哺乳瓶の3つの消毒方法、煮沸・レンジ・薬液のメリットとデメリット

赤ちゃんの感染症を防ぐためにも、口に触れる哺乳瓶消毒しなければいけません。今回は、哺乳瓶の消毒方法について、煮沸消毒・電子レンジ消毒・薬液消毒の主な3つを、それぞれのメリットとデメリットをご紹介します。赤ちゃんの健康を守るためにも、きちんと把握しておきましょう。

哺乳瓶を消毒して感染症を予防する!

哺乳瓶 消毒

産まれたばかりの新生児は、ママから譲り受けた免疫力のわずかな力によって菌から守られています。しかし、大人と比較すると免疫力は2分の1程度しかありません。

さらに、出産から日数が過ぎていくにつれて、ママからもらった免疫力は徐々に低下し、生後3ヶ月を迎える頃には免疫力はほぼ0(ゼロ)の状態に。赤ちゃんは回復する力も弱いため、ウイルスが体内に入り込んでしまうと、病気が悪化してしまいがちです。

そのためウイルスを体内へ侵入させないように、哺乳瓶やおしゃぶり、マグなどの赤ちゃんが口に入れるもの、粘膜に触れるものはきちんと洗い消毒をすることが大切です。また、赤ちゃんは興味を持ったものを何でも口に入れてしまうため、日頃使っているおもちゃなども消毒しておきましょう。

毎日洗っていれば殺菌作業は必要ない?

哺乳瓶は、毎日念入りに洗っていれば殺菌作業は必要ないのでしょうか? 答えは「ノー」です。哺乳瓶は複雑な形をしており、特に底部分や乳首部分は、なかなか隅々まで手洗いすることができません。しっかり洗ったつもりでも、汚れは落ち切っていない可能性があります。

哺乳瓶の汚れをそのままにしておくと菌が繁殖してしまうので、ミルクを作る前に消毒するようにしましょう。

哺乳瓶の消毒はいつまで?

哺乳瓶 消毒 赤ちゃん ママ

哺乳瓶を消毒した方がよいとされる期間は様々な説がありますが、周囲の物を口の中に入れ始める生後3~4ヶ月頃までが一般的とされています。心配なようであれば、離乳食を開始し免疫力が上がり始める生後6ヶ月頃まで消毒を続けてもよいでしょう。

哺乳瓶の消毒を止める際は、いきなり止めずに殺菌回数を徐々に減らしながら様子を見つつ進めてください。消毒の中断後に、赤ちゃんが感染症を発症したりするようであれば、再度、哺乳瓶の消毒を再開する必要があります。

哺乳瓶を消毒する前に

哺乳瓶 消毒 ミルク 母乳

いくら哺乳瓶を消毒するからといっても、ミルクの残りカスなど、汚れがついたまま殺菌作業を開始するのはやめましょう。菌の繁殖の元になる汚れは、できるだけきれいにしてから消毒するとより効果的です。

哺乳瓶を洗浄する際は、まずはボトル部分と乳首部分を取り外します。それぞれを専用のスポンジを使って丁寧に洗いましょう。洗剤は普段使用しているもので問題ありません。洗浄したらきれいに洗い流します。

きれいに洗ったら消毒に移りましょう。

洗剤ミルトン 哺乳びん・さく乳器・野菜洗い

ミルトン 哺乳瓶 消毒

出典:www.amazon.co.jp

植物性洗浄成分を使用した無添加洗剤。哺乳瓶や搾乳機をはじめとする赤ちゃん用品の他、離乳食用の野菜やフルーツの洗浄にも使えます。

●税込価格:楽天/970円、Amazon/938円
●内容量:750ml

(2018年8月3日 15:15時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

哺乳瓶の消毒方法1.煮沸消毒

哺乳瓶 消毒 煮沸

沸騰した熱湯で哺乳瓶を殺菌する方法です。手順は次のとおりです。

  • 哺乳瓶が浸る深さの鍋を用意しお湯を沸かします(菌が死滅する90℃になるまで沸騰させます。目安は大きな泡がボコボコと浮かんでくるまで)。
  • お湯が沸いたら哺乳瓶のボトル部分をすべて浸るように沈めて、7分間放置します。
  • 7分経過したら取り外しておいた乳首とキャップも鍋に入れて、さらに3分間放置します。
  • 3分経過したら哺乳瓶などをすべて取り出し、清潔な布またはキッチンペーパーの上で自然乾燥させます(取り出す際はヤケドしないようにトングなどを使用してください)。
  • 哺乳瓶をすぐに使用しない場合は、専用の保管ケースに収納します。

