乳児脂漏性湿疹とは?赤ちゃんの頭皮にできるフケ、かさぶたのケア

新生児期に多く見られる、おでこや頭皮にみられるフケやかさぶた。乳児脂漏性湿疹といわれる乳児湿疹の一種です。見た目が痛そうでかゆそうなので、見ているママはとても心配になりますが、どう治療すればよいのでしょうか?乳児脂漏性湿疹の原因や対策ケアについてまとめました。

乳児脂漏性湿疹とは? 痛みやかゆみはある?

乳児脂漏性湿疹

乳児脂漏性湿疹は乳児期に多く見られる皮膚炎のひとつ。新生児~生後3ヶ月頃までの新生児の赤ちゃんが発症します。他の乳児湿疹との違いは、首から上の顔と頭にしか症状が現われないこと。特に、眉毛の中やおでこ、頭皮に多く見られます。

乳児脂漏性湿疹の初期症状は赤みをおびたポツポツとした湿疹ができ、次第に黄色っぽいフケやかさぶた、うろこのような「皮脂の塊」へと変化していきます。

乳児脂漏性湿疹は見た目に目立つため、かゆそう、痛そうに見えますが、特別な病気ではありません。実際に乳児脂漏性湿疹ができている赤ちゃんには、かゆみも痛みも感じていないそうなので、過度に心配しなくても大丈夫です。

乳児脂漏性湿疹の原因は?

? 原因

脂漏性湿疹は新生児だけでなく大人にも起こる皮膚炎ですが、大人の場合は、カビの一種の菌が繁殖することが原因とされています。一方で、赤ちゃんの脂漏性湿疹の原因は大人とは異なります。

乳児脂漏性湿疹は新生児期に発症しやすい皮膚炎なため、周りの月齢が異なる赤ちゃんには発症していないのを見ると、「私の育て方が悪いの?」「食べ物が原因?」「洗い方が間違っているの?」と不安に感じるママもいます。しかし、乳児脂漏性湿疹は新生児期の過剰な皮脂分泌が主な原因です。

生まれて間もない新生児は、ママのお腹の中にいた頃に譲り受けたホルモンの影響が続いていて皮脂分泌が活発。さらに、新陳代謝が活発で汗っかき。皮脂や汗の分泌が過剰なのに対して、皮膚構造が未熟で毛穴の機能が未発達なので、皮脂や汗が毛穴に詰まりやすいのです。

特におでこや頭皮に乳児脂漏性湿疹ができやすいのは、この部分の皮脂分泌がより過剰なことが原因です。なお、乳児脂漏性湿疹と同様に、新生児期の過剰な皮脂分泌が原因となって起こる皮膚炎に新生児ニキビがあります。

乳児脂漏性湿疹は自然に治るもの?

赤ちゃん 頭皮 乳児脂漏性湿疹

ママのお腹の中にいる時から受けているホルモンの影響は、赤ちゃんの成長に伴い徐々に落ち着いていきます。過度な皮脂分泌がおさまると共に乳児脂漏性湿疹も自然に治っていくため、あまり気にし過ぎる必要はありません。

ホルモンによる生理現象は防ぐことはできないために、乳児脂漏性湿疹はほとんどの赤ちゃんが経験しますが、個人差はあっても生後3ヶ月ほどまでには症状が落ち着くとみられています。

また、赤ちゃんの皮膚は、肌荒れを防ぐための「バリア機能」が成長と共に徐々に備わっていきます。肌機能が未熟なうちは、ママの毎日のホームケアで肌トラブルから赤ちゃんを守ってあげることが大切です。

乳児脂漏性湿疹の正しい対策ケア方法

乳児脂漏性湿疹 ケア 対策 治療

毛穴の皮脂汚れを取り除くことが第一

乳児脂漏性湿疹は、新生児期の盛んな皮脂分泌と毛穴の詰まりが原因のため、まずはホームケアで毛穴の皮脂汚れを取り除くことが大切です。汗をかいたらこまめに拭いてあげたり、お風呂ではベビーソープを使って、毛穴に汚れを残さないようにきれいに洗い流しましょう。

◇おすすめケアアイテム!アロベビー ベビーソープ

99%天然由来の頭も体もやさしく洗えるベビーソープ。泡で出てくるフォームタイプなので、赤ちゃんを抱えながらでも片手で簡単プッシュ。石油系界面活性剤やパラベンを一切使用していないので、安心して新生児の赤ちゃんから使うことができます。

●容量:250ml
●税抜価格:1,950円 ※お得な定期便、詰め替え用もあります

(2018年8月2日 14:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

販売サイトで見る

頭皮のフケ・かさぶたは無理に剥がさない

乳児脂漏性湿疹によって頭皮にフケやかさぶたができている場合は、無理に剥がすと傷になったり血が出てしまいます。傷口から菌が繁殖して、炎症が悪化してしまう可能性も。基本的には、自然にフケやかさぶたが剥がれ落ちるのを待ちましょう。

フケやかさぶたが少し改善されてきて、きれいにしてあげたい時は、入浴前にベビーオイルを頭皮に塗るのが効果的です。お風呂に入る20分ほど前にベビーオイルを患部に塗って、フケやかさぶたをふやかしておくと、お風呂で洗う際にスルッと剥がれやすくなりますよ。

◇おすすめケアアイテム!アロベビーアンジュ ベビーマッサージオイル

チャイルド・ボディーセラピストである海老原英里さんプロデュースのベビーオイル。「神の木」と呼ばれるマルーラオイルを使用した、100%天然由来で赤ちゃんの肌をやさしくしっとり保湿してくれます。

●内容量:80ml
●税抜価格:2,400円

(2018年8月2日 14:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

販売サイトで見る

保湿ケアで皮脂分泌を抑えることも効果的

皮脂が過剰な時期は、特別な保湿ケアは必要ないと思っている人もいますが、それは間違い。特にお風呂上がりは、本来皮膚に必要な油分までもが取り除かれているために、無理やり皮脂を出そうとしてしまいます。保湿ケアで肌のバリア機能を高めてあげことが効果的です。

◇おすすめケアアイテム!アロベビー ミルクローション

99%以上天然成分の国産オーガニックでつくられたベビーローション。ホホバオイル・シアバターを配合した高保湿処方で赤ちゃんの肌を乾燥からしっかり守ります。世界的オーガニック基準エコサートを取得。新生児の赤ちゃんはもちろん、敏感肌に悩む大人の人にもおすすめです。

●内容量:150ml
●税抜価格:2,300円 ※お得な定期便もあります

(2018年8月2日 14:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

販売サイトで見る

赤ちゃんが過ごしやすい湿度を保つ

赤ちゃんが1日の大半を過ごす部屋は、できるだけ快適な湿度を保つようにしましょう。赤ちゃんにとって快適な室温は、夏季の場合は26~28度、冬季の場合は22~23度、快適な湿度は1年を通して40~60%程度といわれています。新生児のうちは、乳児脂漏性湿疹の対策のためにも、湿度は気持ち低くてもちょうどよいかもしれません。

治らない乳児脂漏性湿疹はアトピー?

医師 病院 治療 注意

乳児脂漏性湿疹は、前述のとおり新生児~生後3ヶ月頃をピークに発症する乳児湿疹です。時間が経過してもなかなか症状がよくならない場合、また患部が膿むなど悪化する場合、また首より下の部位にも湿疹が見られる場合は、他の炎症や感染症が疑われます。

基本的には、肌の清潔を保ち、保湿ケアでバリア機能を高めてあげることで大体の乳児湿疹は改善されますが、異変を感じたら病院で受診するのもひとつの方法です。

また、肌荒れを繰り返す場合は、アレルギーが原因のアトピー性皮膚炎を発症している可能性もあります。日頃の様子をメモなどに記録して、早めに医師に相談してください。

関連キーワード

ママ&プレママに
おすすめの特集

シェリールをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter Twitter