赤ちゃんのおしりに優しいおしりふきおすすめ5選

赤ちゃんのおしりはおむつかぶれを起こしやすいデリケートな部分。そのおむつかぶれ、実はおしりふきが原因かもしれませんよ!赤ちゃんにやさしいおすすめおしりふきをピックアップしてご紹介します。消耗品にはこだわっていなかったママも、おしりふきを正しく選んでかわいいおしりを守ってあげましょう。

おしりふきは質にこだわるのがおすすめ。その理由は?

赤ちゃん おしりふき おすすめ

こだわる理由1.おむつかぶれを起こしやすい

ほとんどの赤ちゃんに起こるおむつかぶれ。医師によると、軽度の症状を入れるとおよそ100%の赤ちゃんが経験するようです。

おむつかぶれの原因のひとつに、おしりふきの摩擦による刺激が挙げられます。赤ちゃんの皮膚はとても薄くて、大人の2分の1程度の厚さしかありません。おむつをつけっぱなしで蒸れて皮膚がふやけている状態で、肌に合わないおしりふきでゴシゴシこすってしまうと、すぐに炎症を起こしてしまいます。

可能であれば、おしりふきは使わずに、おむつ替えの度におしりをシャワーで洗い流してあげると効果的ですが、外出先ではそうもいきません。肌にやさしいおしりふきを常備しておくのがおすすめです。

こだわる理由2.おしりだけでなく顔や全身にも使う

赤ちゃんはおむつ内部が蒸れやすいだけでなく、汗っかきであせもを起こしてしまうこともしばしば。体は小さいけれど大人と同じ数の汗腺を持っているため、汗腺が6~7倍ほど密集して、大人の倍以上の汗をかいています。

あせもや湿疹の予防ケアのためにも、こまめに汗をふいてあげることが必要ですが、そのときにもおしりふきが大活躍!また、かぶれやすい口周りに使うこともあるので、しっとり保湿タイプの良質なおしりふきがおすすめです。

こだわる理由3.1日に何度も使う

特に新生児期から離乳食が始まるまでは、うんちやおしっこの回数がとても多いです。1回あたりの量は少ないものの、排便の度におしりをきれいにしてあげなかればいけないため、おしりふきを何度も使うことになります。新生児期で、1日に15枚もおしりふきを使ったという人もいます。

おむつはずれは2~3歳頃になるので、長期にわたって使用頻度が多いからこそ、できるだけ刺激の少ない適切なおしりふきを選ぶことが大切です。おしりふき自体が肌に合っていないと、それが原因となっておむつかぶれや肌荒れを引き起こす可能性があります。

赤ちゃんにおすすめのおしりふき5選

1.赤ちゃん本舗 Double AQUA(ダブルアクア) 厚手タイプ

赤ちゃん本舗 ダブルアクア 厚手タイプ

出典:www.amazon.co.jp

厚手タイプは、使用量が多い時期におすすめのおしりふき。サッとおしりの汚れを拭き取れるので、時間短縮に繋がります。アルコールを使用していない点、無香料である点もおすすめポイント。水分を多く含むため、肌への負担を軽減できて、おむつかぶれの予防にも最適です。

≪商品詳細≫
●内容量:55枚×12個
●税込価格:4,350円

(2018年8月2日 11:30時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

Amazonで見る

2.レック 水99.9% ふんわり おしりふき

レック おしりふき

出典:www.amazon.co.jp

水99.9%のウェットシート製法で、特許を取得しているおしりふきです。PG(プロピレングリコール)、アルコール、パラベン、香料はすべてフリーで赤ちゃんの肌へのやさしさにこだわっています。

≪商品詳細≫
●内容量:80枚入×20パック(1600枚)
●税込価格:楽天/2,037円、Amazon/2,018円、定期便1917円

(2018年8月2日 11:30時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

3.ムーニー おしりふきトイレに流せるタイプ

ムーニー おしりふき

出典:www.amazon.co.jp

先輩ママたちが選ぶ「第6回マザーズセレクション」にて大賞を受賞したムーニーシリーズのおしりふきシート。アルコール不使用、パラベン無配合、無香料と、赤ちゃんのおしりにやさしい仕上がりです。水と蒸気にて織り上げたおしふきなので、敏感肌にもおすすめ。トイレに流せるのでトイレトレーニングの時期に活躍します。