煮沸消毒のメリット

必要な道具が大きな鍋だけなので、家にあるもので簡単にできる消毒方法です。専用グッズの購入が必要ないので、母乳育児がメインで哺乳瓶の使用頻度が低い人に向いているといえます。

大きめの鍋を使えば、他のおもちゃやカトラリーも同時に消毒することができます。

煮沸消毒のデメリット

プラスチック製の熱に弱い哺乳瓶、また乳首部分は熱湯によって劣化しやすいことがデメリットです。また、料理に使っている調理用の鍋はできるだけ使わない方がよいので、消毒専用の新しい鍋を用意する必要があります。

哺乳瓶の消毒方法2.電子レンジ消毒

哺乳瓶 消毒 電子レンジ

電子レンジと少量の水を使って殺菌する方法です。手順は次のとおりです。

  • 電子レンジの消毒専用容器を用意し、洗い終わった哺乳瓶に乳首を取り付けます。
  • 哺乳瓶の中に水を少しだけ入れて、専用容器の説明書に記載のワット数・時間どおりにレンジをかけます。
  • 時間どおり温めたら、水を捨てて、キャップをして保存します。

電子レンジ消毒のメリット

電子レンジ消毒は手間がほとんどかからず、素早く完了するのがメリットといえます。また、火を使わないので、電子レンジを使っている間もその場を離れられる点もうれしいですね。

電子レンジ消毒のデメリット

電子レンジ消毒は専用の容器を購入する必要があります。また、自宅の電子レンジの大きさによっては、専用容器が入らない可能性も。

哺乳瓶の材質によっては電子レンジにかけられない物もあるので、事前に確認する必要があります。シリコンでできている乳首部分は劣化しやすいので注意しましょう。

哺乳瓶の消毒方法2.薬液消毒

哺乳瓶 消毒 薬液

ミルトンに代表される専用の薬液とタッパーなど十分な大きさの容器を使って殺菌する方法です。手順は次のとおりです。

  • 説明書に記載の用量で薬液を作り容器に入れます。
  • その中に、哺乳瓶を約1時間(説明書に記載の時間どおりで)浸けます。
  • 浸け終わった後は、説明書に記載の手順に従い、哺乳瓶を水洗いか自然乾燥します。

【第2類医薬品】ミルトン液体タイプ

ミルトン 液体 消毒

出典:www.amazon.co.jp

●税込価格:楽天/1,295円、Amazon/1,274円
●内容量:1L(他、450mlと3L容量タイプがあります)

(2018年8月3日 15:15時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

ミルトン専用容器

ミルトン専用容器

出典:www.rakuten.co.jp

専用トングがついているので、より衛生的に薬液から哺乳瓶を取り出せます。容器のフタに薬液を計量がついています。

●税込価格:楽天/1,500円、Amazon/1,500円
●サイズ:哺乳びん6本分

(2018年8月3日 15:15時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

薬液消毒のメリット

薬液は24時間使うことができるため、一度用意すればいつでも殺菌作業ができます。1日に何度も消毒したい人に向いています。

また、煮沸消毒や電子レンジ消毒のようにヤケドの心配はなく、粗熱を冷まさなくてもすぐに使える点が便利です。

薬液消毒のデメリット

薬液消毒のデメリットとしては、ミルトンなどの薬液を購入し続けなければいけないため、他の消毒方法よりも金銭的負担が大きくなってしまいます。また、薬液の安全性は理解しつつも、哺乳瓶に薬剤が残っているのではないか不安に感じるママもいるようです。

哺乳瓶を消毒して菌から赤ちゃんを守ろう

赤ちゃん 授乳 母乳 哺乳瓶

今回ご紹介した3つの哺乳瓶の消毒方法は、必ずしもどれが一番効果的だと断言できるものではありません。それぞれにメリットとデメリットがあるため、生活習慣やコスト面を考慮して選ぶとよいでしょう。

また、菌が繁殖しやすい夏季は薬液を使ったり、薬液が切れてしまった時は煮沸消毒をおこなうなど、状況に応じて使い分けしてもよいですね。

大切なのは、ママが殺菌作業を面倒くさがらずにきちんと続けられることです。自分に合う哺乳瓶の消毒方法を見極めて、赤ちゃんを菌から遠ざけてあげましょう。

ママ&プレママに
おすすめの特集

シェリールをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter