産後なかなか痩せない場合、考えられる原因について、それぞれ詳しく見てみましょう。

  • 授乳中はお腹が空くからと食べ過ぎている
  • ジュースなど甘い飲み物ばかり飲んでいる
  • 筋力が低下し運動不足が続いている
  • 骨盤の歪みを放置している、姿勢が変化した

1.食べ過ぎていたり、カロリーオーバーしていませんか?

授乳期間中は、母乳を作るために多くの栄養を使うため、通常時よりもお腹が空きます。だからといって、食べ過ぎたり間食をたくさんしていると、痩せるはずの体もなかなか痩せません。

厚生労働省の「日本人の食事摂取基準」によると、母乳育児中の理想摂取カロリーは通常時の基本摂取カロリー+350kcal(1日あたり)といわれています(※1)。350kcalは、およそ菓子パン1個分ぐらいを想像するとよいでしょう。

思った以上にすぐに超えてしまうカロリーなので、「少し食べ過ぎているかも?」と感じている産後ママは、1日の食事内容を見直してみてください。

油っぽい食べ物やジャンクフード、脂肪分たっぷりのスイーツはできるだけ避けて、和食中心の食生活を送りましょう。野菜は意識して摂るようにするとよいですね。

2.甘いジュースばかり飲んでいませんか?

母乳育児中は水分が多く必要になるので、いつも以上に水分を意識して摂ることがすすめられています。しかし、甘いジュースや炭酸飲料などは糖分がたっぷり含まれています。

これらの飲み物は特に喉が渇いている時においしく感じますが、がぶ飲みしていると、産後いつまで経っても痩せません。産後痩せやすい体質づくりには、ミネラルウォーターや麦茶、ハーブティーなどの飲み物にシフトする習慣をつけましょう。

3.筋肉量が低下し、運動不足が続いていませんか?

産後ダイエットには、脂肪燃焼のための筋肉が必要不可欠です。しかし、妊娠中はホルモンバランスの影響と、赤ちゃんを育てるために、脂肪を蓄えやすくなっています。さらに、妊娠中は体を動かす機会が減るため筋力が低下。

これは出産後もしばらく続き、特に産褥期(さんじょくき)*は安静にする必要があります。その間、運動量が減り筋肉は落ちたままの状態が続きます。

このように、妊娠中から産後を通して脂肪量が増えているのに対して、筋肉量が減っているので、ダイエットをしてもなかなか痩せない体ができてしまっているのです。

産後しばらくは無理は禁物ですが、1ヶ月健診で問題がなければ、少しずつ体を動かすようにするとよいですね。赤ちゃんのお世話をしながらでもできる産褥体操やストレッチをおこないましょう。

*産褥期(さんじょくき)・・・妊娠、出産によって変化した体を元の状態に戻すための回復期間。およそ産後6~8週間の時期を指します。

4.骨盤の歪みを放置していませんか?

妊娠すると女性の体は、出産の準備のために骨盤が開き歪みが生じます。骨盤が開くと内臓が下がってしまうために、皮下脂肪がつきやすく、代謝が落ちてしまいます。骨盤の開きと歪みも産後に痩せない原因のひとつ。

産後の骨盤の開きは、出産から6ヶ月以内を目安に、できるだけ早く元の位置に戻すようにしましょう。骨盤ベルトや骨盤ショーツなどのグッズは、正しく使えば効果的なので、利用するのもよいでしょう。

また、日頃の姿勢や座り方を正すことも骨盤矯正には必要です。授乳などで、ついつい猫背になってしまうのも、産後痩せない理由かもしれません。整体へ行きプロの力を借りるのもひとつの手ですよ。

産後痩せやすいのはいつ?

赤ちゃんの添い寝をするママ

産後は、出産から6ヶ月~1年ぐらいをかけて徐々に妊娠前の体に戻っていくとされています。産後1年ぐらいまでは、体が痩せやすいので、この期間は意識的にダイエットするようにしましょう。

妊娠中に蓄えられた脂肪は、頑固に体についているわけではありませんので、痩せることは可能です。

なかなか痩せないと思っても諦めずに、今回ご紹介した内容をご自身の生活スタイルに当てはめて見直してみてください。また、産後のダイエットはすぐに成果が出る訳ではないので、継続して続けることも大切ですよ。

※1 参考文献:厚生労働省 日本人の食事摂取基準(2015年)

ママ&プレママに
おすすめの特集

シェリールをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter Twitter