新生児ニキビの原因は?自然に治るもの?ケア方法は?

思春期にできるニキビと同様の症状が新生児にも現れます。突然かわいい赤ちゃんの顔にぶつぶつのニキビができて、ママはびっくりしてしまいますよね。新生児ニキビの原因は?放っておいて治るもの?すべすべ肌を保つケア方法も併せてご紹介します!

新生児ニキビとは? どんな症状?

新生児 ニキビ 赤ちゃん 肌荒れ 乳児 湿疹

ニキビといえば思春期の若者に多くできるもの。また、生活習慣の乱れなどが原因で、「大人ニキビ」として成人した大人にも現れることがあります。

つるつるたまご肌な印象の赤ちゃんにも、実はニキビに悩まされる時期があります。新生児期~生後3ヶ月頃に多く見られることから「新生児ニキビ」と呼ばれており、乳児期に起こりやすい乳児湿疹の一種です。

新生児ニキビの症状は、思春期にできるニキビと同様で、ほっぺやおでこ、顔周りに、白い芯を持つポツポツのニキビができたり、赤い湿疹のようなニキビができます。中には頭皮にできてしまう新生児もいます。新生児ニキビの初期症状は白や赤の小さなポツポツができる程度の湿疹ですが、悪化すると広範囲にジュクジュクとしたニキビが広がります。

乳児脂漏性湿疹やあせもと見間違えやすい

なお、同時期にできる乳児脂漏性湿疹やあせもは症状が似ていますが、新生児ニキビとはできる場所が異なります。乳児脂漏性湿疹は、顔を含む首から上にできやすく、特に頭皮にうろこのような皮脂の塊ができます。

あせもは、しわになる場所や肌がこすれる脇の下、首周りなど、汗が溜まりやすい場所に炎症が起きるものです。新生児ニキビと違い、あせもは皮膚にかゆみを感じるのも特徴です。

新生児ニキビの原因は?

原因 ? クエスチョン

生後間もない新生児にニキビができる原因は、ママのお腹の中にいた頃のホルモンの影響です。出産後も、新生児~生後3ヶ月頃までは、そのホルモンの影響が残っており、皮脂分泌を促す作用が働きます。加えて、新生児は新陳代謝が盛んなために、皮脂や汗の分泌も多い特徴を持っています。

反面、新生児の皮膚構造はとっても未熟で、毛穴も未発達です。新時期のホルモンの影響+盛んな新陳代謝というダブルの作用によって、毛穴に汚れが詰まってしまい、新生児ニキビが発症してしまうのです。

新生児ニキビは自然に治る?

新生児

新生児ニキビは、新生児期特有の過剰な皮脂分泌が原因のため、多少の悪化はみられても、過敏に反応し過ぎる必要はありません。そのうち自然に治っていくことがほとんどです。特別な治療薬なども必要ないケースがほとんどでしょう。

しかし、中にはじゅくじゅくのニキビが悪化してしまうことがあります。さらに、赤ちゃんのスキンケアを怠っていると、将来の美肌づくりにも影響します。健康なつるつる肌をキープしてあげるためにも、新生児期からのケアを習慣にしてあげたいものですね。

新生児ニキビのケア方法は?

新生児 ケア ニキビ 乳児湿疹 肌荒れ

皮脂汚れを清潔にする

新生児ニキビのケアには、皮脂汚れを毛穴に詰まらせることが大敵。毎日、1日に一度のお風呂タイムでは、ベビーソープを使って、皮脂汚れをきれいに取り除いてあげましょう。ただし、ニキビをゴシゴシ洗うと摩擦で刺激になってしまうので、しっかり泡立てた泡を顔に乗せて、泡の力だけで洗ってあげます。

洗顔後の保湿ケアも忘れずに

過剰な皮脂分泌が新生児ニキビの原因とはいっても、肌を乾燥させてよいわけではありません。肌に適度な水分や油分がないと、体が自然に皮脂を分泌させようと作用します。必要な水分と油分は保湿剤で補ってあげて、肌のバリア機能を高めてあげましょう。

なお、新生児期は皮脂分泌が過剰なため、ベタベタしない保湿剤がおすすめです。クリームやワセリンといったテクスチャが重めのものよりも、ベビーローションのように水分を含むさっぱりとしたものを使うとよいですね。

肌に触れる衣類や寝具も清潔にする

新生児は1日のうちの大半を寝て過ごしますよね。そのため、赤ちゃんの肌に直接触れる衣類や寝具は、皮脂や汗、よだれで汚れがちです。汚れを放置すると菌が繁殖し、肌に触れると新生児ニキビを悪化させてしまう可能性があります。こまめに洗濯をして、常に清潔な状態を保ちましょう。

赤ちゃんの爪は常に短くしておく

新生児ニキビにかゆみはありませんが、もしも赤ちゃんの爪で引っ掻いてしまうと悪化に繋がります。新生児ニキビを引っ掻いた爪で、他の肌の部分を触るのも衛生上よくありません。赤ちゃんの詰めは常に短くキープしておきましょう。

また、赤ちゃんをケアするママの手も、爪は短く保ち、清潔にすることは基本ですよ。

ケアしても…新生児ニキビがひどいときはどうする?

新生児ニキビ 治療 薬

新生児ニキビは、生後3ヶ月ほどを過ぎれば徐々に落ち着いてくるため、落ち着いて毎日のケアをしっかりしてあげるようにしましょう。

それでも新生児ニキビの症状がひどい時は、一度かかりつけの小児科で相談してみると安心です。適した外用薬や保湿剤を処方してもらえることもあります。また、市販の大人用のニキビ治療薬を自己判断で新生児に使うのはやめてください。大人用のニキビ治療薬にはステロイドが配合されているものもあるため、新生児の肌への使用は負担が大きいです。

なお、生後3ヶ月を過ぎても顔のぶつぶつ症状がひどい場合は、新生児ニキビではなく、他の肌荒れが原因になっている可能性があります。日頃の様子をよく観察しておき、医師に相談してみるとよいかもしれません。

関連キーワード

シェリールママをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter