【医師監修】妊娠中は脱毛できる?お腹の赤ちゃんへの影響は?

妊娠しても女性である限り、脱毛をしてムダ毛のお手入れはきちんとしておきたいもの。しかし、妊娠中の光脱毛や医療レーザー脱毛はお腹の赤ちゃんに悪い影響はないのか心配ですよね。妊婦さんが安全に脱毛する方法と注意点も併せてご紹介します。

妊娠中も脱毛はできる?

脱毛されたきれいな女性の脚

妊婦さんになるまでは、光脱毛やいわゆる「永久脱毛」と呼ばれる医療レーザー脱毛の専門サロンや美容クリニックに定期的に通っていた人も多いことでしょう。女性である以上、ほとんどの人が妊娠をしてもムダ毛のお手入れはきちんとしたいと感じています。

また、妊娠するとホルモンバランスの影響によって、妊娠前よりも体毛が濃くなる傾向があります。そうなると余計に脱毛したいと感じるものですよね。

妊娠中に、サロンや美容クリニックにて脱毛を受けても大丈夫なのでしょうか?

答えはNG

妊娠すると、光脱毛や医療レーザー脱毛を続けることはできません。ほとんどのサロンや美容クリニックで妊婦さんと授乳中の女性の脱毛を断っています。

この理由は、妊娠中はホルモンバランスが乱れることで肌状態が敏感になり、脱毛によって思わぬ皮膚トラブルを引き起こす可能性があるためです。さらに、妊娠中は毛周期が変わるために、脱毛をしても十分な効果が期待できないことが挙げられます。

お腹の赤ちゃんへ直接的な影響はない

妊婦さんが一番気になるのは、光脱毛や医療レーザー脱毛によるお腹の赤ちゃんへの影響ですが、実は直接的な関係はありません。胎児の健康に悪い影響を与えることはないとされています。

しかし、特につわり中は気分が悪くなったり、脱毛の施術時に感じる痛みによって子宮の収縮が起きたり、脱毛によって何かしらの異変が起こっても、サロンや美容クリニック側では十分な対応ができないことから、リスク回避のためにも妊婦さんの脱毛を断っているケースが多いのです。

妊娠中に安全に脱毛をする方法、注意点は?

脱毛 方法 カミソリ シェーバー

妊娠中にサロンや美容クリニックで光脱毛や医療レーザー脱毛を受けることができない場合、セルフケアでムダ毛を処理する方法があります。自分の体調や肌状態をよく見極めながら、効果的な脱毛方法を取り入れましょう。

シェーバー

一番手軽な脱毛方法はシェーバーを使う方法です。妊娠中は毛が生え変わる周期がバラバラなので、シェーバーであれば期間を気にせずに、ムダ毛が気になる時にいつでもケアできます。

カミソリは安価で手に入れやすいですが、電気シェーバーを使った方が肌を傷つけにくいのでおすすめです。

電気シェーバーで脱毛した後は、ボディクリームやローションなどで保湿をして肌を鎮めましょう。またその際に使う保湿剤も、できるだけやさしい成分でできているマタニティ用のボディケアアイテムだと安心ですね。

除毛クリーム

クリームを肌に塗って表面の毛を溶かす除毛方法です。毛根から脱毛できる訳ではありませんので、またすぐに毛が生えてきて、繰り返しケアしなければいけません。

除毛クリームを塗ってもお腹の赤ちゃんに影響はないと考えられていますが、クリームの成分によって肌荒れしてしまう可能性があります。また、妊娠初期は匂いに敏感で除毛クリームの匂いで気持ち悪くなってしまうこともあります。

上記のような理由から、商品によっては妊娠中の使用は避けるようにパッケージに記載されている脱毛クリームもあります。

ワックス脱毛

ワックスを肌に塗り一気にはがして脱毛する方法です。除毛クリームと同様に、ワックス自体が胎児に悪い影響を与えることはほぼないと考えられますが、母体に負担をかけたり、肌への刺激になる可能性があります。

また、「妊娠中はシミが増えやすい」といわれているように、ワックス脱毛によっても、色素沈着を起こしやすい可能性があります。

妊娠中の脱毛は無理せず母体と赤ちゃんを優先しよう

お腹の赤ちゃんに話しかける妊婦さん

妊娠すると、体調に問題のない健康な妊婦さんであっても、思わぬことで体調の変化や肌トラブルが起こり得ます。脱毛は女性として大切なエチケットですが、出産までは、まずは妊婦さん自身の体調とお腹の赤ちゃんの健康を優先してくださいね。

また、せっかく契約したサロンや美容クリニックも、通えないとなると支払い済みの金額が心配になりますよね。多くのサロンや美容クリニックでは、妊娠すると脱毛期間を延長してくれるサービスがあります。ぜひ通っているサロンに問い合わせてみてください。

関連キーワード

ママ&プレママに
おすすめの特集

シェリールママをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter LINE@