≪商品詳細≫
●内容量:50枚×8(詰め替え用)
●税込価格:楽天924円、Amazon/664円〜

(2018年8月2日 11:30時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

4.花王 メリーズするりんキレイおしりふき

花王 おしりふき

出典:www.amazon.co.jp

「うんちキャッチゾーン」付きのおしりふきシート。細かいくぼみがあるので、何度もおしりを擦ることなく、汚れをしっかりと取り除けます。排便が多い時期のおしりふきとしておすすめです。しつこく付着した汚れになじむローションの働きにより、力を入れずに落とすことが可能です。取り出しやすい容器に入っているので、まとまって取り出してしまうこともなくなります。

≪商品詳細≫
●内容量:54枚(詰め替えあり)
●税込価格:楽天/538円、Amazon/834円

(2018年8月2日 11:30時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

5.ムーニー おしりふき こすらずするりんっ

ムーニー おしりふき

出典:www.amazon.co.jp

赤ちゃんがいたずらしないように、チャイルドロックが付いたムーニーのおしりふき。中身が減って取りにくくなったら、底のボタンを押し上げると最後まで片手で取り出すことができます。パラベン、アルコール、香料は無配合なので、安心して手や体にも使えますよ。

≪商品詳細≫
●内容量:60枚(詰め替えあり)
●税込価格:楽天/366円、Amazon/299円

(2018年8月2日 11:30時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

月齢別におすすめのおしりふきは?

おしりふき おすすめ おむつ 育児グッズ

おしりふきは、赤ちゃんの月齢に合わせて、商品の選び方を変えるのがおすすめ。主に、新生児期、離乳食を始める時期(生後5ヶ月頃)、2歳前後を基準にして、おすすめのおしりふきのタイプをご紹介します。

新生児におすすめ:肌への刺激が少ないおしりふき

新生児は一番うんちの回数が多い時期。下痢をしがちな時期でもあるので、水分を多めに含む厚手のおしりふきがおすすめです。おしりふきを頻回に使っていると、どうしても肌へ刺激になりがちなので、何度拭いてもおしりを痛めにくいものがいいですね。また、新生児は、厚手で大判サイズであれば、ケア中におしりふきが破れることもなく安心です。

なお、最初のうちは、どんなもので赤ちゃんが肌荒れを起こすかまだわかりません。いきなり大量買いなどはせずに、いろいろと試してみるとよいですね。

離乳食を始める時期(生後5ヶ月頃)におすすめ:パック売り、箱入りのおしりふき

新生児を過ぎたら、パック売り商品や箱入りシートなどがおすすめです。できるだけ、PG(プロピレングリコール)やアルコール、パラベンなどの化学成分が含まれないものを長く使うようにしてください。

また、このうんちがおしりにこびりつきやすい時は、新生児の時に使用していた水分多めのおしりふきを使いましょう。タイプ別にいくつかの種類のおしりふきを持っておくのもおすすめです。

2歳前後におすすめ:トイレに流せるおしりふき

2歳を迎える頃はトイレトレーニングを始める時期でもあります。トイレでおしりふきを使用することも考えられるため、トイレに流せるタイプのおしりふきをおすすめします。トイレットペーパーは水分を含んでおらず肌への負担が大きいため、あまりおすすめできません。

おしりふきは肌へのやさしさで選ぼう

おしりふき 肌 優しい 育児グッズ

おむつかぶれの対策には、おしりを清潔に保つことが大切です。おしりふきは必須の育児グッズといえますが、使用しているおしりふきが肌に合っていなければ意味がありません。消耗品だからといって、価格の安さだけを重要視せずに、肌へのやさしさにこだわって選ぶことをおすすめします。

また、おしりに湿疹や炎症が起きてしまったときは、おしりふきの使用を止めて、シャワーで洗い流したり、柔らかいティッシュやコットンに水分を含ませて拭いてあげるようにしましょう。

関連キーワード

ママ&プレママに
おすすめの特集

シェリールをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter